三月べに

三月べに (著者名:三月べに(望月べに))

人見知りですが、物語を描くのが大好きです!
51 123
恋愛 連載中 長編 R15
乙女ゲームの悪役令嬢として、婚約破棄をされた瞬間、前世の記憶を取り戻したリガッティー。 全く覚えのない罪は、確かにゲームシナリオのもの。どうやら、ヒロインも前世持ちで、この展開を作り上げた模様。 しかも、逆ハーエンドが狙いだったらしい。まったく。現実を見てほしい……。 とにかく、今は進級祝いパーティーの最中。場所を改めるように、進言。婚約破棄&断罪は、一旦中断。 進級祝いパーティーをあとにして、悶々と考えた末、少しの間だけでも息抜きに冒険者をやることにした。 指導者としてペアを組んだのは、一つ歳上の青年ルクト。彼は、なんとS級ランクの冒険者だった! しかも、学園の先輩!? 侯爵令嬢で元王妃予定の悪役令嬢リガッティーが、気晴らしに冒険者活動で新人指導担当の規格外に最強すぎるイケメン先輩冒険者ルクトと、甘々多め、レベル高めな冒険を一緒に楽しむ話! 【※※※悪役令嬢vsヒロイン(と攻略対象×3)のざまあ回あり!!!※※※】
24h.ポイント 30,304pt
小説 61 位 / 183,614件 恋愛 46 位 / 55,977件
文字数 97,947 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.17
恋愛 完結 短編 R15
 幼い頃に婚約した殿下が、私の初恋である。  しかし、殿下は殿下で『初恋の女の子』に夢中。婚約直後に高熱を出したせいで記憶があやふやではあるが、出会った女の子が忘れられないと語る。  『初恋の女の子』と比べて貶してくる殿下に、私の初恋はしぼみ、ついに『初恋の女の子』が隣国の王女だと突き止めた殿下は「婚約破棄」を突き付けた。もう私の初恋は終わったので、受け入れた。  そんな私の元に駆け付けた学園のクラスメイト、辺境伯令息が婚約を申し込む。 「僕は苦しみからも、君を連れ去るよ」  その後、無事、隣国の王女と婚約が成立して、祝いのパーティーの隅っこでお酒をたしなんでいた私は、ついうっかり「殿下が話している『初恋の女の子』は、かなり美化されているけれど、私のことよ」と友人達に口にしてしまった。 「元々、政略結婚は建前で、婚約も彼の気持ちが先走ってちょっと強引に結ばれたもの。そのあと高熱が出てすっかり忘れてしまったのよね」  嘘をついてまで嫁ぐ隣国の王女への怒り。それに騙されている初恋の王子への情けなさ。うっぷんを晴らすために酔いの勢いで明かしてしまったのだった。
24h.ポイント 1,519pt
小説 827 位 / 183,614件 恋愛 397 位 / 55,977件
文字数 18,654 最終更新日 2024.04.02 登録日 2024.04.01
恋愛 連載中 長編
【なろう、から移行しました】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばかりで忙しく目眩を覚えていたが……。 ある日、最強と謳われる獣人傭兵団が、店に足を踏み入れた。 獣人傭兵団ともふもふまったり逆ハーライフ! 【第一章、第二章、第三章、第四章、第五章、六章完結です】 書籍①巻〜⑤巻、文庫本①〜④、コミックス①②巻発売中!
24h.ポイント 1,143pt
小説 1,057 位 / 183,614件 恋愛 501 位 / 55,977件
文字数 719,469 最終更新日 2024.03.09 登録日 2017.02.16
恋愛 完結 長編 R15
デビュタントが行われる王宮のパーティー会場で、赤いジュースを髪に浴びてしまった令嬢は、夜の庭園で拭う。ベージュ色の髪を夜空の月光色に変えて。 王宮の方に、こちらを見る同じ月光色の長髪の男性が見えて、慌てたが手遅れ。彼が来てしまった。同じ美しい月光の髪色を持つ男性を見上げて、拭い終わった髪をベージュ色に戻すと彼は息を呑んだ。カーテシーをして、無言を貫いた。 「(実の父親と会うなんて、赤ん坊の時以来か)」と冷静に思う令嬢。 彼は実の父親であり、この国の皇帝陛下なのだ。 しかし、事情が複雑。自分に興味を示す皇帝に、せめて皇妃と話せと言っておく。 事故で生まれた令嬢。引き取った母親の家族には冷遇されているが、魔法と頭の良さを活かして生き延びてきた。 唯一心を許せる身内は、一つ上の従兄のみ。そんな従兄が、学園の稽古場で暴君と悪名高い公爵令息に痛めつけられているところを目撃。飛び込んで、応戦。 「暴れ馬が。手綱で絞め殺してやろうか」「っ!」 皇帝の隠し子な転生者令嬢とツンデレ暴君な公爵令息!
