元気小説一覧

タグ 元気×
5
※ほっこりじんわり大賞エントリー中です。 榎本力也は、「私」山崎かなの幼なじみ兼同級生の小学六年生。 いつも軽口ばかり叩いて人を傷つける「露悪的」な彼に、「私」もみんなも呆れている。 けれど、幼い頃は優しかったはずの彼には、今でもちょっとはいい所が残っている。 誰に対しても平等(にいじわる)だし、友だちがいじめられていたら本気で怒る。 それにワクワクすることを考えつくのが得意だ。 根っからの悪い奴ではないのに、彼はどうしてこんなに「露悪的」になったのだろう? 疑問に思った「私」は、彼の家庭のある変化に気がつく。
24hポイント 0pt
小説 87,611 位 / 87,611件 青春 3,730 位 / 3,730件
文字数 110,045 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.07.01
人生に悲観し、自暴自棄になった「シノブ」が偶然見付けたチャットでのお悩み相談サイト。 利用者の多いルームが殆どの中、たった一つだけ極端に人気の無いチャットルームが存在し・・・ 偶然にして不思議な出会いが織りなすお悩み相談チャットは今夜もまったりそこにある。
24hポイント 0pt
小説 87,611 位 / 87,611件 現代文学 3,941 位 / 3,941件
文字数 7,434 最終更新日 2019.10.25 登録日 2019.10.18
神馬一族の末裔神馬もも(小学四年)とさくら(幼稚園年長組)は、ある特殊な能力を持っていた。それはももが念じると物や人を瞬間移動させる事ができるのと、さくらは念じると物を弾け飛ばす事ができるというものだ。 なぜなら、神馬一族は太古の昔から町を見守って人の進化を促し、悪意からこの土地を護ってきた、産土神「鬼王様」に託され、この土地を護るべく霊力を授けられた一族だからだ。 代々の末裔たちはそれぞれこうした霊力を持ち合わせて生まれていた。 そんな神馬一族が見守るこの町に、盗っ人団が入り込む。狙いは鬼王神社に祀られている宝玉だ。ももとさくらは、霊力を使って盗っ人団を追い払い、宝玉を守るが、盗っ人団は諦めず今度はさくらとももを誘拐して身代金を取ろうと画策する。 なぜなら神馬一族はこの町一体の地主で祖父の神馬権三は町長であり、昔で言えばお殿様みたいな存在であり、かつ、大金持ちだとわかったからだ。 また、神馬家は中道商店街のパティオと呼ばれる所に住んでおり、この場所は権三が知恵を絞って、天災や人災から町を守るべく建設した要塞なので、ももとさくらはそこに備えられている仕掛けと、特殊能力を使って盗っ人団との決戦の時を迎える。 町と子どもたちが主役の物語です。
24hポイント 0pt
小説 87,611 位 / 87,611件 ファンタジー 24,826 位 / 24,826件
文字数 82,564 最終更新日 2019.03.31 登録日 2019.03.09
4
ライト文芸 完結 ショートショート
暇つぶしに小説?を書いてみました。 手厳しいコメントお待ちしています。
24hポイント 0pt
小説 87,611 位 / 87,611件 ライト文芸 3,753 位 / 3,753件
文字数 2,135 最終更新日 2018.10.19 登録日 2018.10.19
5
現代文学 完結 ショートショート
手相には、その人の人生があらわれてます。 性格や体調などが必ず手相には隠れています。 登場人物の手相から物語にしてみました。
24hポイント 0pt
小説 87,611 位 / 87,611件 現代文学 3,941 位 / 3,941件
文字数 5,778 最終更新日 2018.10.02 登録日 2018.10.02
5