現代文学 幻想文学小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 幻想文学×
4
一瞬の出来事。夜の峠道、一台のバイク、一人のライダー…冷たいアスファルトの上で、ありふれた一人の男が死んだ場面。違う。いや…違わない。彼は再び目覚める。ここではない場所で。永遠に続く階段、水中に没した部屋、地獄、フロイト、ピエロ、バベルの塔。白い街。生と死がお互いを食わえあった環状的な世界。
24hポイント 49pt
小説 9,198 位 / 77,438件 現代文学 126 位 / 3,345件
文字数 42,262 最終更新日 2020.03.06 登録日 2020.02.28
黒い娘は世が忌む闇を愛する。笛が三つ鳴ったなら、黒い瞳へ吸い込まれましょう。 霧子の至福は闇夜にある。 闇のような黒い瞳のこだまに見つめられると、闇夜に綿毛がふわふわ溢れる感覚を覚える。 こだまといつまでも一緒に居たいと願うから、霧子は愛を告げられず、こだまとの約束が叶う日を待つ。
24hポイント 0pt
小説 77,438 位 / 77,438件 現代文学 3,345 位 / 3,345件
文字数 7,351 最終更新日 2020.02.29 登録日 2020.02.24
ある雨の日、びしょ濡れの美しい女が落葉樹の元に佇んでいた。 彼は一目で心を奪われた。 その一夜の鮮明な記憶に、彼は再び彼女との邂逅を求めて各地を巡っていた。 ある日彼は強い芳香に誘われて月下美人と出逢う。 月下美人は花開くまで三年を要す。 それは彼が捜しものを始めて三年が経た瞬間だった。 彼女のように儚く美しい神秘的な大輪の花を見つめ続けた彼に突如と変化は訪れた。
24hポイント 0pt
小説 77,438 位 / 77,438件 現代文学 3,345 位 / 3,345件
文字数 6,552 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.11.12
少し不思議な短編を掲載しています。 何が不思議かは貴方に任せます。 頭空っぽで読んで下さって大丈夫です。 もちろん、考えてくださっても嬉しいです。 現実にあって、現実から離れたい方。 見たことも聞いたこともないものを感じたい方。 何でもいいからよくわからないものを読みたい方。 どうぞ、読んでいってください。もしかしたら何かに気付けるかもしれませんし、失うかもしれませんし、得るかもしれません。 最初からではなく、目についたタイトルを読んで頂けると、捗るかもしれません。 いろいろ疲れてしまって、大切な何かを比喩したかったんだけど忘れてしまった人へ、届くと嬉しいです。 いろんな比喩を書いてます。
24hポイント 0pt
小説 77,438 位 / 77,438件 現代文学 3,345 位 / 3,345件
文字数 7,252 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.15
4