剣豪小説一覧

タグ 剣豪×
15
1
歴史・時代 連載中 長編 R15
剣と三味線、切ない恋と家族愛がテーマの長編本格時代小説。 本所松坂町の三味線師匠である岡安久弥は、三味線名手として名を馳せる一方で、実は一刀流の使い手でもある謎めいた浪人だった。 文政の己丑火事の最中、とある大名家の内紛の助太刀を頼まれた久弥は、神田で焼け出された少年を拾う。 出自に秘密を抱え、孤独に生きてきた久弥は、青馬と名付けた少年を育てはじめ、やがて彼に天賦の三味線の才能があることに気付く。 青馬に三味線を教え、密かに思いを寄せる柳橋芸者の真澄や、友人の医師橋倉らと青馬の成長を見守りながら、久弥は幸福な日々を過ごすのだが…… ある日その平穏な生活は暗転する。生家に政変が生じ、久弥は青馬や真澄から引き離され、後嗣争いの渦へと巻き込まれていく。彼は愛する人々の元へ戻れるのだろうか?
24hポイント 285pt
小説 5,128 位 / 140,726件 歴史・時代 30 位 / 1,572件
文字数 138,945 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.11
2
SF 連載中 長編
何故、こんなことになったのだろうか? 我が家が囲まれている!! 戦国時代に家ごとタイムスリップしたごく普通の家族による戦国絵巻?
24hポイント 170pt
小説 7,887 位 / 140,726件 SF 76 位 / 3,890件
文字数 742,096 最終更新日 2019.12.14 登録日 2017.04.03
  『治に置いて乱忘れず』  天下泰平の世において、余りにもストイックに武士たることを追求しつづけた一人の男がいた。その男の名は子龍。時代錯誤と揶揄された剣豪である。  その男の日常は常軌を逸したものであった。早朝より怒声と共に木刀の打ち込みをすること500回。その後、居合いをすること300回。終われば槍の稽古、弓、鉄砲と続き、最後は馬の稽古で締めとなる鍛錬を毎日欠かさずこなし続けた。 その狂人振りは鍛錬だけには収まらない。  様々な武具を集めては部屋に乱雑に置き部屋は武具で溢れかえっていた。兵法書も好み、読み集めた兵法書は1700冊を超えている。兵法書を読む合間も机を叩き拳を鍛えあげ、夜は合戦を想定し甲冑を着たまま就寝した。常在戦場を胸に掲げ、食事は玄米に味噌だけで過ごしてきた。  そんな男も69で病にかかり、その生涯を終えることとなる。男は人生を振り返り心の中で願った。 (せめて、一度でも己の修練の成果を発揮できる場があったらば…)  男はそのまま息を引き取った。  死んだはずであった男が次に目を覚ますと世界は一変していた。男は異世界で小国の第二王子として生きることになってしまった。  だが、男はこれを良しとはしない。若者を犠牲にしてまで果たしたい願いなどない。こうして男は、入れ替わってしまった身体の持ち主であるカイルが目覚めるのを待ちつつ、この身体を立派な武士として仕上げておくことを決意するのだった。  果たして、男はこの異世界で何を思い、どのような生き方を選択するのか。 武士×異世界の物語が今始まろうとしている。
24hポイント 71pt
小説 13,612 位 / 140,726件 ファンタジー 2,471 位 / 34,326件
文字数 81,481 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.04.29
 永禄九年九月。上野国箕輪城は武田信玄の猛攻によって落ちた。  城方だった新陰流の達人上泉信綱は、穴山信君の説得を受けて武田信玄に降る。だが、あろうことか信綱は、信玄への謁見の場で、隠居と新陰流流布の旅立ちを願うのだった。このとき信綱は、五十八歳。〈宿志〉実現には後のない年齢だった。  武将としての才を惜しむ信玄は、後日使者を派遣する旨言い置いて謁見の場を立つ。  一方、信綱の養子秀胤は、武田ではなく北条氏康に降ろうと考えていた。秀胤は、風魔小太郎と連絡を取り合いつつ、腹心猪子兵四郎に信玄の使者を斬るように命じる。  だが、そのもくろみは、富田一法斎なる兵法者の出現によって崩れ去る。