24h.ポイント 745pt
小説 1,586 位 / 183,614件 恋愛 759 位 / 55,977件
文字数 40,789 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.02.26
恋愛 完結 短編 R15
あがり症だと気付かれないようにポーカーフェイスを保ってきた『完璧令嬢』のキャロット。 そのせいで婚約破棄をされたが、ギリギリのところで持ちこたえた。 奇跡的にも次の縁談はやってきたが、もうポーカーフェイスを保てそうにないと、涙目で訴えてしまう! しかし、次の縁談相手。若き黒のクローディオ・ロジェット公爵閣下は、喜ぶ。 「どんなあなたでも受け入れるよ」 溺愛。むしろ重すぎる愛で包み込んで甘やかし!? バレンタインデーに合わせて【『ただ身を委ねて?』系スパダリ溺愛ヤンデレシリーズ第一弾。】投稿。
24h.ポイント 440pt
小説 2,641 位 / 183,614件 恋愛 1,282 位 / 55,977件
文字数 16,987 最終更新日 2024.02.14 登録日 2024.02.14
恋愛 完結 短編 R15
学園のパーティーの最中に、侯爵令息が叫ぶ。婚約破棄だと。 突き付けれたのは、大きな眼鏡で顔がよく見えない侯爵令嬢・オリン。 侯爵令息と親しくしている子爵令嬢に陰湿な嫌がらせをしたと断罪すると声高々に告げた。 「失礼ながら、私の婚約者はちゃんと別にいて、あなたではないです」 オリンは、冷静にそう否定からした。 辛辣な反論に、カッとなった侯爵令息が手を上げたことで、眼鏡が落ちた。そこで現れたのは、騎士科の美貌の公爵令息・リュート。侯爵令息を突き飛ばして、眼鏡を拾い渡すと、「痛いところはない?」ととびっきり甘く優しく尋ねた。彼こそ、婚約者。 パーティー会場は騒然とした。何故なら、彼には謎の美女である恋人がいると噂だったのだから。 婚約破棄だけど、婚約関係ではない。地味眼鏡だけど、実は美女。穏やかな美貌の公爵令息だと評判だけど……?
24h.ポイント 759pt
小説 1,558 位 / 183,614件 恋愛 747 位 / 55,977件
文字数 10,676 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.02.11
恋愛 完結 長編
実は傲慢不遜な竜人の王太子の『運命の番』であることを自覚している白豹の獣人のご令嬢は、虐げられても毎日のように挨拶に向かう。 『運命の番』の救済処置、333日の期間を経ても決意が揺らぐなら『番宣言』をしなければ、『番の資格』を放棄出来るため。 力が強い故に、番感知が乏しい竜人は何日顔を合わせても気付かない。他の令嬢の腰を抱いて、「お前は番にすらなれない!」と罵る傲慢王太子。 ――――お望み通り。私はあなたの何者にもならない。 (なろうにも掲載)
24h.ポイント 1,029pt
小説 1,163 位 / 183,614件 恋愛 550 位 / 55,977件
文字数 25,193 最終更新日 2024.02.05 登録日 2024.02.02
恋愛 完結 長編 R18
死に戻りを繰り返し、三回目。もう嫌になっていた悪役令嬢・ディナ。 どうせ死ぬならちょっと遊ぼうと軽率に悪魔を召還したが、その悪魔と意気投合したために、遊びまくり。しかしそれでも、やはり死ぬ羽目になった。 後悔は一つ。悪魔・ゼノヴィスを泣かせてしまったことだけ。 四回目。どう生き抜こうか、またはどう死に戻らずに済むか、考えている間に頭痛を覚えた。その頭痛はあの悪魔が封じられている方へ近づくと痛みが和らぐと気付いて、会いに行った。すると、彼は前回を覚えていて、泣きながら生きている悪役令嬢を抱き締めた。 死に戻りを繰り返す悪役令嬢と、気のいい溺愛ヤンデレ悪魔は、今回はハッピーエンドを目指す! (※ざまぁも目指す! ヤンデレ悪魔とのらぶえっち!※)
24h.ポイント 397pt
小説 2,915 位 / 183,614件 恋愛 1,401 位 / 55,977件
