華周夏

華周夏

印象に残る小説を書いていきたいです。ラーメン好きです。五目あんかけラーメン。写真は我が家の夕飯のチャーシュー麺です。
36 12
彼とは長年付き合っていた。もうすぐ薬指に指輪をはめると思っていたけれど、久しぶりに呼び出された寒い日、思いもしないことを言われ、季節外れの寒波の中、帰途につく。
24h.ポイント 547pt
小説 2,133 位 / 185,012件 現代文学 17 位 / 7,901件
文字数 47,282 最終更新日 2024.05.21 登録日 2024.04.06
同性愛者というだけで、家族から厄介者扱いされた洋之は、山奥で画家をしている父親の従兄弟の覚に預けられる。もう恋はしないと思っていた。あのひとを失って、心の中には何もなくなった。穴があいてしまったように。 洋之は覚に心惹かれていくが、昔、父の従兄弟の覚と運命的な恋をした相手は他でもない洋之の父親だった………。
24h.ポイント 647pt
小説 1,825 位 / 185,012件 現代文学 16 位 / 7,901件
文字数 48,452 最終更新日 2024.05.21 登録日 2024.04.02
今あなたは恋をしている。あの子ばかり見つめている。何故解るのか?私があなたを見つめているから。気づかれないようにそっとみる。あなたには私の視線は騒音でしかないから。 あなたを好きになったのは間違っていた?………たぶん、そうだったんだね。私はあなたに嫌われているから。
24h.ポイント 398pt
小説 2,870 位 / 185,012件 現代文学 28 位 / 7,901件
文字数 1,717 最終更新日 2024.05.21 登録日 2024.05.19
『ジキタリスの花』のまとめのような話です。相模の抱えた傷の再生、受け取ったのは幸せな光の輪。 ………ジキタリスの花シリーズの本編は、古い作品ですが『眠らない傷痕~』です。少し読みづらいので編集し治そうと思っています。
24h.ポイント 249pt
小説 4,631 位 / 185,012件 現代文学 47 位 / 7,901件
文字数 4,621 最終更新日 2024.05.21 登録日 2024.05.17
蒼い薔薇の庭は秘密の庭。貴方と過ごした愛しい庭。 貴方が約束を破った悲しい庭。 ただ貴方を待った待つしかできない身を嘆くなら、貴方のためにお菓子を作ろう。 貴方が好きなアップルパイ。アダムとイヴが食べた、罪の林檎……… 今思い出すのは幸せな過去。二人きりの薔薇の庭のティータイム。
24h.ポイント 391pt
小説 2,931 位 / 185,012件 歴史・時代 21 位 / 2,220件
文字数 694 最終更新日 2024.05.20 登録日 2023.11.27
塾講師、日比野彰の趣味は料理だ。 後輩の朝越タカラと煙草を吸いながら鍋の話をする。 今日は雪。しかも、大雪。 アパートの二階。何故か家の前で行き倒れた雪だらけの女がいた。 待つことの怖さ、 待たれることの怖さ。 愛したひとを忘れることの傲り、 愛することをやめない頑なな哀しみ。
24h.ポイント 944pt
小説 1,270 位 / 185,012件 現代文学 8 位 / 7,901件
文字数 44,101 最終更新日 2024.05.19 登録日 2024.04.02
物心ついた時から、いじめられてきた庇ってくれる人なんて誰もいない。誰にも──言えない。そんな僕を見つけてくれたのは、欲しかった言葉をくれたのは、光宏先輩、あなたでした。相模明彦、彼の淡く切ない初恋……。ジキタリスの花シリーズの本編は、古い作品ですが『眠らない傷痕~』です。少し読みづらいので編集し治そうと思っています。
24h.ポイント 49pt
小説 14,580 位 / 185,012件 現代文学 158 位 / 7,901件
文字数 21,944 最終更新日 2024.05.15 登録日 2024.04.30
恋人を事故で失った咲也の自殺未遂。 内に籠り不眠や不安をアルコールに頼る咲也を溶かしていくのは、咲也を気にかけてくれるアパートの大家、赤根巌だった。 頑なな咲也の心を、優しい巌の気持ちが溶かしていく。
24h.ポイント 149pt
小説 6,922 位 / 185,012件 現代文学 83 位 / 7,901件
文字数 35,586 最終更新日 2024.05.14 登録日 2024.04.02
喉を通る宝石、甘くて、時にはほろ苦い、気怠い、カクテルはいかが? 数多あるカクテルの短編集。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ライト文芸 7,554 位 / 7,554件
文字数 19,136 最終更新日 2024.05.13 登録日 2024.04.30
君を食べたくない。いくら飢えようとも、このまま生き絶えようとも、君だけは食べたくはない。 これ以上飢えたら、自分の理性は本能に負けるのか。この山の神様の眷属の末裔として出逢った白い兎と白い狼。兎は、華と言った。狼は、白霜と言った。眷属の二つの一族には同じ力があった。満月の夜の一夜だけ、人の形になることが出来る………。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 歴史・時代 2,220 位 / 2,220件
文字数 610 最終更新日 2024.05.13 登録日 2024.05.13
田舎の村からやってきた幼馴染みに、東京観光を頼まれる。そして『らしくないこと』をしてみたいと話される。──僕は何も悪いことなんかしてない。でも、あの村にはもう戻れない。ただ、君が好きなだけだ。
24h.ポイント 49pt
小説 14,580 位 / 185,012件 現代文学 158 位 / 7,901件
文字数 11,318 最終更新日 2024.05.11 登録日 2024.04.26
