香木あかり

香木あかり

15
「第一王子殺害未遂でリディア・クローバーを死刑に処する!」 ゴーシュラン王国の聖女であったリディア・クローバーは、謂われなき罪で死刑判決を下された。 (嫌よ、死にたくないわ……こんな無実の罪で処刑されるなんて!) 死んでしまうのだと絶望していた時、とある二人の人物の尽力で死刑から追放処分となる。 「いいかい?君は表向きは死刑となる。だが、実際は国外追放処分だ」 何とか王国を抜け出した彼女の前に半妖精だという一家が現れ、彼女の人生は一変する。 「ここで暮らすと良い。聖女だった頃のことは忘れて、ゆっくりしなさい」 慈愛に満ちた人々の優しさに触れ、リディアは明るさを取り戻していく。 しかし、リディアを謂われなき罪に陥れた者たちの陰謀に再び巻き込まれ、翻弄されていく。 (もう誰かに利用されるなんて御免よ。私は王国のおもちゃじゃないわ!) 半妖精や妖精の力を借りて、彼女は王国の陰謀に立ち向かう。 「さあリディア、行こうか。君を苦しめた奴を地獄に落としてやろう」 ※他サイトにも掲載中です。
24hポイント 298pt
小説 4,708 位 / 143,725件 恋愛 2,358 位 / 44,837件
文字数 56,056 最終更新日 2022.06.11 登録日 2022.06.06
「メアリー・マクファーレン、お前との婚約を破棄する! 小賢しい手を使ってリリーを苛める女など、俺の婚約者として相応しくない」  突如頭の中に浮かんだこの光景。そうよ、この後メアリーは婚約破棄されて、マクファーレン家は没落する……。この記憶は――  マクファーレン伯爵家の使用人であるアンには前世の記憶があった。  彼女は、前世で読んでいた小説の世界に転生してしまったのだ。登場人物として名前も出てこないモブの一人として……。 (ここが本当に小説の中の世界なら、マクファーレン家は没落……私は職場を失う!) (そんなの嫌よ! 私はこの屋敷で楽しく働いて、沢山お金を貯めて、老後はのんびり過ごすって決めてるんだから!)  自分の生活を守るため、アンは悪役令嬢が婚約破棄されるのを防ごうと奮闘する。
24hポイント 156pt
小説 7,752 位 / 143,725件 恋愛 3,733 位 / 44,837件
文字数 5,932 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
恋愛 完結 短編 R15
「たかが一度の過ちじゃないか……これくらい水に流せよ。頭の固い女は嫌われるぞ」 私メアリーは今日まで3年間、ラングトリー公爵夫人としての役目を果たしてきました。 ですが、もうすぐ公爵夫人ではなくなりそうです。 今まさに旦那様の不倫を問い詰めて、離婚しようとしているのですから。 「旦那様、一度ではなく十三度目でございます。水に流し過ぎて、私の頭はゼリーのように柔らかくなってしまいましてよ?」 私、我慢の限界ですの。 「旦那様、これは契約違反です。私が被った損害をしっかり賠償していただきましょう」 さて旦那様、覚悟なさいませ。 ※ 他サイトにも掲載中です。 不倫ネタなので念のためR15としています。
24hポイント 198pt
小説 6,683 位 / 143,725件 恋愛 3,191 位 / 44,837件
文字数 19,097 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.26
「シランが美味しそうに食べているのを見ると、僕も幸せな気分になるよ」 そう言ってくれていた婚約者のサイモンは、幼なじみのイレーネと浮気をしていた。 「君が悪いんだ!僕は細くて綺麗な君が自慢だったのに、そんな身体になってしまって……。イレーネを見ろ!お前とは比べ物にならないくらい美人だろ?」 そう言われて、サイモンから婚約破棄をされてしまう。 失意の底に落ちたシランだったが、父親が連れてきた人物に救われていく。 「あなたが自信を失う必要はありません。私がサポートしてあげますから、安心してください」
24hポイント 106pt
小説 9,863 位 / 143,725件 恋愛 4,830 位 / 44,837件
文字数 19,667 最終更新日 2022.04.11 登録日 2022.04.05
「今、なんて仰ったの?お父様……」 「お前は第一王子と婚約することになった。先程、使者が来て手紙を置いていったのだ」 伯爵令嬢のセリーヌには、誰にも言えない秘密があった。それは、素性を隠して占い師をしていること。 ある日、黒マントの怪しい人物から依頼された相性占いをすることに。とある男性と一番相性が良い女性を四人の中から選んでほしいとのことだった。 男性と相性の良い相手がおらず、一番マシな女性を教えると、黒マントの人物は納得して帰っていった。 その数日後、セリーヌは王子との婚約を言い渡されてしまう。 セリーヌは、自分自身のことを王子ロベルトとの相性が一番マシだと占っていたのだった。 「では改めて……ロベルト様、これからよろしくお願いいたしますね」 「あぁ。ところで令嬢、君の名前は何だったかな?」 ロベルトは何に対しても無気力で、セリーヌとは全く相性が合わなかったが、二人で国王から課せられた任務をこなすことになり……。 ※他サイトにも掲載中です。