文字数 70,418 最終更新日 2024.01.01 登録日 2023.12.24
恋愛 完結 短編 R18
酔い潰れた翌朝。やけに身体が重いかと思えば、ベッドには自分だけではなく、男がいた! しかも、第三王子であり、所属する第三騎士団の団長様! 一夜の過ちをガッツリやらかした私は、寝ている間にそそくさと退散。まぁ、あの見目麗しい団長と一夜なんて、いい思いをしたと思うことにした。が、そもそもどうしてそうなった??? と不思議に思っていれば、なんと団長様が一夜のお相手を捜索中だと! 団長様は媚薬を盛られてあの宿屋に逃げ込んでやり過ごそうとしたが、うっかり鍵をかけ忘れ、酔っ払った私がその部屋に入っては、上になだれ込み、致した……! あちゃー! 氷の冷徹の団長様は、一体どういうつもりで探しているのかと息をひそめて耳をすませた。
24h.ポイント 418pt
小説 2,776 位 / 183,614件 恋愛 1,342 位 / 55,977件
文字数 14,184 最終更新日 2023.12.18 登録日 2023.12.17
想い合って婚約したというのに、神託で繁栄をもたらす令嬢と婚姻すべきと告げられたせいで、王家の王命で婚約を解消させられて、王子と婚約する羽目になってしまった令嬢。 「天の神からのお告げだというなら、私が道連れにしてでも地獄を見せてみましょう」 ブチ切れた令嬢の自滅覚悟の宣戦布告。
24h.ポイント 305pt
小説 3,772 位 / 183,614件 恋愛 1,784 位 / 55,977件
文字数 5,513 最終更新日 2023.12.04 登録日 2023.12.04
恋愛 完結 長編 R15
古川七羽(こがわななは)は、自分のあか抜けない子どもっぽいところがコンプレックスだった。 新たに人の心を読める能力が開花してしまったが、それなりに上手く生きていたつもり。 ひょんなことから出会った竜ヶ崎数斗(りゅうがざきかずと)は、紳士的で優しいのだが、心の中で一目惚れしたと言っていて、七羽にグイグイとくる! 実は御曹司でもあるハイスペックイケメンの彼に押し負ける形で、彼の親友である田中新一(たなかしんいち)と戸田真樹(とだまき)と楽しく過ごしていく。 新一と真樹は、七羽を天使と称して、妹分として可愛がってくれて、数斗も大切にしてくれる。 しかし、起きる修羅場に、数斗の心の声はなかなか物騒。 ややヤンデレな心の声!? それでも――――。 七羽だけに向けられるのは、いつも優しい声だった。 『俺、失恋で、死んじゃうな……』 自分とは釣り合わないとわかりきっていても、キッパリと拒めない。二の足を踏む、じれじれな恋愛模様。 傷だらけの天使だなんて呼ばれちゃう心が読める能力を密かに持つ七羽は、ややヤンデレ気味に溺愛してくる数斗の優しい愛に癒される? 【心が読める私に一目惚れした彼の溺愛はややヤンデレ気味です。】『なろうにも掲載』
24h.ポイント 298pt
小説 3,860 位 / 183,614件 恋愛 1,821 位 / 55,977件
文字数 410,278 最終更新日 2023.10.30 登録日 2023.06.03
恋愛 完結 短編 R15
聖女リューリラ(19)は、ネイサン王太子(19)に婚約破棄を突き付けられた。 『慈悲の微笑の聖女様』と呼ばれるリューリラは、信者や患者にしか、微笑みを向けない。 婚約者の王太子には、スンとした無表情を見せるばかりか、嫌っているような態度まで見せる。 『慈悲の聖女』に嫌われていると、陰で笑われていると知った王太子は、我慢の限界だと婚約破棄を突き付けた。 (やったぁ!! 待ってました!!) 思惑通り、婚約破棄をしてもらえたことに、内心満面の笑みを浮かべていたリューリラだったのだが。 王太子は、聖女の座を奪った挙句、「オレが慈悲をくれてやる!!」と皮肉たっぷりに、次の縁談を突き付けたのだった。 (クソが!! また嫌われるために、画策しないといけないじゃないか!!) 内心で荒れ狂うリューリラの新しい婚約者は、王太子の従弟にして若くして公爵になったばかりのヘーヴァル(17)。 「爵位を受け継いだばかりで、私のような元聖女である元婚約者を押し付けらるなんて、よほど殿下に嫌われてしまっているのですか?」 「うわあ。治療するわけでもないのに、リューリラ様が、微笑んでくださった! 早速あなたの笑顔が見れて、嬉しいです!」 憐れんで微笑んだだけなのに、無邪気に大喜びされて、これは嫌われることが難しいな、と悟ったリューリラ。 年下ワンコのような公爵の溺愛を受けても、リューリラには婚約破棄をしてもらいたい秘密を抱えていた。 (『小説家になろう』サイトにも掲載)
