氷雨そら

氷雨そら

異世界恋愛、溺愛系の小説を書いています。
8
恋愛 連載中 長編 R15
 竜人の血を引く竜騎士である父が帰って来なかったその日、私の元を父の部下だという若い竜騎士が訪れた。私は、前世の記憶があるせいか、魔法が使えない。そのせいで半端者として竜人としては認められず、かといって人間の仲間に入ることもできない。それなのに、竜の言葉がわかるせいで、王族から目をつけられてしまったらしい。  細かい説明もなく、若い竜騎士に連れて行かれる最中、私の体は小さく縮んで……。気がつけば、空色の小さな竜になっていた。「え? 竜騎士様のペットとして、騎士寮で暮らすんですか? 人間の時は、お世話係?」私の人生は予想外の方向に動き出してしまったのだった。  竜騎士からの愛情は、ペットに向けられたものか、あるいは溺愛か。たぶん、溺愛される予定の物語。 ✳︎ 小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 19,603pt
小説 151 位 / 124,213件 恋愛 87 位 / 37,005件
文字数 44,979 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.10.11
恋愛 連載中 長編 R15
 救国の乙女は戦場で散った~bad end~ 「もう99回目なんだけど! そろそろバッドエンドやめてくれないかな?」  気がつけば、白い部屋で私は神様に詰め寄られていた。次回こそ救国の乙女としてハッピーエンドを迎えないと、世界はリセットされてしまうらしい。 「そういえば、好きな人って」 「私より強い人?」 「えっ、救国の乙女より強い人なんていない……。いや、時間さえあれば、何とかなるか?」  そんな神様の思いつきにより、気がつけば私は、さっきまで戦っていた戦場に赤ちゃんになって置き去りにされていた。そして、私の部隊の唯一の生き残り、一番弱くて幼い騎士に拾われるのだった。  真実の愛を見つけないとバッドエンド。大事なことは記憶から消去されたまま、私の第二の人生は幕を開けるのだった。 小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 312pt
小説 4,426 位 / 124,213件 恋愛 2,015 位 / 37,005件
文字数 13,314 最終更新日 2021.10.04 登録日 2021.09.28
恋愛 連載中 短編 R15
「エディル・フィルディルト! 本日をもって、あなたを守護騎士から解任します!」 悪役令嬢と最後まで運命を共にする幼馴染の守護騎士エディル。それが、前世の乙女ゲームでの私の推し。でも、実際に悪役令嬢シルフィーナに生まれてしまった今、私が一番最初に実行したのは守護騎士を解任することだった。 だって、エディルは悪役令嬢シルフィーナが断罪されると、全てのシナリオで悪役令嬢と運命を共にしてしまうのだもの……。 それなのに、その直後からエディルの行動は予想外で、私は新しい運命に巻き込まれてしまうのだった。 ✳︎ 小説家になろう様でも投稿してます。
24hポイント 1,029pt
小説 1,603 位 / 124,213件 恋愛 806 位 / 37,005件
文字数 12,030 最終更新日 2021.09.30 登録日 2021.09.26
恋愛 完結 長編 R15
 気がつくと怪しげな洋館の前にいた。後ろから私を乱暴に押してくるのは、攻略対象キャラクターの兄だった。そこで私は理解する。ここは乙女ゲームの世界で、私は断罪後の悪役令嬢なのだと、 「お前との婚約は破棄する!」というお約束台詞が聞けなかったのは残念だったけれど、このゲームを私がプレイしていた理由は多彩な悪役令嬢エンディングに惚れ込んだから。  しかも、この洋館はたぶんまだ見ぬプレミアム裏ルートのものだ。  なぜか、新たな婚約相手は現れないが、汚れた洋館をカリスマ家政婦として働いていた経験を生かしてぴかぴかにしていく。  そして、数日後私の目の前に現れたのはモフモフの野獣。そこは「野獣公爵断罪エンド!」だった。理想のモフモフとともに、断罪後の悪役令嬢は幸せになります! ✳︎ 小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています。
24hポイント 1,938pt
小説 940 位 / 124,213件 恋愛 459 位 / 37,005件