24hポイント 7pt
小説 32,961 位 / 143,725件 恋愛 15,101 位 / 44,837件
文字数 14,360 最終更新日 2022.03.27 登録日 2022.03.24
子爵令嬢であるアリスは、両親から政略結婚の道具として育てられてきた。 「誰のおかげで素晴らしい生活が出来ていると思っているんだ!お前は金持ちの家に嫁がなければ価値がない。よく覚えておけ!」 こんな暴言は日常茶飯事です。16歳の誕生日を迎える今日まで耐えてきましたが、もう我慢の必要はなくなりました。 今まで育ててくれてありがとうございます。ですが、もうお別れです。 「何か勘違いをなさっていますが、私はあなた方の娘ではありませんので」 では、さようなら。 ※ ご都合展開有り。 他サイトにも同時掲載してます。
24hポイント 35pt
小説 18,444 位 / 143,725件 恋愛 8,659 位 / 44,837件
文字数 5,548 最終更新日 2022.02.22 登録日 2022.02.18
恋愛 完結 ショートショート
「お姉様、パウル様と私は婚礼の誓いをささげ合いましたの。私たちは既に夫婦となったのです。パウル様は私のことを気に入ってくださったの」 私の婚約者であるパウルは、妹のリアと結婚したようです。 リアは私の婚約者を奪えて喜んでいるようですが、いつまで喜んでいられるかしら。 私はリアに感謝しています。厄介払いが出来ましたもの。 外面だけ良い嫉妬深い婚約者、わがままで欲しがりな妹……よくお似合いです。
24hポイント 35pt
小説 18,444 位 / 143,725件 恋愛 8,659 位 / 44,837件
文字数 6,729 最終更新日 2021.08.24 登録日 2021.08.18
恋愛 完結 短編
「今まではお前が一番美人だと思っていたけれど、もっと美人な女がいたんだ。だからお前はもういらない。婚約は破棄しておくから」 ヘンリー様にそう言われたのが、つい昨日のことのように思い出されます。別に思い出したくもないのですが、彼が我が家に押しかけてきたせいで思い出してしまいました。 婚約破棄されたのは半年も前ですのに、我が家に一体何の用があるのでしょうか。 「なんでお前なんかが……この数ヶ月の出来事は全て偶然なのか?どうしてお前ばかり良い目にあうんだ!」 「本当に不思議ですねー。あなたに婚約を破棄されてから、良いことばかり起きるんですの。ご存じの通り、我が領地は急激な発展を遂げ、私にも素敵な婚約話が来たのです。とてもありがたいですわ」 子爵令嬢のローラ・フィンレーは、第三王子のヘンリーに婚約を破棄されて以来、幸運なことばかり起きていた。 そして彼女が幸運になればなるほど、ヘンリーは追い詰められていくのだった。
24hポイント 85pt
小説 11,169 位 / 143,725件 恋愛 5,494 位 / 44,837件
文字数 13,142 最終更新日 2021.08.17 登録日 2021.08.07
公爵令嬢フローラ・クレマンは、首筋に聖女の証である薔薇の痣がある。それを知っているのは、家族と親友のミシェルだけ。 どうして自分なのか、やりたい人がやれば良いのにと、何度思ったことか。だからミシェルに相談したの。 「私は聖女になりたくてたまらないのに!」 ミシェルに言われたあの日から、私とミシェルの二人で一人の聖女として生きてきた。 けれど、私と第一王子の婚約が決まってからミシェルとは連絡が取れなくなってしまった。 ミシェル、大丈夫かしら?私が力を使わないと、彼女は聖女として振る舞えないのに…… なんて心配していたのに。 「フローラ・クレマン!聖女の名を騙った罪で、貴様を国外追放に処す。いくら貴様が僕の婚約者だったからと言って、許すわけにはいかない。我が国の聖女は、ミシェルただ一人だ」 第一王子とミシェルに、偽の聖女を騙った罪で断罪させそうになってしまった。 本気で私を追放したいのね……でしたら私も本気を出しましょう。聖女の真の力を教えて差し上げます。
24hポイント 35pt
小説 18,444 位 / 143,725件 恋愛 8,659 位 / 44,837件
文字数 11,768 最終更新日 2021.08.04 登録日 2021.07.28
私の婚約者であるフィリップ・シルゲンは、聖人と称されるほど優しく親切で慈悲深いお方です。 ある日、フィリップは五人の女性を引き連れてこう言いました。 「彼女達は、様々な理由で自分の家で暮らせなくなった娘達でね。落ち着くまで僕の家で居候しているんだ」 「でも、もうすぐ僕は君と結婚するだろう?だから、彼女達を正式に側室として迎え入れようと思うんだ。君にも伝えておこうと思ってね」 いくら聖人のように優しいからって、困っている女性を側室に置きまくるのは……どう考えてもおかしいでしょう? え?おかしいって思っているのは、私だけなのですか? 周囲の人が彼の行動を絶賛しても、私には受け入れられません。 何としても逃げ出さなくては。 入籍まであと一ヶ月。それまでに婚約破棄してみせましょう! ※ゆる設定、コメディ色強めです ※複数サイトで掲載中