由梨の幼馴染みの、遠縁の親戚の男の子の惟臣(由梨はオミと呼んでいた)その子との別れは悲しいものだった。オミは心臓が悪かった。走れないオミは、走って療養のために訪れていた村を去る、軽トラの由梨を追いかける。発作を起こして倒れ混む姿が、由梨がオミを見た最後の姿だった。
24h.ポイント 28pt
小説 20,407 位 / 185,012件 ライト文芸 395 位 / 7,554件
文字数 11,489 最終更新日 2024.05.09 登録日 2024.04.26
寂しいと僕が泣くと、甘い香りの花。白い花びらのような手を伸ばすようように僕を慰めてくれる。 青年と、甘い山梔子(くちなし)の精との幻想的な切ない恋物語。 まるで、真夏だけ許された御伽噺。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 現代文学 7,901 位 / 7,901件
文字数 20,558 最終更新日 2024.05.07 登録日 2024.04.02
呉越同舟から知るように、遥か昔。二千年以上前『呉越の戦い』があった。その戦いで中国三大美女の一人『西施』(せいし)彼女もこの戦の犠牲になった。戦敗国の越から呉に献上された。 ※史実に基づくフィクションです。*お試しです*5月中旬本気始めます
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 歴史・時代 2,220 位 / 2,220件
文字数 2,043 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.19
昔々遥か昔。人がまだ神を信じ、神も人を信じていた頃の話。 幼くして独りで生きる、人外の美しい神の使いの白い狐と、心に傷を負った人間の男との恋──。その終わりは? 永遠に、一緒。死ぬときも、一緒……? *お試しです*5月中旬本書き始めます
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 歴史・時代 2,220 位 / 2,220件
文字数 2,006 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.19
BL 完結 長編
かつての恋を彼は忘れている。運命は、あるのか。繋がった赤い糸。ほどけてしまった赤い糸。繋ぎ直した赤い糸。切れてしまった赤い糸──。その先は?糸ごと君を抱きしめればいい。宿命に翻弄される神の子と、眷属の恋物語【*マークはちょっとHです】
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 BL 23,935 位 / 23,935件
文字数 94,836 最終更新日 2024.04.01 登録日 2024.03.18
BL 完結 長編
生命は脆く、割れてしまえばそれでおしまい。だって僕はティーカップ 『誰か僕を見つけて』 大声で叫んでも、誰も気づいてくれる人はいない。 あるのは孤独。 誰かを愛するなんて儚い泡沫の夢。 『生意気なカップだ。だが、お前は私と違って………美しいな』 同じ孤独を抱える、火傷を負い、自分は醜いと心を閉ざした画家と、ただ画家を一心に愛する心優しいティーカップの妖精の物語。
24h.ポイント 7pt
小説 35,259 位 / 185,012件 BL 9,042 位 / 23,935件
文字数 75,430 最終更新日 2024.03.31 登録日 2024.03.20
たまたまキノコ採りの途中、森の中の小さな家に雨宿りさせてもらったときの話。不思議な青年の、話。 忘れていた記憶が甦る。。。 ───────────── それから青年を思いだし、隣に座って一緒に図書室でキノコの本を読んだことから始まる、キノコに関する少し不思議な短編集です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ホラー 6,783 位 / 6,783件
文字数 13,982 最終更新日 2024.03.25 登録日 2023.12.24
知らない男性と憧れの美人ピアノ講師の情事を目撃してしまい、その男に口止めされるが朱鷺の記憶からはその一連の事は抜け落ちる。朱鷺は強いストレスがかかると、その記憶だけを部分的に失ってしまう解離に近い性質をもっていた。そしてある日、教会で歌っているとき、その男と知らずに再会する。それぞれの過去の傷と闇、記憶が絡まった心の傷が絡みあうラブストーリー。 《深谷朱鷺》コンプレックスだらけの音大生。声楽を専攻している。珍しいカウンターテナーの歌声を持つ。巻くほどの自分の癖っ毛が嫌い。瞳は茶色で大きい。 《瀬川雅之》女たらしと、親友の鷹に言われる。眼鏡の黒髪イケメン。常に2、3人の人をキープ。新進気鋭の人気ピアニスト。鷹とは家がお隣さん。鷹と共に音楽一家。父は国際的ピアニスト。母は父の無名時代のパトロンの娘。 《芦崎鷹》瀬川の親友。幼い頃から天才バイオリニストとして有名指揮者の父と演奏旅行にまわる。朱鷺と知り合い、弟のように可愛がる。母は声楽家。
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ミステリー 4,168 位 / 4,168件
文字数 125,444 最終更新日 2024.03.20 登録日 2024.02.25
君はオレを助けてくれた。誰も聴こえない声を聴いて。だから君は、オレの運命の人なんだ。 美雨は、子供にいじめられている白いヘビの声を聴く。助けてあげて、手当てをしてあげることに。彼女の特殊能力、それは『家』による血族のものだった。 彼女は喜多見美雨。本当の古来からの呼び方は『鬼』多見美雨。人ならざる者達の声を聞いたり見たりする『見鬼』の家。そして跡継ぎのコウを生む。父親は、ね。ほら解るよね?
24h.ポイント 0pt
小説 185,012 位 / 185,012件 ミステリー 4,168 位 / 4,168件
文字数 25,917 最終更新日 2024.03.11 登録日 2024.02.04
36 12