冒険者パーティー小説一覧

タグ 冒険者パーティー×
3
ラザフォード王国に暮らす者は十五歳の誕生日になると皆神殿で「職業」をもらうことが出来る。 が、アレンはなぜか職業をもらうことが出来ず、神官には「神を冒涜したからだ」と言われ、「聖剣士」の職業をもらった幼馴染のリオナにも見捨てられてしまう。 しかしアレンは自分の力が職業の受け渡しや合成、強化を行うことが出来る唯一無二のものであることに気づいていく。そして集めた職業によって自身も強化されていくことに気づく。 アレンは奴隷として売られていたリンや元王女のティアにオリジナル職業を覚えさせ、最強ハーレムパーティーを作るのだった。 ※「カクヨム」で先行連載中。約8万字書き溜めあり。
24hポイント 326pt
小説 4,006 位 / 124,904件 ファンタジー 764 位 / 32,237件
文字数 137,814 最終更新日 2021.11.26 登録日 2021.10.03
治癒師が扱う回復魔法には、いくつかの効果がある。 治癒力が高い回復魔法は傷や怪我を治せて、見た目が派手である。 それに比べると、疲労回復の効果は地味だった。 しかし、扱うのが難しいのは疲労回復の効果が高い回復魔法である。 その事実を理解している人は少ない。 妹のロメーヌが回復魔法を扱っている場面を見たヴィクトル王子は、姉のイザベルよりも実力が高いと思い込んだ。 治癒師として優秀だと思うロメーヌを妻として迎えようと、婚約者であったイザベルに婚約破棄を言い渡す。 実は治癒師として、平均よりも少し高い程度の実力しかないロメーヌ。 イザベルは、治癒力よりも疲労回復の効果が高い回復魔法が得意だった。 その事実に気が付かなかったヴィクトル王子。 イザベルが離れてしまったことにより、ヴィクトル王子にとって困ったことが巻き起こる。 一方、治癒能力が低いと指摘されたイザベルは、実力を鍛えるための旅に出た。
24hポイント 71pt
小説 10,685 位 / 124,904件 ファンタジー 2,001 位 / 32,237件
文字数 25,465 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.03
 主人公・ノーザンはある日、「新しいメンバーを入れたいから」と長年いた冒険者パーティーを追い出されてしまう。役立たず、と非難されるノーザンだったが、それは普通の冒険者生活を夢見ていた彼が、強力な古代魔法を使えるという実力を隠していたからだった。こっそりと手加減をしていたノーザンは、手を抜きすぎて無能だと見られてしまったのである。  やけになって逃げだした先でノーザンは一人の奴隷少女と出会い、彼女と共に夢見ていた『普通』の冒険者パーティーを目指すことにしたのだが……。  『普通』を目指していたはずが、新しく立ち上げた冒険者パーティーのメンバーはつわものぞろいで、手抜きのラインがどんどん分からなくなっていくノーザンを含め、いつの間にか、かつての冒険者パーティーの仲間たちが足元にも及ばないような強いパーティーへとなっていってしまう。  普通の冒険者生活を夢見ていたはずが、いつの間にか最強冒険者パーティの創設者になってしまう、ノーザンの物語が、始まる。 【この作品は『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています】
24hポイント 7pt
小説 27,974 位 / 124,904件 ファンタジー 5,257 位 / 32,237件
文字数 3,623 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.03.05
3