冬馬亮

冬馬亮

こんにちは。冬馬亮です。シリアスを書くと反動でほのぼのしたものを書きたくなり、ほのぼのを書くとシリアスを・・・とループしてます。どうぞよろしくお願いします。
11
恋愛 連載中 長編
こちらの話は、『あなたの愛など要りません』の外伝となります。 メインキャラクターの一人、ランスロットの恋のお話です。 「女性は、花に似ていると思うんだ。水をやる様に愛情を注ぎ、大切に守り慈しむ。すると更に女性は美しく咲き誇るんだ」 そうランスロットに話したのは、ずっと側で自分と母を守ってくれていた叔父だった。 12歳という若さで、武の名門バームガウラス公爵家当主の座に着いたランスロット。 愛人宅に入り浸りの実父と訣別し、愛する母を守る道を選んだあの日から6年。 18歳になったランスロットに、ある令嬢との出会いが訪れる。 自分は、母を無視し続けた実父の様になるのではないか。 それとも、ずっと母を支え続けた叔父の様になれるのだろうか。 自分だけの花を見つける日が来る事を思いながら、それでもランスロットの心は不安に揺れた。 だが、そんな迷いや不安は一瞬で消える。 ヴィオレッタという少女の不遇を目の当たりにした時に ーーー 守りたい、助けたい、彼女にずっと笑っていてほしい。 ヴィオレッタの為に奔走するランスロットは、自分の内にあるこの感情が恋だとまだ気づかない。
24hポイント 18,738pt
小説 126 位 / 140,623件 恋愛 71 位 / 43,547件
文字数 53,285 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.04.30
お前を愛することはない、ですって? ラシェルは微笑みを浮かべて夫を見つめ返した。 勝ち誇った顔で何を言っているのです? あなたの愛など要りません。 二度目の人生、私は大切なものをもう二度と間違えたりはしない。 ※ 8話まで一度目の人生の話が続きます。主に夫の行動で不快な描写がありますのでご注意ください。
24hポイント 7,568pt
小説 271 位 / 140,623件 恋愛 124 位 / 43,547件
文字数 163,347 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.01.31
恋愛 連載中 長編
ランバルディア王国では、王族から約100年ごとに『裁定者』なる者が誕生する。 国王の補佐を務め、時には王族さえも裁く至高の権威を持ち、裏の最高権力者とも称される裁定者。その今代は、先国王の末弟ユスターシュ。 そんな雲の上の存在であるユスターシュから、何故か彼の番だと名指しされたヘレナだったが。 え? どうして? 獣人でもないのに番とか聞いたことないんですけど。 ヒーローが、想像力豊かなヒロインを自分の番にでっち上げて溺愛するお話です。 ※ 同時に掲載した小説がシリアスだった反動で、こちらは非常にはっちゃけたお話になってます。 時々シリアスが入る予定ですが、基本コメディです。
24hポイント 1,107pt
小説 1,448 位 / 140,623件 恋愛 712 位 / 43,547件
文字数 108,246 最終更新日 2022.05.12 登録日 2022.01.31
恋愛 完結 長編 R18
少女は、ある日突然すべてを失った。 地位も、名誉も、家族も、友も、愛する婚約者も---。 ひとりの凶悪な令嬢によって人生の何もかもがひっくり返され、苦難と苦痛の地獄のような日々に突き落とされた少女が、ある村にたどり着き、心の平安を得るまでのお話。
24hポイント 390pt
小説 3,911 位 / 140,623件 恋愛 2,023 位 / 43,547件
文字数 302,760 最終更新日 2022.01.16 登録日 2020.09.08
恋愛 完結 長編 R15
それは親切な申し出のつもりだった。 あなたを本当に愛していたから。 叶わぬ恋を嘆くあなたたちを助けてあげられると、そう信じていたから。 でも、余計なことだったみたい。 だって、私は殺されてしまったのですもの。 分かってるわ、あなたを愛してしまった私が悪いの。 だから、二度目の人生では、私はあなたを愛したりはしない。 あなたはどうか、あの人と幸せになって --- ※ R-18 は保険です。
24hポイント 781pt
小説 2,019 位 / 140,623件 恋愛 1,008 位 / 43,547件
文字数 313,473 最終更新日 2021.12.22 登録日 2021.07.01
アデラインは、幼少期のトラウマで恋愛に否定的だ。 だが、そんな彼女にも婚約者がいる。結婚前提で養子となった義弟のセスだ。 けれど、それはあくまでも仮の婚約者。 義理の弟セスは、整った顔立ちで優しくて賢くて完璧な少年だ。彼には恋愛を嫌悪する自分よりも、もっとふさわしい相手がいるに違いない。 だからアデラインは今日も義弟に勧める、「早く素敵なご令嬢を見つけなさい」と。 セスは今日も思い悩む。 どうやったら恋愛に臆病な彼女に振り向いてもらえるのだろう・・・と。 これは、そんな健気な義弟の恋愛奮闘記。
24hポイント 127pt
小説 9,531 位 / 140,623件 恋愛 4,694 位 / 43,547件