24hポイント 120pt
小説 9,156 位 / 143,725件 恋愛 4,453 位 / 44,837件
文字数 8,103 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.22
伯爵令嬢のサラは、妹ティナにしか興味がない両親と欲しがりな妹に嫌気がさしていた。 ある日、ティナがサラの婚約者を奪おうとしていることを知り、我慢の限界に達する。 ようやくこの家を出られると思っていましたのに……。またティナに奪われるのかしら? ……なんてね、奪われるのも計画通りなんですけれど。 財産も婚約者も全てティナに差し上げます。 もうすぐこの家は没落するのだから。 ※複数サイトで掲載中です
24hポイント 106pt
小説 9,863 位 / 143,725件 恋愛 4,830 位 / 44,837件
文字数 8,709 最終更新日 2021.07.22 登録日 2021.07.17
恋愛 完結 ショートショート
「なあララ、君こそが僕の理想だったんだ。僕とやり直そう」 「お断りします」 「君と僕こそ運命の糸で結ばれているんだ!だから……」 「それは気のせいです」 「僕と結婚すれば、君は何でも手に入るんだぞ!」 「結構でございます」 公爵令嬢のララは、他に好きな人が出来たからという理由で第二王子レナードに婚約破棄される。もともと嫌々婚約していたララは、喜んで受け入れた。 しかし一ヶ月もしないうちに、再び婚約を迫られることになる。 「僕が悪かった。もう他の女を理想だなんて言わない。だから、もう一度婚約してくれないか?愛しているんだ、ララ」 「もう一度婚約したいのですか?……分かりました、ただし条件があります」 アホな申し出に呆れるララだったが、あまりにもしつこいので、ある条件付きで受け入れることにした。 ※複数サイトで掲載中です
24hポイント 0pt
小説 143,725 位 / 143,725件 恋愛 44,837 位 / 44,837件
文字数 2,154 最終更新日 2021.07.17 登録日 2021.07.16
拝啓、懐かしのお父様、お母様、妹のアニー 私を追い出してから、一年が経ちましたね。いかがお過ごしでしょうか。私は元気です。 治癒の能力を持つローザは、家業に全く役に立たないという理由で家族に疎まれていた。妹アニーの占いで、ローザを追い出せば家業が上手くいくという結果が出たため、家族に家から追い出されてしまう。 隣国で暮らし始めたローザは、実家の商売敵であるフランツの病気を治癒し、それがきっかけで結婚する。フランツに溺愛されながら幸せに暮らすローザは、実家にある手紙を送るのだった。 ※複数サイトにて掲載中です
24hポイント 14pt
小説 27,672 位 / 143,725件 恋愛 12,492 位 / 44,837件
文字数 4,531 最終更新日 2021.07.15 登録日 2021.07.11
「君より守りたい人が出来たんだ……すまないレイチェル。でも大丈夫!君は魔法も使えるし、一人でも生きているよ。だから婚約は白紙にしよう!」 どうして?私より守りたい人って誰よ!……大丈夫って何?? 幼い頃から決められていた婚約者にずっと尽くしてきたレイチェルは、婚約破棄のショックで眠りから覚めなくなってしまった。三年の時を経て眠りから覚めると、元婚約者の国外追放が決定していたり、我が家の商売(薬草屋)が大繁盛していたりと良いことばかり。 眠っている間に全てがうまくいったレイチェルだったが、実は全てレイチェルの復讐だった。 ※複数サイトで掲載中です
24hポイント 21pt
小説 23,569 位 / 143,725件 恋愛 10,784 位 / 44,837件
文字数 4,809 最終更新日 2021.06.26 登録日 2021.06.25
「アイリーン、君とは婚約破棄させてもらう。僕と結婚しても君の身分では苦労するだろう?分かってくれ、これは君のためでもあるんだ。僕はドロシーと結婚する事にする!伯爵家同士だから釣り合っているだろう?」 身分も釣り合って財力もある娘を手に入れたら、私は用済みのようですね。 婚約してから半年間、ずっと浮気をなさっていたのに「私のため」だなんて白々しい。 ロバート様、なんて品がないのかしら。そんな方のために花嫁修行をさせられていたなんて……屈辱だわ。 お父様の許可も得たし、好きに復讐させてもらいます。 「婚約破棄するですって?最初から婚約なんてしていませんけど…頭のおかしな方ね」 ※複数サイトにて掲載中です
24hポイント 35pt
小説 18,444 位 / 143,725件 恋愛 8,659 位 / 44,837件
文字数 4,840 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.06.23
15