【完結】 いいえ、あなたを愛した私が悪いのです

それは親切な申し出のつもりだった。

あなたを本当に愛していたから。

叶わぬ恋を嘆くあなたたちを助けてあげられると、そう信じていたから。


でも、余計なことだったみたい。

だって、私は殺されてしまったのですもの。

分かってるわ、あなたを愛してしまった私が悪いの。


だから、二度目の人生では、私はあなたを愛したりはしない。


あなたはどうか、あの人と幸せになって ---




※ R-18 は保険です。
24hポイント 447pt
小説 3,830 位 / 140,352件 恋愛 1,898 位 / 43,427件