【本編完結】「聖女に丸投げ、いい加減やめません?」というと、それが発動条件でした。

コミュ障気味で、中学校では友達なんか出来なくて。
胸が苦しくなるようなこともあったけれど、今度こそ友達を作りたい! って思ってた。
いよいよ明日は高校の入学式だ! と校則がゆるめの高校ということで、思いきって金髪にカラコンデビューを果たしたばかりだったのに。

――――気づけば異世界? 
金髪&淡いピンクの瞳が、聖女の色だなんて知らないよ……。
自前じゃない髪の色に、カラコンゆえの瞳の色。
本当は聖女の色じゃないってバレたら、どうなるの?
勝手に聖女だからって持ち上げておいて、聖女のあたしを護ってくれる誰かはいないの?
どこにも誰にも甘えられない環境で、くじけてしまいそうだよ。
まだ、たった15才なんだから。
ここに来てから支えてくれようとしているのか、困らせようとしているのかわかりにくい男の子もいるけれど、ひとまず聖女としてやれることやりつつ、髪色とカラコンについては後で……(ごにょごにょ)。
――なんて思っていたら、頭頂部の髪が黒くなってきたのは、脱色後の髪が伸びたから…が理由じゃなくて、問題は別にあったなんて。
浄化の瞬間は、そう遠くはない。その時あたしは、どんな表情でどんな気持ちで浄化が出来るだろう。
召喚から浄化までの約3か月のこと。

見た目はニセモノな聖女と5人の(彼女に王子だと伝えられない)王子や王子じゃない彼らのお話です。

※残酷と思われるシーンには、タイトルに※をつけてあります

追記事項:本編完結しましたが、別なキャラとの別エンディングもIFストーリーとしてあげています。
興味のある方は、ご一読いただければと思います。

小説家になろうにて連載しているものを、コンテストに参加などなどのために、こちらでも同時連載させていただいていますことを、ご了承ください。

2023.11.26現在、なろうの方は本編と別キャラで別枠にて更新しはじめました。
なろうの方での移行作業が終了次第、こちらの方でも分けてアップの予定です。

24h.ポイント 14pt
0
小説 30,605 位 / 187,182件 ファンタジー 4,145 位 / 42,894件