この婚約は白い結婚に繋がっていたはずですが? 〜深窓の令嬢は赤獅子騎士団長に溺愛される〜

 婚約相手のいない婚約式。

 通常であれば、この上なく惨めであろうその場所に、辺境伯令嬢ルナシェは、美しいベールをなびかせて、毅然とした姿で立っていた。

 ベールから、こぼれ落ちるような髪は白銀にも見える。プラチナブロンドが、日差しに輝いて神々しい。

 さすがは、白薔薇姫との呼び名高い辺境伯令嬢だという周囲の感嘆。
 けれど、ルナシェの内心は、実はそれどころではなかった。

(まさかのやり直し……?)

 先ほど確かに、ルナシェは断頭台に露と消えたのだ。しかし、この場所は確かに、あの日経験した、たった一人の婚約式だった。

 ルナシェは、人生を変えるため、婚約式に現れなかった婚約者に、婚約破棄を告げるため、激戦の地へと足を向けるのだった。

小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 4,374pt
小説 426 位 / 148,354件 恋愛 207 位 / 46,751件