国王親子に迫られているんだが

 腕のいい測量冒険者だったオーガスタは、なにか不慮の事故で死んだ……らしい。

 が、オーガスタの記憶を持ったまま、すぐに男爵ノリン・ツェッペリンに転生してしまった。

 貴族学舎入学資格試験のあと駆けつけて来た元従淫魔アズールとレーンに「約束を守れ」と押し倒される。

 貴族学舎に入学したノリンは王子に目をつけられ、王子の寝室行きに。しかも王様までノリン(中の人おじさんオーガスタ)を部屋に引きずり込む。

「こいつらみんなどうかしてやがる、生前の親友と親友の息子だぜ?」

 男爵という底辺地位ヒエラルキーのため、総受状態のノリンは「いつかバレる、絶対バレる」とヒヤヒヤもので。

 成人年齢済ショタ風主人公総受、複数攻め、多分親子丼、が平気な方へ。

 基本一人称表現、ノリン視点です。途中の三人称はノリン以外の人の視点です。

 お布団シーンは予告なしに突然、うっかりあります。


★世界観は拙著『巨人族の1/3の花嫁』から連なります。一番最初の話から百年ほど経過。舞台は瓢箪型の大陸を持つ異世界。(アメイ・ジア民の寿命は大体百五十年〜二百年)魔法あり、剣あり、文明格差ありです。平等の神ガルド神が統べる世界『アメイ・ジア』では、男女平等のため赤子の実が宿る『宿り木』がありますが、一部の人は男女問わず腹に実が宿る『腹実(はらみ)』として、赤子を体内で孕むことができます。

 話は『巨人族の1/3の花嫁』から『婚約破棄王子は魔獣の子を孕む』を経て『召喚先は腕の中』の最後のシーンとリンクはします。しかし単体でも大事はありません。(結構脇役なので)独自のBLファンタジー世界観をお楽しみいただけたら幸いです。

★小説家になろうでも連載予定
★『巨人族の1/3の花嫁』から四作目のこの作品の最後で、全ての作品に出てきたターク・タイタンの話の締めくくりがあり、それにより平等神ガルド神が治める『アメイ・ジア』全作品の完結予定です。(多分)

ストックがあるまでは毎日更新します。






 

24h.ポイント 142pt
232
小説 7,587 位 / 185,829件 BL 1,706 位 / 24,092件