婚約者の命令で外れない仮面を着けた私は婚約破棄を受けたから、仮面を外すことにしました

婚約者バルターに魔法が上達すると言われて、伯爵令嬢の私シエルは顔の半分が隠れる仮面を着けることとなっていた。

魔法は上達するけど仮面は外れず、私達は魔法学園に入学する。
仮面のせいで周囲から恐れられていた私は、バルターから婚約破棄を受けてしまう。

その後、私を恐れていなかった伯爵令息のロランが、仮面の外し方を教えてくれる。
仮面を外しても魔法の実力はそのままで、私の評判が大きく変わることとなっていた。
24hポイント 73,422pt
小説 40 位 / 111,412件 恋愛 31 位 / 32,039件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

その“婚約破棄”を待ち望んでおりました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:35950pt お気に入り:4032

殿下、婚約破棄して頂けますか?……え、それほんとですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:94496pt お気に入り:839

地味な私は壁の華でいたい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:119884pt お気に入り:4810

離婚しましょうね。だって貴方は貴族ですから

恋愛 / 完結 24h.ポイント:49316pt お気に入り:4085

前代未聞の婚約破棄~なぜあなたが言うの?~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:171040pt お気に入り:8374