トレジャーハンター小説一覧

タグ トレジャーハンター×
8
1
SF 連載中 長編
 第1部 ルリタテハ王国の特殊な職業」「第2部 ルリタテハ王国の神様の所業」の掲載を完了しました。  次回「第3部 ルリタテハ王国の空人の本気」 編は、掲載時期未定です。  ルリタテハ王国歴477年。人類は恒星間航行『ワープ』により、銀河系の太陽系外の恒星系に居住の地を拡げていた。  ワープはオリハルコンにより実現され、オリハルコンは重力元素を元に精錬されている。その重力元素の鉱床を発見する職業がルリタテハ王国にある。  それが”トレジャーハンター”であった。  主人公『シンカイアキト』は、若干16歳でトレジャーハンターとして独立した。  独立前アキトはトレジャーハンティングユニット”お宝屋”に所属していた。お宝屋は個性的な三兄弟が運営するヒメシロ星系有数のトレジャーハンティングユニットで、アキトに戻ってくるよう強烈なラブコールを送っていた。  アキトの元に重力元素開発機構からキナ臭い依頼が、美しい少女と破格の報酬で舞い込んでくる。アキトは、その依頼を引き受けた。  破格の報酬は、命が危険と隣り合わせになる対価だった。  様々な人物とアキトが織りなすSF活劇が、ここに始まる。
24hポイント 20,724pt
小説 155 位 / 121,747件 SF 6 位 / 3,579件
文字数 463,975 最終更新日 2021.10.25 登録日 2020.05.25
2
恋愛 完結 短編 R18
茨に覆われた廃城に呪いで眠らされたアリーシャは、ラウルに処女を奪われたところで目を覚ました。 それは魔女の呪いによるもので、3日間交わり続けないと呪いは解けないらしい。 魔女の選んだ『あなたにぴったりな人』だというラウルとアリーシャは次第に……。
24hポイント 7pt
小説 26,748 位 / 121,747件 恋愛 11,217 位 / 34,236件
文字数 39,572 最終更新日 2021.08.23 登録日 2021.08.20
 トレジャーハンター。それは、宝箱を察知する能力に特化した職業だ。ダンジョン探索の際、パーティ内に居るか否かでアガリが大幅に変わる。故に、どのパーティからも引っ張りだこの人気職だ。  ルネエル・フレージュは駆け出しのトレジャーハンター。特化能力を買われ、とあるパーティに同行してダンジョン探索を行っていた。しかし、彼女が見つけた宝箱は全てミミックで、我慢の限界に達したメンバーによってその場に置き去りにされてしまう。  いつ魔物と遭遇してもおかしくないダンジョン内。街へと戻ろうと立ち上がったルネエルは、偶然にも隠し部屋を発見する。その中に在ったのは、木製や石棺の様なモノとは異なる材質不明の青い宝箱。お目にかかる事が無い貴重なお宝が入っているはず。と、宝箱を開けると結局それもミミックだった。  駆け出しで、ましてやロクな武器も持たないルネエルにとって、ミミックとのエンカウントはまさに死神と遭遇したのと同じ。死を覚悟したルネエルだったが…… ・バトルらしいバトル。ありません。
24hポイント 7pt
小説 26,748 位 / 121,747件 ファンタジー 5,303 位 / 31,956件
文字数 9,681 最終更新日 2021.01.02 登録日 2021.01.02
桐谷倭斗――またの名を鉄仮面の貴公子。  入学初日にファンクラブが結成されるほどのイケメンの彼とは、同じクラスでありながら一度も話をしたことがない乙羽。  忘れ物である『お弁当』を差し出した途端、「いらない」と速攻で拒否され、無理やり渡すもそれがきっかけでファンクラブの子たちから嫌がらせの日々。  そのうえ、自他ともに認める歴史ヲタクの乙羽だが、日本史の講師である根本からも嫌がらせされるように……。  地味ながらもバラ色の高校生活を夢見ていた乙羽の前途は多難である。  そんな中、敬愛する歴史研究家の川上華子が主宰する謎解きアドベンチャーに参加することになったのだが、そこには罠が……。
24hポイント 0pt
小説 121,747 位 / 121,747件 ライト文芸 5,076 位 / 5,076件
文字数 109,629 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.01.24
地獄のような遺跡に行ってしまったトレジャーハンターの話。お題シリーズトレジャーハンター。へび
