連続殺人事件小説一覧

タグ 連続殺人事件×
4
 晴れた日でも、その屋敷の周囲だけがじっとりと湿って見える、通称、雨屋敷。  そこは生きている人間と死んでいる人間の境界が曖昧な場所だった。  遺産を巡り、雨屋敷で起きた殺人事件は簡単に解決するかに見えたが。  雨屋敷の美貌の居候、早瀬彩乃の怪しい推理に、刑事たちは引っ掻き回される。 「屋上は密室です」 「納戸には納戸ババがいます」  此処で起きた事件は解決しない、と言われる雨屋敷で起こる連続殺人事件。  無表情な美女、彩乃の言動に振り回されながらも、事件を解決しようとする新米刑事の谷本だったが――。
24hポイント 1,350pt
小説 1,109 位 / 96,510件 ミステリー 7 位 / 2,323件
文字数 79,308 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.02.12
あらすじ 主人公2人が高級クラブに行くことから始まります。 周囲は豪華で広いスペース、グランドピアノもあります。 きらびやかなキャスト、VIPルームも10種類以上あり 最も高いルームで1セット50万、そのような社交の場で連続殺人がおきます。 しかし、事件の前後に必ずグランドピアノからショパンの曲が流れてきます。 自動演奏ではなく人間が弾いているのです。 そのような話です。
24hポイント 0pt
小説 96,510 位 / 96,510件 ミステリー 2,323 位 / 2,323件
文字数 10,549 最終更新日 2020.10.03 登録日 2020.09.29
 クールで優秀な美人解剖医の秘密を知ったのは、隣に越して来た刑事の礼人。何者かに狙われる彼女をガードするうち、気付けば餌付けに成功していた。  加筆しました。
24hポイント 0pt
小説 96,510 位 / 96,510件 ミステリー 2,323 位 / 2,323件
文字数 33,259 最終更新日 2020.06.13 登録日 2020.03.31
ベルリンのノイケルン地区の中古ビル1階で古書店を営むレナ・パティッツは、血の繋がらない弟ルイス・ボルマンとの恋愛に戸惑いながらも幸せを見出していた。 そんな中、ベルリン市内で連続殺人事件が起きる。犯人の手がかりが掴めないまま、レナの店の顧客が被害者になってしまった。女性ばかりでしかも金髪に青い瞳と決まっていた。 捜査に進展がないまま被害者は増えていく。 そして一人の女性の所持品から、被害者たちに共通する人物が判明する。
24hポイント 0pt
小説 96,510 位 / 96,510件 現代文学 5,081 位 / 5,081件
文字数 18,804 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.06.09
4