現代文学 幻想的小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 幻想的×
2
黒い娘は世が忌む闇を愛する。笛が三つ鳴ったなら、黒い瞳へ吸い込まれましょう。 霧子の至福は闇夜にある。 闇のような黒い瞳のこだまに見つめられると、闇夜に綿毛がふわふわ溢れる感覚を覚える。 こだまといつまでも一緒に居たいと願うから、霧子は愛を告げられず、こだまとの約束が叶う日を待つ。
24hポイント 0pt
小説 77,306 位 / 77,306件 現代文学 3,325 位 / 3,325件
文字数 7,351 最終更新日 2020.02.29 登録日 2020.02.24
ある雨の日、びしょ濡れの美しい女が落葉樹の元に佇んでいた。 彼は一目で心を奪われた。 その一夜の鮮明な記憶に、彼は再び彼女との邂逅を求めて各地を巡っていた。 ある日彼は強い芳香に誘われて月下美人と出逢う。 月下美人は花開くまで三年を要す。 それは彼が捜しものを始めて三年が経た瞬間だった。 彼女のように儚く美しい神秘的な大輪の花を見つめ続けた彼に突如と変化は訪れた。
24hポイント 0pt
小説 77,306 位 / 77,306件 現代文学 3,325 位 / 3,325件
文字数 6,552 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.11.12
2