死神見習いと過ごす最後の一年

 ある日俺の家に押しかけてきたのは、死神見習いを自称する少女だった。
俺に残された日は、あと364日。転生先はダンゴムシ?!
しだいに膨らむ死の恐怖と戦いながら、俺は、とにかくこの世を生き切ることにした。
24hポイント 0pt
小説 76,887 位 / 76,887件 恋愛 20,250 位 / 20,250件