痛み。


五年前の夏、姉は帰らぬ人となった。

葬儀が行われたあの日、あなたとわたしは出会った。

棺桶に眠る彼女に、唇を落とすあなた。



「白雪姫なら、生き返るのにね……」



涙ひとつ見せないあなたに、心が締め付けられる。

そっと呟いたわたしの言葉に、あなたは切なく笑って言った。



「僕は王子様には、なれなかったな」



その儚い笑顔に、今にも消えてしまいそうな姿に

幼いわたしは、恋をした。








毎週金曜日連載中です。(更新時間不定期)
24hポイント 0pt
小説 57,266 位 / 57,266件 恋愛 13,676 位 / 13,676件