蒼乃ロゼ

蒼乃ロゼ

ファンタジー好きです。Twitter始めました。なろう様にも投稿中
10
恋愛 連載中 長編
「リュミネーヴァ様は、いろんな殿方とご経験のある、魔性の女でいらっしゃいますから!」 「「……は?」」 どうやら原作では魔性の女だったらしい、リュミネーヴァ。 しかし彼女の中身は、前世でストーカーに命を絶たれ、乙女ゲーム『光が世界を満たすまで』通称ヒカミタの世界に転生してきた人物。 前世での最期の記憶から、男性が苦手。 初めは男性を目にするだけでも体が震えるありさま。 リュミネーヴァが具体的にどんな悪行をするのか分からず、ただ自分として、在るがままを生きてきた。 当然、物語が原作どおりにいくはずもなく。 おまけに実は、本編前にあたる時期からフラグを折っていて……? ※なろう様にも掲載中 ※短編【転生先は『乙女ゲーでしょ』~】の元ネタです。どちらを先に読んでもお話は分かりますので、ご安心ください。
24hポイント 2,489pt
小説 855 位 / 128,680件 恋愛 410 位 / 38,447件
文字数 17,119 最終更新日 2022.01.28 登録日 2022.01.28
「では、貴女がほしい」 救国の勇者であるセラは、国を救った褒美を王より尋ねられる。 国には三人の姫がおり、次代の女王である長女を指名するのだと誰もが思っていた。 だが、セラが実際に求めたのはその目立たなさから『亡霊姫』と呼ばれるアリアでーー?
24hポイント 78pt
小説 10,789 位 / 128,680件 恋愛 4,980 位 / 38,447件
文字数 9,293 最終更新日 2022.01.22 登録日 2022.01.22
「お詫びに、好きな世界へ転生させてやろう」 「あなたが神か?」 「そうじゃ、わしが神じゃ」  神の手違い、いや己の圧倒的不運で現世での命を終えた、派遣社員の雲野渚(うんのなぎさ)。  もう戻れないというので割り切って、大好きな乙女ゲーム『光が世界を満たすまで』通称ヒカミタの世界に転生させて欲しいと願う。 「はぁ……ライエン尊い……待っててね!」  ゲームの表紙も中央に描かれたメインヒーロー、赤髪の第一王子ライエン。  推しである彼を想い、彼との結末へ至るまでのイベントを回顧し。  神から力が放たれた。 (幼少期? それともゲームの舞台である魔法学校入学前?)  転生者としての目覚めの時はいつだろう。  そう、期待に胸を膨らませたのだが。 (…………これ、メーアスのエンディングじゃね?)  本編どころか、今まさに生涯の誓いを交わすその瞬間に転生者として覚醒する。  ----しかも相手は、推しじゃない!? ◇◆◇◆ ※執筆中の作品から、こういう世界線があっても面白いな? と思い、短編でパラレルとして書いてみました。短めです。
24hポイント 184pt
小説 6,622 位 / 128,680件 恋愛 3,074 位 / 38,447件
文字数 11,450 最終更新日 2022.01.22 登録日 2022.01.20
 朝、昼、夜。  時間を問わず、絶えずお客様と向き合うホテルのフロント。受付業務。  大変ながらもやりがいのある、そんな場所を主戦場としていた安住礼(やすみれい)は、仕事で発揮する笑顔と接客スキルとは裏腹に、プライベートは自宅に引き籠り、ゲームや漫画を読む生活を日々送っていた。  本来人見知りである彼女にとって、フロント業務は天職でもあり、同時に極度の緊張を伴う仕事であった。その為、プライベートでは人と関わらずバランスを取る事で自分という存在を確立していた。    そんなある日、夜勤五日目明けの礼は新作のゲームを受け取りに行く。  事前情報は繁忙期なこともあり、生活+冒険RPGという何とも漠然とした情報しか得ていないが、これをプレイする為に乗り越えたと言っても過言ではない程、発売を心待ちにしていたものだ。  だが、泊まり込みの夜勤ではないとはいえ、繁忙期の夜勤は想像以上に忙しい。  いつになく眠い、と疲れは感じつつも帰宅し自宅のドアを開けたーー。  はずだった。   「ーーどこ、ここ」  転生(仮)した元ホテリエが、異世界にて様々なおもてなし兼クエストをこなして、無自覚に顧客の支援をしながら、何故か自分も力を付けていくお話。
24hポイント 0pt
小説 128,680 位 / 128,680件 ファンタジー 32,688 位 / 32,688件
文字数 24,754 最終更新日 2021.09.12 登録日 2021.08.31
 高校の弓道部主将時代。ずっと後悔の残る経験をしその想いを少しでも和らげるため、ゲームでは弓職を選んで無双することに心血を注いできた風間羽矢斗(かざまはやと)。  後衛ながらもソロで運用できるよう、エイム力を鍛え、敵の攻撃を避けながらすぐさま反撃するというスタイルが定着していた。  それでも消えない後悔は、もうすぐ発売される新作ゲームにて『魔弓師』が存在するという情報で楽しみを見出して上書きし、平静を保つ。  --そう、考えていた時。  頭上から落ちてくる鉄骨が目に映る。  目の前には何も気付いていなそうな、見知らぬ人。  あぁ、ゲーム上で自慢の力が今、出せれば良かったのに。  願いながらも体が駆ける方が早く、そして、次に目が覚めたのはーー見知らぬ土地だった。  後悔が希望の力へと変わる世界へ転生し、魔弓師として(無自覚)無双しながら転生した謎をひも解いていくお話です。
24hポイント 7pt
小説 29,749 位 / 128,680件 ファンタジー 5,325 位 / 32,688件
文字数 72,899 最終更新日 2021.09.12 登録日 2021.08.29
恋愛 連載中 長編
 騎士の家系に生まれ、その腕前から『剣聖』とまで呼ばれるに至ったルナライト・フォン・シラー。  金のまばゆい髪を高い位置に結い、凛とした出で立ちから、騎士としての威厳を感じとれる。だが、見た目の麗しさとは裏腹に、騎士としての修行一筋だったため恋愛ごとに関してはかなり疎かった。  剣聖と呼ばれる所以となった、通称『勇者パーティー』に所属しているが、実情はルナライトと他二名の活躍によるもので、リーダーである勇者ヴィッツと、聖女ルーチェには、大した実力もなかった。  そんな彼らにある日、国王から魔王討伐の任が舞い込む。    ここ十年、それまでとは比べ物にならないほど、魔物の影響を受けている現状を打破するための依頼だった。  それに気をよくしたヴィッツは、高慢な態度を崩すことなく魔族領へと歩を進めようとするが、ルナライトはーー?