24h.ポイント 241pt
小説 4,756 位 / 183,614件 恋愛 2,176 位 / 55,977件
文字数 24,216 最終更新日 2023.10.13 登録日 2023.10.13
恋愛 完結 短編 R15
 王子が自らの婚約者の悪事を暴いて、断罪するパーティー会場。高らかに、婚約破棄を突き付けた王子は、玉座のように置かれたソファーの前から吹っ飛んだ。  何が起きたかわからないパーティー参加者を置き去りに、婚約破棄を言い渡された令嬢は、艶やかな黒の巻き髪をふんわりと靡かせて、そのソファーにふんぞり返るように腰をかけた。 「それでは、本当の断罪を始めましょう」  琥珀の瞳を蠱惑に細めて、ほくそ笑む。  そのパーティー会場は、突如現れた悪魔族の力によって、扉も窓も開かなくなった。悪魔族達が従うのは、『魔王』の力を持つその令嬢、ただ一人だけだった。 ※3万文字数のダークに過激な断罪ざまぁモノ※ハッピーハロウィンテンション♪(2023年10月13日の金曜日♡)※ (『小説家になろう』サイトにも掲載)
24h.ポイント 198pt
小説 5,747 位 / 183,614件 恋愛 2,575 位 / 55,977件
文字数 31,323 最終更新日 2023.10.13 登録日 2023.10.13
 乙女ゲーの悪役令嬢に転生したリーンティア。王子の婚約者にはまだなっていない。避けたいけれど、貴族の義務だから縁談は避けきれないと、一応見合いのお茶会に参加し続けた。乙女ゲーのシナリオでは、その見合いお茶会の中で、王子に恋をしたから父に強くお願いして、王家も承諾して成立した婚約だったはず。  王子以外に婚約者を選ぶかどうかはさておき、他の見合い相手を見極めておこう。相性次第でしょ。  そう思っていた私の本日の見合い相手は、気だるげの公爵令息。面倒くさがり屋の無気力なキャラクターは、子どもの頃からもう気だるげだったのか。 「生きる楽しみを教えてくれ」  ドンと言い放つ少年に、何があったかと尋ねたくなった。別に暗い過去なかったよね、このキャラ。 「あなたのことは知らないので、私が楽しいと思った日々のことを挙げてみますね」  つらつらと楽しみを挙げたら、ぐったりした様子の公爵令息は、目を輝かせた。  そんな彼と、婚約が確定。彼も、変わった。私の隣に立てば、生き生きした笑みを浮かべる。  学園に入って、乙女ゲーのヒロインが立ちはだかった。 「アンタも転生者でしょ! ゲームシナリオを崩壊させてサイテー!! アンタが王子の婚約者じゃないから、フラグも立たないじゃない!!」  知っちゃこっちゃない。スルーしたが、腕を掴まれた。 「無視してんじゃないわよ!」 「頭をおかしくしたように喚く知らない人を見て見ぬふりしたいのは当然では」 「なんですって!? 推しだか何だか知らないけど! なんで無気力公爵令息があんなに変わっちゃったのよ!! どうでもいいから婚約破棄して、王子の婚約者になりなさい!! 軌道修正して!!」  そんなことで今更軌道修正するわけがなかろう……頭おかしい人だな、怖い。 「婚約破棄? ふざけるな。王子の婚約者になれって言うのも不敬罪だ」  ふわっと抱き上げてくれたのは、婚約者の公爵令息イサークだった。 (なろうにも、掲載)
24h.ポイント 319pt
小説 3,588 位 / 183,614件 恋愛 1,710 位 / 55,977件
文字数 13,730 最終更新日 2023.09.07 登録日 2023.09.06
恋愛 完結 短編
