小説 一覧

タグ 四神×
6
1
恋愛 連載中 長編 R18
中国留学を終えて帰国する飛行機に乗っていたはずが、気がついたら見知らぬところにいました。迎えが来たので着いていったら辿りついたのは王城でした。そこでいきなり国を守護する四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)と結婚しろと言われて!? 1日1日が濃く、のんびり話が進んでいきます。 主人公至上主義。逆ハー中華ファンタジー異世界トリップ。中国ネタ多しの、作者の趣味満載の物語です。 『』内の言葉は中国語です。 注:なろう版からの移転です。改稿はそれほどしていません。R18指定にしていますが保険です。内容自体はR15程度の予定です。 写真はフリー素材集からお借りしました
24hポイント 1,059pt
小説 936 位 / 40,992件 恋愛 396 位 / 10,002件
文字数 517,411 最終更新日 2018.12.23 登録日 2017.08.21
2
恋愛 完結 長編 R18
【本編完結しました】 唐突な口づけが解かれ、 「確かに我の『つがい』のようだ。そなた、我の妻になれ」 なにを言われたのか、どうしてそうなるのかわからず、少女は意識を手放した。(20話より) 3年前、赤い髪の少女が帰国の船が難破し海沿いの村に流れ着いた。 養父母に恵まれ、この3年ほそぼそと暮らしてきた少女にある知らせが届く。それは四神の花嫁が降臨したというもの。しかもその花嫁は少女のように赤い髪をしているという。 来年成人する少女は、このまま村にいたら誰かに嫁がなければいけない。赤い髪をした花嫁が同国人ではないかという一縷の希望を持ち、少女は王都へ旅立つ。 そして四神の眷属の一人である紅夏と出会って― 最初のうちはシリアステイストですが、後半は甘甘らぶらぶぼんばー。。。になってるかな?(何 らぶらぶハッピーエンド保証。 「異世界で四神と結婚しろと言われました」関連作品ですが、単体で読めるように書いています。 R18は保険です。直接描写はそうないのでR15ぐらいかなーと。 小説家になろうより改稿しての再掲です。(なろうでは完結済)
24hポイント 113pt
小説 4,156 位 / 40,992件 恋愛 1,625 位 / 10,002件
文字数 295,821 最終更新日 2018.05.03 登録日 2018.01.26
3
恋愛 連載中 長編
『神呼の姫』と云われる命のもとに届いた書状。 それは冷酷非情と噂される龍ヶ峰家当主への嫁入りを強制するものだった。
24hポイント 42pt
小説 6,678 位 / 40,992件 恋愛 2,509 位 / 10,002件
文字数 19,680 最終更新日 2019.02.06 登録日 2019.01.31
 天に棲むと謳われる妖、鵺が堕ちた。  しきりに何かを探しているという報告を受け、三人の少年が偵察へと向かう。  道中、竜紅人は懐かしい聲に導かれ、一人の少女と出会うが、彼は少女の名前以外の全てを忘れていた。  竜紅人の記憶に関わる少女との邂逅は、やがて国と少年達と彼らに関わる人々の運命と因縁を、怒涛の渦へと巻き込んで行く……。  竜と人と鬼。  捕食関係にある三人の少年と、それを取り巻く人々が織り成す、和風+中華系の異世界ファンタジー。 ※★印の回には挿絵が付いています。 ※咲蘭というキャラの設定上、NLもしくはBL表現が少しですがございます。
24hポイント 7pt
小説 12,175 位 / 40,992件 ファンタジー 3,703 位 / 14,233件
文字数 39,646 最終更新日 2018.10.20 登録日 2018.01.01
吉祥寺 いなり(12)は妖狐と人間のハーフながら一般の中学生として中学校に入学。 しかし、クラスには同じ半妖怪の鬼、大江山 愁と烏天狗の松林 黒羽がいた。 敬語口調のツンデレ狐っ娘とイケメンなのに馬鹿な鬼、ゆるキャラっぽいのに危ない系男子の烏天狗と超個性的な三人組。 ある日、彼らはひょんなことから麒麟を宿す少年、室咲 北斗と出会う。 が、神獣をめぐって何かよからぬ事件に巻きこまれ・・・。 バトルあり!青春あり!妖怪たちは今日も元気にやってます。 ※全体的に大幅に修正を加えました! ①読みやすくなるよう空欄を広げました。 ②『黒羽の正体』のところでちょっと話が重くなったのでかっとした場面があり、逆に次のお話でちょっといなりが○ンデ○します。 ③八坂神社の説明を加えました。 他にもちょこちょこと加えた場面があります。 良くなった、悪くなった、何でもいいので感想をお待ちしております!
24hポイント 0pt
小説 40,992 位 / 40,992件 キャラ文芸 1,295 位 / 1,295件
文字数 81,619 最終更新日 2018.07.02 登録日 2018.01.07
6
ホラー 連載中 長編 R15
時に牙を向く天災の存在でもあり、時には生物を助け生かし守る恵みの天候のような、そんな理を超えたモノが世界の中に、直ぐ触れられる程近くに確かに存在している。もしも、天候に意志があるとしたら、天災も恵みも意思の元に与えられるのだとしたら、この世界はどうなるのだろう。ある限られた人にはそれは運命として与えられ、時に残酷なまでに冷淡な仕打ちであり時に恩恵となり語り継がれる事となる。 ゲートキーパーって知ってる? 少女が問いかける言葉に耳を傾けると、その先には非日常への扉が音もなく口を開けて待っている。
24hポイント 0pt
小説 40,992 位 / 40,992件 ホラー 1,531 位 / 1,531件
文字数 647,645 最終更新日 2018.11.08 登録日 2018.06.30
6