武田の使者は無事到着し、信玄が信綱の隠居と新陰流流布の旅立ちを許したことを伝える。  武田の使者の去り際、猪子兵四郎を斬った富田一法斎が大胡城を訪ねてくる。翌日、富田一法斎と名乗るそっくりの人物が、もう一人信綱との試合を求めて大胡城を訪れてくる。不審に思った信綱が確認を命じると、始めに来た一法斎はいなくなっていた。二人の訪問の目的は何か?  同じ頃、上杉謙信に追われた忍びの名人加藤段蔵が〈新陰流陰の流れ〉の秘密とその奥義書を手に入れるべく上野国に現れる。秀胤の妻てるの方に仕える侍女早苗は、その段蔵の弟子だった。段蔵は早苗に命じて〈新陰流陰の流れ〉について調べ始めるが、それは新陰流へと至る〈陰の流れ〉の歴史を知ることだった。驚くべきことに、信綱には忍びの術が伝えられていたのである。  だが、どう調べても奥義書の存在がつかめない段蔵は、ついに上泉信綱と直接対決し、奥義書を奪おうと考える。  段蔵との戦いを制した信綱は、第二の人生を一介の兵法者として生きるために上泉城から旅立つのだった。
24hポイント 21pt
小説 25,192 位 / 140,726件 歴史・時代 195 位 / 1,572件
文字数 102,870 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.05.21
 ダリル・バスケスは傭兵を生業とするバスク人の剣士だった。  彼は雇われたジャカルタ行きのオランダ商船で、一人の日本人奴隷の若者トウジと知り合う。  彼の剣技に魅せられたダリルは、彼と剣の練習に励み、友情を育んでいった。  しかし、インドを経由して間もなく、トウジはマラリヤを患い、あっけなく死んでしまう。  ダリルはトウジの遺品である日本刀を携え、彼の遺族に会うため、そして、日本の剣術を知るために、長崎へと向かうのだった。
24hポイント 21pt
小説 25,192 位 / 140,726件 歴史・時代 195 位 / 1,572件
文字数 175,662 最終更新日 2021.05.22 登録日 2021.05.22
これが令和の忍法帖! 時は幕末。 薩摩藩が江戸に総攻撃をするべく進軍を開始した。 江戸が焦土と化すまであと十日。 江戸を救うために、徳川慶喜の名代として山岡鉄太郎が駿府へと向かう。 守るは、清水次郎長の子分たち。 迎え撃つは、薩摩藩が放った鬼の裔と呼ばれる八瀬鬼童衆。 ここに五対五の時代伝奇バトルが開幕する。
24hポイント 21pt
小説 25,192 位 / 140,726件 歴史・時代 195 位 / 1,572件
文字数 112,868 最終更新日 2021.05.17 登録日 2021.05.02
渡ったものが不幸に見舞われるという”四の渡し”。 渡し船の前でその呪いの縁を断ち切る紋切り刀を振るう柊寒多郎のもつ刀は錆び付いていて人を切ることはできない。 「戦乱が終わった徳川の世だ。これでいいのだよ。」 そう笑う寒多郎のもとには今日もワケありの客と戦国の残魂が舟に乗り込む。 ライトな時代劇ファンタジーです。時代劇苦手な人にも読みやすいように心がけます。 毎週2-3話ほど公開していきます。 色々とご意見、ご感想いただければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 歴史・時代 1,572 位 / 1,572件
文字数 39,825 最終更新日 2022.03.08 登録日 2021.12.29
剣の道より色の道。刹那の快楽に生きようと決めた流浪の剣客が挑んだ最後の戦いとは……?
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 歴史・時代 1,572 位 / 1,572件
文字数 25,989 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.27
ドアを開けると丘陵らしきものの上にいた・・ 現実世界で死を待つのみであった無職メンヘラ男が再び地球へ戻るために奮闘する。 見たことのない世界で頼るものは『英雄の力』を借りるというもの。 果たして男は再び生まれ故郷へ戻ることができるのか?
