キャラ文芸 現代ドラマ小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ 現代ドラマ×
3
母は、高校三年の未咲を一人遺して逝ってしまった。ひとつの謎を明らかにしないまま。 自らの進路に思い悩みながら、未来を切り開こうと邁進する未咲。 リアルな悩みに迷う中、ふたつの再会が未咲の運命をゆっくりと優しく切なく変えていく。 血の繋がりの不思議を紐解く、あなたの誰かを大切に振り返る、ほろ苦で甘い物語。 ─────────────────── 【1tweet小説集】内にも登場人物のショートショートがちらほら。 150字未満なので覗いてみてください。 補足:灯の発音はカルビ、バニラなどと同じです。
24hポイント 0pt
小説 74,155 位 / 74,155件 キャラ文芸 1,854 位 / 1,854件
文字数 140,473 最終更新日 2020.05.09 登録日 2018.09.15
「君、死ぬよ?」 いきなり出会った彼女に、死の宣告をされた涼。彼女の笑顔は、不気味だった。 忘れ去られた記憶には、何が隠されているのか。真実を知ったとき、胸が痛くなる。 突き付けられた運命を信じるのか、信じないのか。あなたなら、どっちらを選択しますか? ※カクヨムにも連載してます
24hポイント 0pt
小説 74,155 位 / 74,155件 キャラ文芸 1,854 位 / 1,854件
文字数 23,272 最終更新日 2020.01.13 登録日 2019.10.27
□作品紹介□  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。  迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。  それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。  それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。  ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。  これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。 □更新について ・毎週火曜日0時更新を予定しております。 ・今のところ作品中盤までの掲載を予定中です。 ・掲載分以降の連載はカクヨム版をご確認ください。 □参考URL 『されど美しき僕らのセカイ』カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054892553203 (最終更新日:2020/02/09)
24hポイント 0pt
小説 74,155 位 / 74,155件 キャラ文芸 1,854 位 / 1,854件
文字数 86,279 最終更新日 2020.05.26 登録日 2020.02.09
3