ライト文芸 愛情小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 愛情×
9
 介護施設で働く佳代は、命に対してどう接するべきか苦悩しながら、入所者の人生観に触れたり、友人の千里に支えられながら成長していく。  ある日、ボランティアで行った宮城を振り返り、寄り添う事と健康管理の大切さを思い出した佳代は、健康長寿の為に食事の改善を提案する。  南三陸での経験から、感染症の発生が疑われる中でも不安にかられること無く、介護に従事していた。  千里を介して小柳という男性と知り合った佳代は、駅まで送ってもらう。何度か行われたコンパを経て、2人は惹かれ始めていたが、前妻をまだ愛していると思った佳代と、バツイチ子持ちの自分に引け目を感じていた小柳は、お互いの距離を模索する。  その最中、彼氏と喧嘩した千里は、2人の出会いを振り返り、運命の人は彼しかいないと再確認していた。  初めて会う小柳の子雄太は、快活な男の子だ。だがその心中は、両親の離婚で受けた傷が塞がってなお、熱を帯びた痛みにうずいていた。  ついに訪れた入所者の死を受け入れられずにいる佳代は、帰省した時に知った祖母の思いに感動せざるを得なかった。  高齢者と接して、雄太と接して、佳代は自分が理想とする愛情に、1つの結論を導く。
24hポイント 113pt
小説 7,826 位 / 99,826件 ライト文芸 168 位 / 4,314件
文字数 107,572 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.09.03
崖から落ちて脚を怪我した豹は、走れずに獲物を捕らえられずにいた。そこに臨月の鹿を見つけ狩りを仕掛ける。産み落とされた小鹿を育てて食おうとする豹と小鹿の暮らしが始まった・・・。
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 5,856 最終更新日 2020.08.27 登録日 2020.08.27
震災の時、折れた電柱に頭を強打した総司は記憶喪失になってしまった。 そして、記憶のないまま妻の葉月と夫婦生活を再開させる。 しかし、妻である葉月は何かを隠しているようだった。 記憶をなくす前に何があったのか? それを知るために、記憶を早く取り戻したいと思う総司。 しかし、妻は記憶を取り戻さないで今の関係を望んでいた。 二人の真相の先に訪れる展開とは・・・・? ------------------------------------------------------ book bearと申します。 小説執筆の駆け出しです。 拙い文章で、作品に引き込ませる力、細かい描写力等が皆無ですが、今作は今までの作品とは違って、悩みに悩んでやっと生まれた作品です。 荒い部分や詰めの甘い所はたくさんありますが、どうか最後まで暖かく読んでいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 51,656 最終更新日 2020.06.18 登録日 2020.06.12
4
ライト文芸 完結 ショートショート
大切なペットが、飼い主になつくまでの60日間。 突然、見知らぬ場所へやってきた犬のナツは、疑心暗鬼であった。 時には、苛立ちながらも、愛情を注ぐ飼い主。 次第に、ナツの心は、解放されていく。
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 6,021 最終更新日 2019.12.13 登録日 2019.12.09
 とある、肌寒い雨の夜。  通い慣れた通勤路を足早に歩いていると、街灯の下に置かれていたダンボールの中で一匹の黒猫に出会った。  それがーーーー君と僕の新たな生活の始まりだった。  
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 33,541 最終更新日 2019.08.21 登録日 2019.08.01
 仕事で失敗し、会社に居場所を失ってしまった若手サラリーマンの稲木 守人(いなき もりと)。いつも通りだらだらと仕事を終えて帰ると、手紙が届いていた。住所には見覚えがある…  行き場を失った若手サラリーマンが恩師からの手紙を読みながら、まだ純粋だった学生時代の思いを再確認する。もう遅いかと悩みながらも、その思いと現状のギャップを打開しようと勇気を出す。失った思いを取り戻す難しさや、失ったまま生きていくことの虚しさを、主人公の心の葛藤を軸に描いていく作品。
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 13,306 最終更新日 2020.01.02 登録日 2019.11.24
「俺」は異性に対して恋愛感情は抱かない。 「ヒカル」は異性に大して恋愛感情を抱かない。 成人していても道に迷う時は迷う。完璧な人生なんてものはどこにもない。 恋愛関係にない二人がアパートの一室で共同生活を営み、自らの持っている愛情を知る物語。 (随時改行などの変更により読みやすさを追求中です) 2019/05/31追記 第2回ライト文芸大賞にて奨励賞をいただきました。 辛い時、悲しい時に繰り返して読んでいただけるような作品になっていたら幸いです。
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 78,903 最終更新日 2019.04.01 登録日 2019.03.31
 俺は父と母と血がつながっていない。その事を知らない事になっている。  俺は明日、父と母と一緒に住んでいた家から出る。  この家では、長男となっているが、俺は二番目に愛情を注がれるべき対象なのかもしれない。  もしかしたら、愛情を受けることもおかしいのかも知れない。  俺は、本当の両親の事を知らない。  知りたいとも思ったことはない。  たとえ、弟が産まれて、二番目の愛情だったとしても、俺は両親から愛情を感じているからだ。  家から出る前日に父から話があると言われた。
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 4,019 最終更新日 2019.03.11 登録日 2019.03.11
――ぼくがなんでも教えてあげるからね!  そう言って笑ったのは、齢八つにして余命宣告を受けた少年だった。その眼差しの先には、先天性の障がいが原因でクラスに馴染めない少女。 二人は、サボり魔、知恵遅れと虐めを受ける事もあったが、そんなもの気にはならなかった。 成り立たない会話、合わない目さえも全てが新鮮で心地よいと感じる毎日だったが、ある日を境に二人に大きな距離が開いてしまう。 ――さいごに、もう一度だけ……会いたいな。 ⚠︎ この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとはいっさい関係ありません。 尚、虐めやそれを示唆する描写を含みますが、それらを助長するものではありません
24hポイント 0pt
小説 99,826 位 / 99,826件 ライト文芸 4,314 位 / 4,314件
文字数 12,004 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.01.07
9