大衆娯楽 サスペンス小説一覧

カテゴリ 大衆娯楽
タグ サスペンス×
6
 折原奈美と折原優矢は五歳離れた姉弟として共に暮らしていたのだが、誰にも知られてはならない恋愛関係にもあった。しかし、その想いを絶つ為に現在は離れて暮らしていた。  そんなある日、優矢が宝くじ一等を当選する。それにより、両親の命日以外に顔を合わす事のなかった二人は、両親に当選を報告するという名目で、二人きりで会う約束をする。  現在もまだ奈美が一人で住んでいる久しぶりの実家を訪れた優矢は、自室だった部屋の中が以前と変わっていない事に愕然とする。更に、昔を思い起こさせるような素振りを見せる奈美の真意が判らず、動揺が強まっていく。優矢は昔、奈美を妊娠させてしまったという負い目があった。その事で、奈美が自殺未遂をしたからだ。なので、直接罵られた事こそないもののそれは奈美が心の優しい人だからであり、心底では恨んでいるのではないか、と。  しかし、それは優矢の誤解であった。奈美はその時、妊娠を望んでいた。だから喜んだ。けれど、流産してしまった。それで、自殺しようとしたのだ。奈美は優矢を未だ愛していた。殺してしまいたいくらいに。  そうすれば何処にも行かない。  誰とも会わない。  故に、想いも変わらない。  ………棄てられる事もない。  いつからかそれぞれの行動や言動を自身の想いと思いのみで解釈し、伝え合わないできたその結果、二人はすれ違い、苛まれ、病み、蝕まれ、壊れていった。  そして、  それは今も続く。  奈美はずっと、  優矢から永遠の愛を得たかった。  例えば、  三億円を独り占めしようとしても  変わらず愛し続けてくれるくらいの。  例えば、  実の姉弟つまり血縁ではなくとも、  見捨てる事のないくらいの。  そんな、不変の愛情を。
24hポイント 7pt
小説 18,704 位 / 60,479件 大衆娯楽 444 位 / 1,841件
文字数 106,783 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
2
大衆娯楽 完結 ショートショート
閉じ込められた部屋で、体をロープで縛られた俺。犯人が去り際に時限爆弾のタイマーは刻々と進む。カウンターの数字が100になったら、爆発してしまう。絶体絶命の状況に、俺は……
24hポイント 0pt
小説 60,479 位 / 60,479件 大衆娯楽 1,841 位 / 1,841件
文字数 836 最終更新日 2019.06.23 登録日 2019.06.23
3
大衆娯楽 連載中 長編 R15
 坂上健太郎、及川隼人、橋本詩織の三人は子供の頃からの幼馴染で親友同士だ。  毎年、クリスマスイブに遊んでいた三人だったが今年は十二月二十三日に遊ぶことになった。その理由は、橋本詩織に彼氏が出来たから。  そんな十二月二十三日。  坂上健太郎の元へと一つの小荷物が届く。中に入っていたのは小さな指輪。  親友の隼人の悪戯と考えた健太郎は、ふざけた内容の手紙と共に入っていたその指輪を嵌め、待ち合わせのカラオケ店へと向かう。  上手く回っているように見えていた彼の日常は……この日、全てが狂い始めた。  ※ 三人称→一人称×3の四部構成で考えています。
24hポイント 0pt
小説 60,479 位 / 60,479件 大衆娯楽 1,841 位 / 1,841件
文字数 24,976 最終更新日 2019.08.14 登録日 2019.08.12
4
大衆娯楽 完結 ショートショート
般若心境を書いたトイレットペーパーを販売する芳一ペーパーカンパニーでセールスマンとして勤める公太郎は、ある日、一匹のハムスターに命を狙われる。 後輩の幸志は半信半疑で彼の側についてやることにする。 新人の裕子は面白半分で彼の側についてやることにする。 忍び寄るハムスターに怯える公太郎。 一方で苛立ちを募らせる幸志と変わらぬ笑顔の裕子。 しかし終わりに、彼らの感情は合致することになる。 pixivは表紙が違うよ🐹
