レベルアップがない異世界で転生特典のレベルアップしたら魔王として追われケモ耳娘たちとひっそりスローライフ。けど国を興すか悩み中

トラックから猫を助けて死んだ俺は、『白い部屋の管理者』に、「このままだと『命』が世界を蝕むので、異世界転生して『命』を消費してもらう」と転生させられた。

転生特典として、魔物を殺すと魔素を奪いレベルアップするチート能力をもらい、レベルアップのないリアル世界で無双する予定が、レベルアップで得た身体能力の異常さから、この世界にはいないはずの『魔王』と呼ばれて手配されてしまう。

レベルアップの副作用か誤動作か、二人のケモ耳娘を子育てしながら、住む場所を開拓しつつ、のんびりスローライフ満喫のはずが、『魔王』として、異世界は許してくれなかった。

【読んで騙されたにならないために】
・転生した異世界は、魔物はいますが、レベルアップ、魔法、冒険者ギルドなどはなく、よくあるゲームっぽい世界観ではありません(それを転生特典のレベルアップとその副作用?で、どう切り開いていくか、という展開です)
・エルフや獣人族などは滅亡していて基本いるのは、「人」か「(野生動物もすべて)魔物」です(なのに、ケモ耳の娘たちができます)

テーマ:「どんなことをしても、この異世界でできた家族たちと、ほのぼの生きてやる」

もし続きを読みたい方がいらっしゃいましたら、お気に入り登録をお願いします。
再開するとしたら、ひっそりなので。

表紙イラストは、lllust ACより、さんかく。様の作品を使用させていただいております。
24hポイント 42pt
小説 17,782 位 / 140,015件 ファンタジー 3,176 位 / 34,291件