カムナ リオ

カムナ リオ

主に少年少女もの大好物です!現在、学生もの、青春もの、GLものを執筆中です。 ※他、小説サイト等でも活動しております。
8
「ねえ、知ってる?」 「あのウワサこと?」 「そうそう」 「学校内のどこかにある」 「不思議な本」 「その本を見つけ出したものは――」 「相葉悠一」は見下していた友人が夏休み中童貞を捨て、友人に先を越された事でイライラしていた。 遅刻常習犯の悠一は、さらに担任に「遅刻の罰」として図書室の本の整理を言い渡され、ブチ切れ寸前だった。 そんな時、同じクラスの図書委員の「渡辺明日奈」に、学内の何処かにあるとウワサされている「願いが叶う本」のことを聞く。 その本に願って、童貞を捨てればいいと明日奈に煽られ、はじめはムカついていた悠一だったがーー 「願いが叶う本」を巡る高校生たちの、純粋で恐ろしい『欲望』が渦巻く、不思議な物語ーー
24h.ポイント 85pt
小説 10,948 位 / 186,031件 青春 106 位 / 6,591件
文字数 100,677 最終更新日 2024.05.30 登録日 2024.04.08
夏休み最後の日、私は終わりゆく夏の季節を名残惜しく感じていた。隣を歩く友人のユウキは、夏休みが終わることは、悪いことばかりではないと諭してくるが……
24h.ポイント 0pt
小説 186,031 位 / 186,031件 青春 6,591 位 / 6,591件
文字数 5,093 最終更新日 2024.04.26 登録日 2024.04.24
八神斗哉は、友人らとの悪ふざけで、罰ゲームを実行することになった。内容を決めるカードを二枚引くと、そこには『クラスの女子に告白する』、『キスをする』と書かれており、地味で冴えないクラスメイト・如月心乃香に、告白ドッキリを仕掛けることが決まってしまう。 自分より格下な彼女には、何をしても許されると八神は無意識に思っていたが、徐々に距離が縮まり……重なる事のなかった二人の運命と、不思議が交差する、不器用で残酷な青春タイムリープラブ。
24h.ポイント 0pt
小説 186,031 位 / 186,031件 ライト文芸 7,649 位 / 7,649件
文字数 126,163 最終更新日 2023.08.27 登録日 2023.07.29
とある小さな王国の北には、魔女が棲むとされている森があった。 国民は魔女を恐れ、森に近づくことは王により禁止されている。 しかしある時その国の王子が、その北の森で迷い、行方不明になってしまう。 王子の身を案じた王は、禁を解き、王子の捜索を命じるがーー
24h.ポイント 0pt
小説 186,031 位 / 186,031件 児童書・童話 3,254 位 / 3,254件
文字数 1,983 最終更新日 2023.08.01 登録日 2023.07.31
面倒くさがりで、毎日を退屈に過ごす、ごく普通の小学五年生「松葉皓平」は、暑苦しい夏が特に大嫌いだった。 毎年夏休み恒例行事の、祖父母の家への帰省にウンザリしつつも、親に反発するのも面倒くさく、渋々祖父母の家へ向かうことになった。 ただ、いつもと違うことーー それは、親の仕事の都合で、一人だけ先に祖父母の家に向かうことになったのだ。 その道中、晧平は電車で、大きな荷物を抱えた不思議な少年と乗り合わせる。 ーー彼は一体、何者なのか? いつもとは、ちょっぴり違う、少年の不思議な夏が始まるーー
24h.ポイント 0pt
小説 186,031 位 / 186,031件 青春 6,591 位 / 6,591件
文字数 23,038 最終更新日 2023.07.06 登録日 2023.06.30
私には、今でも忘れられない言葉がある。 “女は美しくなければ、生きている価値はない”   妖艶に微笑みながら十四歳の彼女が、周りの醜く五月蝿い害虫共に発した言葉だ。 彼女は輝く様に美しかったーー 「女」とは、「美しさ」とは、「生きる価値」とは何なのか? 「私」は彼女の「死」を目の前に、改めて考えさせられるのだ。 全ての生きとし、生ける「人間」に改めて問いただす、「美しい彼女」だけが発することを許される、何の建前にも邪魔されない、恐ろしく純粋で残酷な『世界の真理』の話ーー ※この小説は他、小説サイトにも掲載しております。
24h.ポイント 0pt
小説 186,031 位 / 186,031件 現代文学 7,805 位 / 7,805件
文字数 9,868 最終更新日 2023.05.05 登録日 2023.04.30
疎遠になっていた、二人の運命が交差するーー 仁科華は、待ちに待っていた0時から配信されるゲームをダウンロードしようとしていたが、突然の雷で家の電気が落ち、wifiが死に途方に暮れる。 二駅先のファミレスのwifiでゲームをダウンロードすべく、出かけようと思って窓の外を見たら、激しい雨が降ってきていた。 その時、昔仲が良かった近所の幼馴染の家の窓に、明かりが灯っている事に気がつく。華は、今はほぼ交流の無くなってしまったその幼馴染の家のwifiを借りれないか、一か八か連絡しようとするが……。 ※この作品は他、小説サイトにも掲載しています。
24h.ポイント 28pt
小説 21,785 位 / 186,031件 青春 158 位 / 6,591件
文字数 30,437 最終更新日 2023.04.29 登録日 2023.04.22
ライト文芸 完結 ショートショート
あなたにとって、「恋」が冷めるのはどんな時ですか? 私にとってのそれは、人に拒絶された時だったーー サクッと読める、恋人たちの少し物悲しくて、清々しい春の短編小説です。春と桜のお供にいかがでしょう?
24h.ポイント 0pt
小説 186,031 位 / 186,031件 ライト文芸 7,649 位 / 7,649件
文字数 1,948 最終更新日 2023.03.25 登録日 2023.03.25
8