 事実ではない噂に惑わされた新国王と、二年だけの白い結婚が決まってしまい、王妃を務めた令嬢。  離縁を署名する神殿にて、別れられた瞬間。 「やったぁー!!!」  儚げな美しき元王妃は、喜びを爆発させて、両手を上げてクルクルと回った。  元夫となった国王と、嘲笑いに来た貴族達は唖然。  耐え忍んできた元王妃は、全てはただの噂だと、ネタバラシをした。  迎えに来たのは、隣国の魔法使い様。小さなダイアモンドが散りばめられた紺色のバラの花束を差し出して、彼は傅く。 (なろうにも、投稿)
24h.ポイント 653pt
小説 1,804 位 / 183,614件 恋愛 870 位 / 55,977件
文字数 12,883 最終更新日 2023.09.03 登録日 2023.09.03
BL 完結 短編 R15
元イケメン系女子の真は、腐女子な親友の日南と一緒に、異世界転生をしてしまう。そこは日南が愛するBLゲームの世界で、真は主人公・春野宮光一に転生していた! 「ここはBLゲームの世界! そしてあなたは主人公・春野宮光一! つまり光一はBLすべく生まれたのよ!!」 「うわぁああ! いい加減にしてくれよ!!」 BLゲームの通りに進めたい腐女子な親友だったが、光一は断固拒否! しかし、ある日、何気ない日常の中で、幼馴染の一人がとんでもないことをしたいと言い出して……?
24h.ポイント 35pt
小説 18,452 位 / 183,614件 BL 4,441 位 / 23,715件
文字数 10,114 最終更新日 2021.12.29 登録日 2021.12.29
恋愛 完結 長編
 聖女の座を奪われてしまったけど、私が真の聖女だと思う。だって、高校時代まで若返っているのだもの。  帰れないだって? じゃあ、このまま第二の人生スタートしよう!  衣食住を確保してもらっている城で、魔法の勉強をしていたら、あらら?  何故、逆ハーが出来上がったの?
24h.ポイント 475pt
小説 2,451 位 / 183,614件 恋愛 1,188 位 / 55,977件
文字数 81,466 最終更新日 2021.10.27 登録日 2020.10.23
 転生少女ロリィベネは、前世の呪いの言葉「もういらない」を聞いて、家を飛び出した。愛を注いでくれた父がいなくなった今、継母と妹に追い出されるだけ。  藁にも縋る思いで「私の……家族になってくれませんか?」と見知らぬ人に保護者になってほしいと頼む。  相手はなんと、獣精霊と呼ばれる森の支配者だった!  保護者になる代わりに、獣精霊は「聖女になってくれないか?」と告げる。
24h.ポイント 163pt
小説 6,650 位 / 183,614件 ファンタジー 1,187 位 / 42,139件
文字数 27,089 最終更新日 2021.10.02 登録日 2021.07.23
 本物の絆が欲しい。心繋がる誰かが欲しい。そう願っていた人生が終わってしまい、転生したら吸血鬼。吸血鬼ライフを満喫しつつも、前世で求めていたものを探す。 「私、本物の絆が欲しいんだ」 「……絆?」 「そう、絆。心から繋がるようなそんな絆を、いつか手に入れたいんだ」  男装幼女の元に集まるのは人外ばかり!?
24h.ポイント 56pt
小説 13,615 位 / 183,614件 ファンタジー 2,104 位 / 42,139件
文字数 78,916 最終更新日 2021.09.28 登録日 2019.04.05
ベネディは、唯一の家族である兄のパーティについてきて、雑務をこなしていた。 虐げられても、兄しかいなかった。 しかし、ある日、迷宮の奥地で置き去りにされてしまう。 酷い兄だと涙しながら、前世を思い返す。 ここでは死ねないとなんとか別の出口を探したが、うっかり踏み外して落ちてしまう。 そこで出会ったのはーーーー魔物の中でも強者のドラゴンだった。 ドラゴンは告げる。 ありがとうーーーーと。
24h.ポイント 99pt
小説 9,425 位 / 183,614件 恋愛 4,372 位 / 55,977件
文字数 9,842 最終更新日 2021.09.17 登録日 2021.09.17
51 123