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 ファンタジー 34,326 位 / 34,326件
文字数 331,069 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.04.17
10
歴史・時代 連載中 長編 R15
元禄の頃の尾張、柳生家の次代当主である柳生厳延(としのぶ)は、正月の稽古始に登城した折り、見るからに只者ではない老人とすれ違う。いかにも剣の達人らしき様子に、丸に三つ柏の家紋を入れた裃……そして以前にも一度この老人を見たことがあったことを思い出し、厳延は追いかけて話を聞く。 その老人こそは嶋清秀。剣聖・一刀斎の薫陶を受け、新陰流きっての名人、柳生如雲斎にも認められながら、かつてただ一度の敗北で全てを失ったのだと自らを語った。 〝宮本武蔵がなごやへ来りしを召され、於御前兵法つかひ仕合せし時、相手すつと立合と、武蔵くみたる二刀のまゝ、大の切先を相手の鼻のさきへつけて、一間のうちを一ぺんまわしあるきて、勝負如此ニ御座候と申上し〟 伝説に語られる勝負に、しかし名を遺すことなく歴史の闇へと消えた剣士の、無念と悔悟の物語。
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 歴史・時代 1,572 位 / 1,572件
文字数 36,415 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.02.08
森多兵衛は、品川宿の、飲んでは暴れる守り神。     酒の切れ目が縁の切れ目、堪忍袋の緒も切れる。        浪々猩々酔漢無頼、乱れ乱れて今日も飲む―――。 品川宿の用心棒を主人公とした時代小説シリーズ。 第一集の今回は、七つの短編を収録。 兵衛は、行きつけの居酒屋での、藩士・大久保八蔵との将棋仕合をきっかけに、八州廻りも絡んだ捕り物に巻き込まれてしまった。 『人斬り天狗』 死んだと思った亭主の帰りに、後添えと暮らしていたおみわは慄いた。期せずして関わる羽目になった兵衛は、いかにしてこの事件を解決したか? 『亡霊妻敵討ち』 各話題名一覧 「人斬り天狗」 「亡霊妻敵討ち」 「清盛さん」 「喪家の狗」 「娘浄瑠璃」 「太鼓の利助」 「弁天来迎図」
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 歴史・時代 1,572 位 / 1,572件
文字数 70,507 最終更新日 2021.02.06 登録日 2021.02.06
12
キャラ文芸 連載中 長編 R15
封魔を生業とする晃志郎は、なじみの口入屋で鳩屋の娘から依頼を受ける。事件のカギは、「夢鳥」という謎の絵師。封魔奉行の娘、沙夜、その兄、龍之介とともに、晃志郎はしだいに事件にまきこまれていく。 この話はなろうとカクヨム、アルファポリスで連載しております。©秋月忍(2014/9/18)  しばらくの間、毎日18時更新です。
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 キャラ文芸 3,377 位 / 3,377件
文字数 247,148 最終更新日 2021.01.28 登録日 2020.11.30
史実では、剣豪・柳生十兵衛三厳には松と竹という二人の娘がいたという。 柳生十兵衛の娘、竹(たけ)はある日、父への果たし状を受け取る。 だが父が不在のため、代わりに自らが決闘に挑む。 【こんな方にオススメの小説です】 ■剣豪ものの時代小説が読みたい。 ■本格的なチャンバラが読みたい。 ■女性剣士の活躍が見たい。 ■柳生十兵衛の出る小説が好きで今まで他の作品も読んできた。 ※ノベルアッププラスにも掲載しています。 ※表紙画像はイラストACのフリー素材を使用しています。
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 歴史・時代 1,572 位 / 1,572件
文字数 14,931 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.05.02
14
ファンタジー 連載中 ショートショート R15
世界最強の刀使い「剣豪さん」が弱小パーティーのお守役!? 一話完結のショートストーリーです。 【登場人物】 剣豪さん:世界最強の剣豪。 リーダー:弱小パーティーの頼りないリーダー。 魔法さん:駆け出し初心者魔法使い。
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 ファンタジー 34,326 位 / 34,326件
文字数 4,151 最終更新日 2019.12.05 登録日 2019.10.06
徳川家の兵法指南役に二流派があった。 柳生新陰流と一刀流。 一刀流の小野忠常は、柳生新陰流の柳生十兵衛に御前試合で破れてしまう。 それから忠常は十兵衛を斬ることを生きがいとする。 そのころ島原で切支丹一揆が蜂起していた。 数奇な運命に翻弄される忠常は、再び不世出の天才剣士である柳生十兵衛と相まみえる。 一刀流と柳生新陰流の秘剣が激突する。
24hポイント 0pt
小説 140,726 位 / 140,726件 歴史・時代 1,572 位 / 1,572件
文字数 10,423 最終更新日 2019.05.01 登録日 2019.04.12
15