前世の因縁小説一覧

タグ 前世の因縁×
7
 齢千歳の白狐九尾狐の千樹が保護したのは、まだ幼い男の子だった。だだの人間の童だと思っていた千樹。だが、一向に探しにくる人間がいない。おかしいと思い頗梨に調べさせたところ陰陽師の子供であることが分かる。何より、その母親が有り得ない存在だった。知らず知らずのうちに厄介事を拾ってしまった千樹だが、それは蓋をしていた妖に転じる前の記憶を呼び起こす者だった。    今は閉鎖したサイト、メクるで公開していた作品です。小説家になろうの方にも公開しています。
24hポイント 959pt
小説 1,621 位 / 125,174件 ファンタジー 363 位 / 32,271件
文字数 128,581 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.11.20
2
恋愛 連載中 ショートショート
100年前、侯爵令嬢のローズは使用人のレイモンドに恋をした。身分違いの恋をローズの両親は許してはくれなかった。2人は来世で会うことを約束し、命を絶った。 そして今、2人は転生して出会った。だが、レイモンドは妹の婚約者になっていた。 レイモンドの姿はあの時と同じ…でもローズの姿は、あの美しかった姿とは正反対の地味でお世辞にも美人とは言えない姿だった。そして妹は、前世のローズの生き写しのような姿だった。
24hポイント 99pt
小説 8,240 位 / 125,174件 恋愛 3,533 位 / 35,776件
文字数 12,474 最終更新日 2021.02.17 登録日 2021.02.08
 14歳の夏休みに、母が父と別れて田舎の実家に帰ると言ったのでついて帰った。見えなくてもいいものが見える主人公、麻美が体験する様々なお話。    完結しました。長い間読んで頂き、ありがとうございます。
24hポイント 21pt
小説 18,556 位 / 125,174件 キャラ文芸 196 位 / 2,922件
文字数 117,666 最終更新日 2021.07.25 登録日 2019.11.27
4
恋愛 完結 長編 R15
平成最後の日、私の三十歳の誕生日であり命日になった――。 子供を庇ってトラックにひかれた私は、気がつくと三歳の女の子になっていた。異世界の貴族令嬢に生まれ変わったのだと知った。 「今度こそ人生を謳歌してやる!」 そう心に誓った私は父親に疎まれても全く気にしなかったのだが、ある出来事により父親へのざまぁを決意する。 「あなたを破滅させます。お父様」 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 21pt
小説 18,556 位 / 125,174件 恋愛 7,712 位 / 35,776件
文字数 258,527 最終更新日 2021.08.19 登録日 2021.04.29
5
BL 完結 長編 R18
目が覚めると古い神殿にいた黒須(クロス)の前に現れたのは、眉目秀麗な天使の男だった。男は混乱する黒須に、天使の城が人間に奪われた話をする。黒須はその時の天使の王の、男は王の従者の生まれ変わりだという。普通の人間だと否定する黒須だが、背中からは天使の王の印である黒い羽が生えていた。 前世の記憶も魔力もない、お馬鹿で快感に弱い天使の王と、王をちっとも敬っていない傲慢な従者。前世で因縁のあるふたりは、城の奪還に向かう。道中、襲いくる魔獣を倒していく従者を見た王は、悩んだ末に力を求める。だが、力の分け渡し方法は……
24hポイント 14pt
小説 21,883 位 / 125,174件 BL 4,285 位 / 13,566件
文字数 118,548 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.10.05
辺境伯を返上し、前世と同じく秘密結社の実行部隊員として生きる私。 今回の依頼は女性を弄んで棄てる公爵令息の抹殺だったが、自らを過信し相手を過小評価していたために任務に失敗してしまった。 死を覚悟した私だが、突然私を組み敷いていた男が豹変した。前世の人格と入れ替わったのだ。そして、それは何と前世の私の父親、相原融だった。 前世の父親と最悪な今生の邂逅を果たした九ヶ月後。 私の息子として生まれてきたのは、前世からの宿敵、《バーサーカー》、祐だった。 母子となっても、ほだされる彼ではない。いずれ彼は私を殺す。 けれど、どうしても息子である彼を殺せなかった私は今生の家族の元から逃げ出し一人で彼を育てる決意をした。 私達の行きつく先は殺し合いでしかない。 そう思っていたのだけれど――。 「あなたを破滅させます。お父様」の続編で前作のネタバレがあります。 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 125,174 位 / 125,174件 ファンタジー 32,271 位 / 32,271件
文字数 64,602 最終更新日 2021.11.03 登録日 2021.08.22
「あなたの前世は悪霊よ。それも、超ド級の怨霊。 其の辺の坊主や霊能者じゃ、裸足で逃げ出すんじゃない?」 ――初詣の帰り。露天の中で見つけた占い師告げられたのは、衝撃の前世。 でもちょっと待って。悪霊って、それ前世に入ります?
24hポイント 0pt
小説 125,174 位 / 125,174件 ファンタジー 32,271 位 / 32,271件
文字数 5,581 最終更新日 2017.12.07 登録日 2017.12.04
7