文字数 140,216 最終更新日 2021.09.18 登録日 2021.08.19
恋愛 完結 長編 R15
 年頃になり、私、リアスティアにも婚約者が決まった。親が決めた婚約者というやつだ。  貧乏伯爵家の私には不釣り合いな、侯爵家次男の若き騎士。親には決して逃すなと厳命されている優良物件だ。  しかし、現在私は友人たちに憐れみの目を向けられている。婚約者は、冷酷騎士として名を馳せるお方なのだ。  もう、何回かお会いしたけれど、婚約者のお茶会ですら、私のことを冷たく見据えるばかりで一向に距離が縮まる様子なし。 「あっ、あの。ゼフィー様?」 「……なんだ」  わぁ。やっぱり無理ぃ……。鋼メンタルとか言われる私ですら、会話が続かない。  こうなったら、嫌われて婚約破棄してもらおう!  私は、そんな安易な考えで冷酷騎士に決闘を挑むことにするのだった。  ◇小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 624pt
小説 2,446 位 / 124,213件 恋愛 1,183 位 / 37,005件
文字数 37,111 最終更新日 2021.09.13 登録日 2021.09.05
恋愛 完結 長編 R15
 結婚式で私のベールをめくった瞬間、旦那様は固まった。たぶん、旦那様は記憶を取り戻してしまったのだ。前世の私の名前を呼んでしまったのがその証拠。  そしておそらく旦那様は理解した。  私が前世にこっぴどく裏切った旦那様の幼馴染だってこと。  ――――でも、それだって理由はある。  前世、旦那様は15歳のあの日、魔力の才能を開花した。そして私が開花したのは、相手の魔力を奪う魔眼だった。  しかも、その魔眼を今世まで持ち越しで受け継いでしまっている。 「どれだけ俺を弄んだら気が済むの」とか「悪い女」という癖に、旦那様は私を離してくれない。  そして二人で眠った次の朝から、なぜかかつての幼馴染のように、冷酷だった旦那様は豹変した。私を溺愛する人間へと。  お願い旦那様。もう前世のことは忘れてください!  かつての幼馴染は、今度こそ絶対幸せになる。そんな幼馴染推しによる幼馴染推しのための物語。  小説家になろうにも掲載しています。
24hポイント 291pt
小説 4,702 位 / 124,213件 恋愛 2,117 位 / 37,005件
文字数 68,577 最終更新日 2021.08.28 登録日 2021.08.19
恋愛 完結 長編 R15
「どうしてよりによって、18歳で破滅する悪役令嬢に生まれてしまったのかしら」  こうなったら引きこもってフラグ回避に全力を尽くす!  そう決意したリアナは、聖女候補という肩書きを使って世界樹の塔に引きこもっていた。そしていつしか、聖女と呼ばれるように……。  うまくいっていると思っていたのに、呪いに倒れた聖騎士様を見過ごすことができなくて肩代わりしたのは「18歳までしか生きられない呪い」  これまさか、悪役令嬢の隠し破滅フラグ?!  18歳の破滅ルートに足を踏み入れてしまった悪役令嬢が聖騎士と攻略対象のはずの兄に溺愛されるところから物語は動き出す。 小説家になろうにも掲載しています。
24hポイント 468pt
小説 3,099 位 / 124,213件 恋愛 1,481 位 / 37,005件
文字数 188,803 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.06.24
恋愛 連載中 長編 R15
「伝えたいことがある」 高校卒業を控えたある日、電話でその言葉を残し、幼なじみは消えてしまった。 トラックに轢かれたという目撃証言はあるのに、現場には携帯電話が落ちていただけという謎を残して。 七瀬は、彼氏いない歴29年の看護師。そんな七瀬にも、好きな人が全くいなかったわけではない。それは、幼なじみへのほのかな恋心。 「あんな言葉を残して消えるなんて絶対おかしいよ……」 学業や仕事に打ち込み、11年が過ぎたある日。七瀬は異世界転生し、リリアという少女に生まれ変わる。光魔法を身につけて騎士団に入団したその場で出会ったのは。 消えたはずの幼なじみとやり直す異世界ラブストーリー。  幼馴染はハッピーエンドが好きな方に贈ります♪小説家になろうにも掲載しています。 本編完結しました。
24hポイント 426pt
小説 3,364 位 / 124,213件 恋愛 1,592 位 / 37,005件
文字数 161,512 最終更新日 2021.07.13 登録日 2021.06.20
8