【完結】貴方が好きなのはあくまでも私のお姉様

伯爵令嬢であるカリンは、隣の辺境伯の息子であるデュークが苦手だった。
彼の悪戯にひどく泣かされたことがあったから。
そんな彼が成長し、年の離れたカリンの姉、ヨーランダと付き合い始めてから彼は変わっていく。
ヨーランダは世紀の淑女と呼ばれた女性。
彼女の元でどんどんと洗練され、魅力に満ちていくデュークをカリンは傍らから見ていることしかできなかった。
しかしヨーランダはデュークではなく他の人を選び、結婚してしまう。

それからしばらくして、カリンの元にデュークから結婚の申し込みが届く。

私はお姉さまの代わりでしょうか。
貴方が私に優しくすればするほど悲しくなるし、みじめな気持ちになるのに……。
そう思いつつも、彼を思う気持ちは抑えられなくなっていく。


8/21 MAGI様より表紙イラストをいただきました! ありがとうございます<(_ _)>
24hポイント 603pt
小説 2,498 位 / 119,759件 恋愛 1,229 位 / 35,065件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

義妹に毒を盛られたので、きちんとお返しをしてあげようと思います

恋愛 / 完結 24h.ポイント:340pt お気に入り:824

何か勘違いをしてる婚約者の幼馴染から、婚約解消を言い渡されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:312365pt お気に入り:6689

隣の芝は青く見える、というけれど

恋愛 / 完結 24h.ポイント:553pt お気に入り:3176

私を追い出した結果、飼っていた聖獣は誰にも懐かないようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:23672pt お気に入り:6291