文字数 268,502 最終更新日 2021.06.20 登録日 2021.01.09
恋愛 完結 短編 R15
この世界にあるただ一つの大陸。その上空に突如現れた巨大な流れ星。それが落ちて来るのは今から三日後だという。 各国の王は声明を出した。「この世界は三日後に滅ぶ。各人、思い残すことのないように残された日を過ごすように」 それぞれが思い思いに最後の三日間を過ごす。 ある者は、それまで決して表に出すことのなかったことのなかった恋を打ち明ける。 ある者は、それまでの日々を振り返り、愛する者に感謝する。 ある者は、ずっと抑えてきた復讐心を開放する。 星が衝突する最後の日、彼らはどんな思いでその時を迎えるのだろうか。
24hポイント 28pt
小説 22,048 位 / 140,623件 恋愛 10,585 位 / 43,547件
文字数 66,733 最終更新日 2021.05.14 登録日 2021.04.23
朝に目が覚めて、俺は絶望する。 また今日という永遠が始まったーーー。 取材で、とある海辺の漁師町にやって来た俺は、なぜかその日が永遠に繰り返すという無限ループから抜け出せなくなってしまった。 永遠に続く今日という一日。 驚きも怒りも絶望も通り越して、やがて無感覚になった俺は、とある出来事をきっかけに生きる意味を取り戻す。 そして、やっとこのループの意味を知ったんだ。 そう、それはすべて、君という運命に出逢うためーーー 日々リセットされる「今日」を生きる主人公が、同じくリセットされるヒロインとの出会いを繰り返し、絶望しながらも諦めずに頑張り続けて、最後にやっとループを抜け出すまでのお話。 * 10話の終わりまでヒロインは出て来ません。 そこまではモノローグのイメージでお読みください。ヒロインと出会ってもループの苦悩は続きます。
24hポイント 71pt
小説 13,660 位 / 140,623件 恋愛 6,796 位 / 43,547件
文字数 46,664 最終更新日 2021.04.26 登録日 2021.04.09
恋愛 連載中 長編
出会いは、ブライトン公爵邸で行われたガーデンパーティ。それまで婚約者候補の顔合わせのパーティに、一度も顔を出さなかったエレアーナが出席したのが始まりで。 彼女のあまりの美しさに、王太子レオンハルトと宰相の一人息子ケインバッハが声をかけるも、恋愛に興味がないエレアーナの対応はとてもあっさりしていて。 優しくて清廉潔白でちょっと意地悪なところもあるレオンハルトと、真面目で正義感に溢れるロマンチストのケインバッハは、彼女の心を射止めるべく、正々堂々と頑張っていくのだが・・・。 王太子妃の座を狙う政敵が、エレアーナを狙って罠を仕掛ける。 忍びよる魔の手から、エレアーナを無事、守ることは出来るのか? 彼女の心を射止めるのは、レオンハルトか、それともケインバッハか? お話は、のんびりゆったりペースで進みます。
24hポイント 220pt
小説 6,563 位 / 140,623件 恋愛 3,175 位 / 43,547件
文字数 529,041 最終更新日 2021.03.02 登録日 2020.07.06
恋愛 完結 長編 R15
ふたりの出会いは森の奥深く。 怪我もしていないのに、なぜか瀕死の状態だった天才魔法使い、アユールをある女の子が助けたのがきっかけで。 アユールに一目惚れした少女サーヤは、かいがいしく世話を始める。声を出せないけれど、明るく元気なサーヤが気になるアユールだったが・・・。 実は、サーヤの声には呪いがかけられていたことを知り、王国一の(自称)魔法使いとしての誇りにかけて、・・・というより、サーヤへの恋心にかけて、その呪いを解くことを誓う。 どこか訳アリの魔法使いと、どこか訳アリの女の子の出会いから始まる、あったかラブストーリー。
24hポイント 92pt
小説 11,691 位 / 140,623件 恋愛 5,809 位 / 43,547件
文字数 228,142 最終更新日 2020.10.14 登録日 2020.08.07
「身体の相性が心配なのです」 「・・・は?」 とある事情で家督を受け継ぐことになった次男、リュークザインは、当主としての責任を果たすべく、ふさわしい伴侶を探し始めた。山とつけた条件をクリアできたたった一人のハイスペックなご令嬢とお見合いをするが、そのご令嬢は、なかなか合理的、かつ理論的で・・・。 言われる事にタジタジとなりながらも、気が付けば、その令嬢に心惹かれている自分に気付くリュークザイン。 政略結婚の筈だったのに、どうしてこうなった? 連載小説「王太子と宰相の一人息子は、とある令嬢に恋をする」に出てくるサブキャラクター、リュークザイン・ライプニヒのスピンオフストーリーです。 こちらの話は、上記小説でも第141話~150話にかけて掲載する予定です。 上記小説と、本小説では少しだけ表現が異なる部分がありますが、大筋は同じです。
24hポイント 113pt
小説 10,283 位 / 140,623件 恋愛 5,084 位 / 43,547件
文字数 22,538 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.09.03
11