意識小説一覧

タグ 意識×
12
路地をあるけば、その辺つつけば、妖怪でてくる。そんな雰囲気の雑多な街。2030年代の日本。得たいの知れない空気渦巻く。街の間を、家々の間を。歩くわたしを何かがみつめる。そんな感じがしてくる。街行く人々も、道端にうずくまる人々も。活気はなく、目は虚ろ。これは、半分フィクション、半分ノンフィクションの物語。ダダダダダッ。街を走り抜ける一人の男。これに皆の旅案内をさせよう。世にも奇妙な現実のお話。はじまりはじまり。 人間のこと、 この世界のこと、 死んだらどうなる? 宇宙って? 時間って? 最後の審判って? みんな一度は考えるあれやこれ。 一度読んで損はない! 是非どうぞ!
24hポイント 28pt
小説 17,213 位 / 104,799件 ライト文芸 406 位 / 4,747件
文字数 61,590 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.04.15
 大学生の二人が、各駅電車のクロスシートに座って延々と小難しいおしゃべりをしています。目的地に着く直前に、二人にちょっとした変化が起こります。そんなお話です。  この作品は「小説家になろう」、「カクヨム」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 恋愛 29,430 位 / 29,430件
文字数 3,114 最終更新日 2021.03.12 登録日 2021.03.12
3
現代文学 完結 ショートショート
誰もが自分の正義を振りかざす 誰もが自分の存在が圧倒的に重い
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 現代文学 5,438 位 / 5,438件
文字数 148 最終更新日 2021.02.21 登録日 2021.02.21
他者と自分は脳が違うので絶対に理解することができない。相手の脳に接続できる機械ができて相手の意識が理解されれば別だが。 よく考えて人間にその能力が備わっていないのは不思議に思える。何でその重要なところが進化しなかったのか。 。
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 エッセイ・ノンフィクション 3,471 位 / 3,471件
文字数 316 最終更新日 2021.01.29 登録日 2021.01.29
5
現代文学 完結 ショートショート
この世界の何が偶然で必然かをはっきりさせる
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 現代文学 5,438 位 / 5,438件
文字数 151 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.21
6
現代文学 完結 ショートショート
人は自分と関係ない意識を切り捨てて生きている 人は他人の意識を直接的には感じることができない
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 現代文学 5,438 位 / 5,438件
文字数 150 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.21
7
現代文学 完結 ショートショート
ふと大学時代の記憶が鮮明に甦る 意識は拾い上げられるのを待っている
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 現代文学 5,438 位 / 5,438件
文字数 130 最終更新日 2021.01.18 登録日 2021.01.18
8
SF 完結 短編
 ふと見ると壁に小さい穴が開いていた。  フリーターの「俺」が、ボロアパートで壁に開いた穴を見つける。  6千文字程度のショートSF作品、二話構成です。
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 SF 3,057 位 / 3,057件
文字数 6,979 最終更新日 2020.03.31 登録日 2020.03.29
9
ホラー 連載中 長編
捷和19年。フィリピンの戦場。 都々木永司は目覚める。 大陸の戦場で迫撃砲の攻撃を受けた記憶が蘇る。 捷和15年のことだ―― 彼にはそれ以降の記憶が無い。 軍人手帳に書かれた失われた記憶。 彼の身に起きた異変は一体何なのか。 記憶を失い戦場をひとり彷徨う彼は真実にたどり着けるのか。 我、思うゆえに、戦場にあり -1944・フィリピン- ================= ミリタリーとホラーの融合は貴志 祐介先生の「天使の囀り」がありますのでカテエラにはならないと思います…… 架空の太平洋戦争設定のホラー小説では飴村行先生の「粘膜シリーズ」があります。同作よりはかなり史実よりですが……
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 ホラー 3,724 位 / 3,724件
文字数 15,168 最終更新日 2019.06.12 登録日 2019.05.31
10
現代文学 完結 ショートショート
なにもないのになにかある場所。 狭間でゆらゆら、揺られて過ごす。 白い白い世界。 ゆらゆら、ゆらゆらと。
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 現代文学 5,438 位 / 5,438件
文字数 1,507 最終更新日 2019.01.20 登録日 2019.01.20
11
ホラー 完結 長編 R15
めくるめく恐怖と感動。 この物語を読み終えたとき、あなたは自分のアイデンティティを保っていられるだろうか。 同じ中学校に通う対照的な二人の生徒。 頭が良くて野球部のキャプテンをしており、学校中から人気のある美少年、北城翔一。 チビでデブで、頭も運動神経も悪く、根暗のいじめられっ子、西沢浩志。 西沢浩志の心の中に棲む「ゼル」は、本当に二人の魂を入れ替えたのか? やがて起こる凄惨な一家惨殺事件。 その謎を追う催眠療法士の黒川美希と新聞記者の瀧口勇介の末路は? 果たして、魂はあるのか。意識の正体とは? 人類最大の謎を極限まで突き詰めたホラーです。 気の弱い人は読まない方がよいかも。後味は悪いです。 
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 ホラー 3,724 位 / 3,724件
文字数 175,753 最終更新日 2018.11.05 登録日 2018.10.06
12
ホラー 連載中 長編
従弟が死んだ。交通事故だと若月高志は聞いた。 そして、従弟が死の直前に書き残した謎の物語―― 絵付の奇妙な「物語」を見せられる。 そして―― 大学で「認知言語学」の教鞭をとる若月高志の日常が大きくゆがみ始める。 精神病院で続く不自然な連続死を高校時代の友人から知る。 患者4人が脳出血。医師1人、看護師1人が自殺していた。 その死んだ者たちが死の直前に描いた物語。 あの奇妙な「物語」だった。 従弟とほぼ同じ物語を書いていた。 『魔女に捕らわれた姫を救うため、勇者一行が旅にでる』 単純なシノプスの物語に隠された謎。それは何のメタファーなのか。 死に至る恐怖の物語。ただ、それは、それだけのモノではなかったとしたら…… 意識とはなにか? 自我とはなにか? そこに魂はあるのか? それを、問いかける―― ■参考文献 量子力学で生命の謎を解く ジム・アル=カリーリ、 ジョンジョー・マクファデン(著) 意識はいつ生まれるのか 脳の謎に挑む統合情報理論 ジュリオ・トノーニ、 マルチェッロ・マッスィミーニ(著) 〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義 マイケル・S. ガザニガ(著) あなたの知らない脳 意識は傍観者である デイヴィッド イーグルマン (著), 大田 直子 (翻訳) 目に見える世界は幻想か?~物理学の思考法~ 松原 隆彦 (著) 数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて マックス・テグマーク(著) 時間の言語学: メタファーから読みとく 瀬戸 賢一 (著) 言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学 野矢 茂樹、 西村 義樹 (著) 量子論のすべてがわかる本 科学雑学研究倶楽部 (著) 詩人のための量子力学―レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで レーダーマン,レオン・M.、 ヒル,クリストファー・T. (著) 人類なら知っておきたい、「人工知能」の今と未来の話 開発社 (著), 本田 幸夫 (監修) 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術 クリストファー・ボグラー、 デイビッド・マッケナ(著) 脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 前野 隆司 (著) 科学の未解決問題 竹内薫(著)
24hポイント 0pt
小説 104,799 位 / 104,799件 ホラー 3,724 位 / 3,724件
文字数 57,889 最終更新日 2017.05.09 登録日 2017.03.31
12