24hポイント 0pt
小説 60,479 位 / 60,479件 大衆娯楽 1,841 位 / 1,841件
文字数 4,270 最終更新日 2019.08.27 登録日 2019.08.27
 携帯しているスマートフォンに何件もの着信があったという事に山下宏典が気づいたのは、その最後から数えて大凡で小一時間は経過した後であった。愛機であるところのそのスマートフォンのディスプレイに表示されていた着信の数は十三件。そして、そのどれもこれもが同一人物からのものだという事を知った山下は、その人物からのものという事実に逡巡する。何故ならその人物とは、約半年前に別れてからこの日まで疎遠となっていた笹原由奈だったからだ。  逡巡が焦燥にクラスチェンジする中、山下は笹原にコールする。暫しして聞いた半年ぶりの声は、暗く沈んだ音色をしていた。イヤな予感がする。付き合っていた頃の事が蘇る。悪寒が走る。そしてそのとおり笹原が発した次の言葉は、自殺を仄めかすものだった。  結局のところ、笹原が命を落とすという事態にはならなかった。しかし、違う問題が提示された。笹原が自殺を図っていた際、何者かによる放火も同時進行していたのだ。全身に火傷を負った笹原は現在、病院で生活している。山下は足繁くお見舞いに通う。半年ぶりの再会と笹原が背負う現状に、山下の心は激しく揺れ動く。罪悪感。そして、背徳感。山下は笹原に溺れていった。  そんな中、笹原を担当する医師でもある芹澤が殺害される。犯人は放火も実行した人物だった。山下は複雑な心境を内包しつつ、笹原との今後を考える。  一方で笹原は、事態の経過に大満足していた。これは、恐ろしい企みと危ない賭けによって漸く手にした幸せだったからだ。  そう、全ては。  笹原の思惑どおりに進んでいた。  ………、  ………、  筈だったのだけれど。
24hポイント 0pt
小説 60,479 位 / 60,479件 大衆娯楽 1,841 位 / 1,841件
文字数 245,109 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
さよならハニー 雨雲が 夜の空を覆い 幾つもの 冷たい粒を落とす その粒の 幾つかに叩かれ 吐く息が 白く靄がかる ウチは今 想い人に寄り添われ 町を出る 追われる身となる前に 視線を向けると 笑顔で包み込んでくれた ウチは頼りないけれど 誰にも渡したくない 漸くこうして 叶ったのだから 知ってしまったの もう忘れられないのよ 過ちの先で 結ばれたとしても 泣いてなんかない 頬を伝うのは雨 失いたくないの 進み行く この道は険しくて 行くあては 何一つ浮かばない けれどでも 期待せずにいられない 温もりが 未来を照らす ウチはもう 後戻りデキない 咎を背負い その代わり愛を得た いつまでこうして 二人でいられるのだろうか ウチは頼りないけれど 誰にも渡したくない 漸くこうして 叶ったのだから 知ってしまったの もう忘れられないのよ 過ちの先で 結ばれたとしても 泣いてなんかない 頬を伝うのは雨 失いたくないの 寂しかったのよ ずっと苦しかったのよ 悲しかったのよ アナタとこうなるまでは ウチは頼りないけれど 誰にも渡したくない 漸くこうして 叶ったのだから 知ってしまったの もう忘れられないのよ 過ちの先で 結ばれたとしても 泣いてなんかない 頬を伝うのは雨 失いたくないの 雨上がり晴れた空 流れ星きらり 届け ウチの声………
24hポイント 0pt
小説 60,479 位 / 60,479件 大衆娯楽 1,841 位 / 1,841件
文字数 75,411 最終更新日 2019.10.19 登録日 2019.10.19
6