男色小説一覧

タグ 男色×
3
1
BL 完結 長編 R18
織田信長には森蘭丸という美少年の愛人がいた! というのは、知る人ぞ知る有名な話 でも、実際はどうだったの? どれくらい愛されてたの? 知れば知る程、ビックリ! 実際の歴史の中で繰り広げられたリアルBLに唸る事請け合い イメージばかりが先行の森蘭丸の実像に迫る 愛人として側近として晩年の信長を健気に支える彼の姿を描きます  官能描写多々あり でも純愛 泣けるけど笑える戦国時代絵巻 マジメに時代考証してますからエロい歴史物としても楽しめるかも 厳つい戦国物に飽きたら、官能の戦国時代の扉を開いてみて! エブリスタと小説家になろうにも掲載してます 何か使いにくいし、バックアップも兼ねてこちらにも投稿
24hポイント 56pt
小説 7,133 位 / 59,045件 BL 1,090 位 / 5,047件
文字数 462,932 最終更新日 2019.04.29 登録日 2019.04.25
 山形県最上郡舟形町、東長沢には、「団十郎屋敷」なる場所がある。  その地には、「ここは初代市川団十郎の生誕地である」という言い伝えが残っている。  初代、市川團十郎の経歴は、「市川宗家代々」が伝えるとおりだが、ほかにも様々な説や言い伝えがあり、大変興味深い。  東長沢の伝説に端を発し、初代團十郎の諸説ある記録の断片を筆者なりに編み直した。  例えば、こんな初代市川團十郎の一生があったかもしれない。
24hポイント 21pt
小説 12,142 位 / 59,045件 歴史・時代 146 位 / 751件
文字数 70,268 最終更新日 2016.12.17 登録日 2016.11.28
3
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は享保。将軍・徳川吉宗の世子・徳川家重にはお気に入りの小姓がいた。その名は大岡兵庫忠光。表向きは言語障害を持つ家重の言葉を理解する優秀な小姓である。しかし、休日には大岡越前守忠相の命を受け、江戸市中を調査していた。忠光は陰間茶屋や湯屋、虚無僧の元に訪れて個性的な仲間達と事件を解決していく。江戸の平和を守るために二足の草鞋を履く青年の捕り物小説。
24hポイント 21pt
小説 12,142 位 / 59,045件 歴史・時代 146 位 / 751件
文字数 87,365 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.03.29
3