24hポイント 7pt
小説 29,749 位 / 128,680件 恋愛 12,993 位 / 38,447件
文字数 17,329 最終更新日 2021.02.08 登録日 2021.01.31
雄大な海を臨み、山々に囲まれ、比較的温暖な気候に恵まれた地、宮崎。 数々の神話の舞台と称されるその地にて、宣誓術師と呼ばれる者たちが居た。 他人の秘めたる気持ち、言葉を引き出すことに長けるとされる宣誓術師。 その家系、橘家に生まれた立花命理(たちばなめいり)は、中庸な女性だ。 負の感情に飲まれれば魔となり、高揚する気持ちへと飲まれれば冷静さを失い本来の目的をも見失う。 宣誓術師として誰よりも、その立場を理解し、常に責務へと臨む姿勢を見せていた。 そんな彼女の元に、常に従う影のような存在。 彼が、彼だけが知り得る、命理の宣誓術師として隠された姿とは……。
24hポイント 0pt
小説 128,680 位 / 128,680件 キャラ文芸 3,426 位 / 3,426件
文字数 19,297 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.12.30
恋愛 連載中 長編
「結婚しよう」 「魔王様待って、早まらないで」 テンプレよろしく異世界に召喚された私。 召喚された世界で、いきなり聖女と崇められた……何でだ。 何々、魔物の脅威が迫ってるですって? それは大変! 大変だけど、非常~~に力になりたい所ではあるけれど! いたいけな女に世界を救えだなんてそんな……え、最強なの? いやいや、相手は魔王らしいじゃないですか。 無理に決まってるでしょう。 ーーって思ってたらその相手にものすごい状況で求婚されたんですけど。 そんな話。
24hポイント 0pt
小説 128,680 位 / 128,680件 恋愛 38,447 位 / 38,447件
文字数 8,771 最終更新日 2020.09.30 登録日 2020.09.25
 魔法学校を主席で卒業したルカ・アステル・グランツ。    高名な魔術師でもある師の勧めもあり、のんびり冒険者をしながら魔法の研究を行おうとしていた。  自身の容姿も相まって、人付き合いは苦手。  魔術師ながらソロで旅するが、依頼の都合で組んだパーティーのリーダーが最悪だった。  段取りも悪ければ的確な指示も出せない、実力も見込めそうにない。  訳も分からん難癖も付けられ、散々。  そこを追放されたのは良いが、  リーダーが剣士職であった為、二度と剣士とは組むまいと思うルカ。  そんな願いも空しく、偶然謎のチャラい赤髪の剣士と組むことになった。  一人でもやれるってところを見せれば、勝手に離れていくだろう。  そうルカは思っていたがーーーー。 「あれー、俺たち最強コンビじゃね?」 「うるさい黙れ」 「またまたぁ、照れなくて良いから、ルカちゃん♪」 「(こんなふざけた奴と、有り得ない程息が合うなんて、絶対認めない!!!!)」  違った境遇で孤独を感じていた二人+仲間達が、魔法においては最強なのに、何故か自分と思っている通りに事が進まないルカの様々な(嬉しい)誤算を経て友情を育む、  そんなお話。
24hポイント 14pt
小説 25,067 位 / 128,680件 ファンタジー 4,195 位 / 32,688件
文字数 151,729 最終更新日 2020.09.15 登録日 2020.08.21
 エヴァティエラ・ジュリアスは、エンジェリア王国が誇る『光の将』と呼ばれる軍人で、白銀の長髪、優れた剣技、優れた魔力、切れ長の眼に蒼い瞳、非の打ちどころのない美しき戦乙女。 ーーというのが黒髪黒目の日本人、青島鈴音(あおしまりんね)の持っている情報。  何故か目を覚ますと、件の戦乙女が目の前に映っている状況に陥る。  周りの状況から大好きなゲームの世界へ転生したのだと理解したものの、自身が知る原作の時間軸からみて、二年前に転生した模様。おまけに最推しは闇堕ちしてラスボス予定。  本編では全てを兼ね備えた状態でスタートしていたが、転生時はもちろん原作通りとはいかない。  このままだと推しとの未来はもはや絶望的。  まずは世界を旅し、少なくとも原作以上の力をつけ、ーー目指せ推しの闇堕ち阻止。
24hポイント 21pt
小説 21,281 位 / 128,680件 ファンタジー 3,509 位 / 32,688件
文字数 26,242 最終更新日 2020.07.14 登録日 2020.07.05
10