24hポイント 0pt
小説 121,747 位 / 121,747件 ファンタジー 31,956 位 / 31,956件
文字数 1,262 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.25
天国に行ったトレジャーハンターの話。お題シリーズ・トレジャーハンター。短編分量。へび担当(※重複投稿作品)
24hポイント 0pt
小説 121,747 位 / 121,747件 ファンタジー 31,956 位 / 31,956件
文字数 1,412 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.24
 ある日突然、世界にはダンジョンへの入り口が現れた。  それはまるでゲームに登場するダンジョンのようなものだった。  北海道ではダンジョンからあふれ出したオークが砦を作った。  しかも、そのオークを支配しているのは、ビルほどもあるトロールである。  ダンジョンの魔物には銃弾も戦車も通用しない。  通用するのはダンジョン産の武器と、ダンジョンで上げたレベルのみ。  魔法やエネルギー物質など、未知のお宝もたくさん。  研究者はダンジョンから出たアイテムを研究する方が社会は発展すると声明を発表。  各国の政府や軍隊は総力を挙げて攻略に乗り出した。  世の中のすべてがダンジョン一色になる一大ブームがやってきた。  マイペースに裏庭にできたダンジョンを攻略していた主人公は、ダンジョンに隠された重大な秘密を知ってしまう。  陰謀渦巻くダンジョンワールド!
24hポイント 0pt
小説 121,747 位 / 121,747件 ファンタジー 31,956 位 / 31,956件
文字数 198,758 最終更新日 2019.04.23 登録日 2019.01.13
 一攫千金を狙う中国の墓泥棒家族の実録は、ネットで見られる他のトレジャーハンター小説や、ホラー小説とは全く違う。  これは、私自身が墓泥棒をした経験を記録した本だ。私は高校卒業後、家族と共にウイグルの砂漠にある、楼蘭に行き、実際にお墓に入り、トレジャーハントをしたのだ。その後、私は四川にある大学に進学して、四川で師匠に弟子入りし、一緒に盗掘作業をする仲間を集めた。 私は龍穴を見付けることや、陰陽五行と八卦、歴史推理、古美術鑑定などが得意である。  ところで、日本人なら誰もが一度は目にした事がある、中国のお宝文物、お茶碗、刀、古代絵画、金や玉の飾り物などについて、実はその中には、古代のお墓から盗まれた物が多数あるのをご存知だろうか?  それでは、本当の盗掘はどうやって行うのか、何があったか。この小説の原作は200万字あまりあるので、どうぞごゆっくりご覧いただきたい。  この本は、20回に及ぶ盗掘作業の実際の体験を詳しく記録したものである。見つけた宝物は、天然の金塊、古い刀剣、肉形石(肉の塊に見えるよう掘り出されたメノウ類の石)、ミイラ、太歳、五帝幣(清王朝の皇帝、順治帝、康熙帝、雍正帝、乾隆帝、嘉慶帝の時代の銅銭)、幾重にも連なった城と同じ値打ちがある玉の杖、高僧の金剛菩提子など。ある時、マニ教(明教)のお墓で、一つの夜明珠(いったん光にあたると闇のなかで何日間も神秘的な光を放ち続けることから、永遠の生命とパワーを祈願する王族の埋葬時にも使われた。)を手に入れた。  もちろん、墓泥棒は極めて危険な職業である。私は水銀の毒にあたったことがあるし、見えない所に矢が仕込まれた宝箱に出会った事もあった。そして一番命拾いした体験は、大きなお墓の中でのことである。そこには十数個の棺桶が安置してあり、主な棺桶の材質は極めて珍しい楠木だった。棺桶の中には、明かりを手に持つ男の子の彫刻があった。男の子の腕はお墓のからくり仕掛けを起動させるスイッチだったのだが、私はそんなこととは知らずに、ナイフで彫刻像の腕を切り取ってしまった!  では、作者はどうやってこの危険を回避する事が出来たのか?お墓の中にはどんな驚くべきお宝があったのか?そもそもお墓の持ち主は誰なのか?ぜひこの本をお読みになって、あまり知られていない古墳文化を味わっていただきたい。
24hポイント 0pt
小説 121,747 位 / 121,747件 ミステリー 2,905 位 / 2,905件
文字数 13,234 最終更新日 2020.04.21 登録日 2018.06.21
8