さとう

さとう

小説家になろうで書いてます。現在二作品書籍化決定です。ぜひ見に来て下さい!!
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
将軍一家であり大貴族エストレヤ家の次男アシュトは、魔法適正『植物』というハズレ魔法師として実家から腫れ物扱いを受けていた。 兄のリュドガは『雷帝』、妹のシェリーは『氷姫』という魔法師として将来を期待され、肩身の狭い思いをするアシュト。そして将来を約束した幼馴染のミュディは、兄のリュドガの婚約者となってしまう。 疎まれ、蔑まれもしなかったアシュト。たが、アシュトはもう実家にいることはできなかった。 父に家を出たいと言うアシュト。アシュトは父から廃れた領地『オーベルシュタイン』を餞別代わりと貰い受ける。 そこは、領地とは名ばかりの森。 アシュトは疲れたように笑って言った。 「はは······まぁ、のんびり過ごそう」   これは、フラレて傷心のアシュトが、森の中で生きる生活。 植物魔法を駆使し、森の中で出会ったワケありエルフやドワーフたちと共に過ごすのんびりスローライフ。
24hポイント 145,742pt
小説 1 位 / 43,124件 ファンタジー 1 位 / 14,785件
文字数 176,012 最終更新日 2019.03.26 登録日 2019.03.09
どこにでもいる教師・相沢誠二は、受け持っていたクラスまるごと異世界に転移してしまう。 異世界では魔王が暴れ、その討伐のために『若く勇敢な戦士の力』が必要だと言われたのだ。だが誠二は28歳。若く勇敢な戦士とは言われずクラスのお荷物になってしまう。  そんな中、生徒たちはそれぞれ1つ『チート』と呼ばれる能力を授かるが、誠二の貰ったチートは『修理』という壊れた物を修理するチート。しかも誠二の力は何故か発動しない。  そんな中、生徒たちと一緒に古代遺跡でモンスター討伐の訓練に向かうが、突如として現れたミノタウロスから生徒たちを守るため、誠二は無謀な行動に出てしまい、一人取り残される。  ミノタウロスと対峙した誠二は死を覚悟するが、そこで誠二のチートが発動。古代遺跡から現れた『壊れた機械少女・ブリュンヒルデ』を修理してしまう。  圧倒的力でミノタウロスを退け、誠二をマスターと呼び慕うブリュンヒルデ。そして遺跡から脱出したら知らない土地。  誠二は、ブリュンヒルデを連れて異世界を巡る冒険に出る。生徒たちの元へ帰るために。  これは、さえない教師と機械少女が、壊れた物を修理しながら旅をする物語。
24hポイント 1,341pt
小説 757 位 / 43,124件 ファンタジー 280 位 / 14,785件
文字数 35,463 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.03.21
魔界からやって来た魔王に、人間界の一部が乗っ取られた。 その魔王に対抗するべく、人間界に存在する伝説の『聖なる武具』に選ばれた5人の勇者たち。 その名は聖剣士レオン、魔術師ウラヌス、刀士サテナ、弓士ネプチュン。 そして俺こと守護士マイトの、同じ村の出身の5人の幼馴染だ。 12歳で『聖なる武具』に選ばれ、人間界最大の王国である『ギンガ王国』で修行する毎日。 辛くも苦しい修行に耐えながら、俺たちは力を付けていく。 親友であるレオン、お互いを高め合ったサテナ、好き好きアピールがスゴいネプチュン、そして俺が惚れてる少女ウラヌス。 そんな中、俺は王国の森で、喋る赤い文鳥のふーちゃんと出会い、親友となる。 それから5年。17歳になり、魔王討伐の旅に出る。  いくつもの苦難を越え、仲間たちとの絆も深まり、ついには魔王と最終決戦を迎えることに。 だが、俺たちは魔王にズタボロにやられた。 椅子に座る魔王を、立ち上がらせることすら出来なかった。 命の危機を感じたレオンは、魔王に命乞いをする。 そして魔王の気まぐれと甘い罠で、俺以外の4人は魔王の手下になってしまう。 17年間ずっと一緒だった幼馴染たちは俺に容赦ない攻撃をする。 そして、ずっと好きだったウラヌスの一撃で、俺は魔王城の外へ吹き飛ばされる。 最後に見たのは、魔王に寄り添うウラヌスだった。 そんな俺を救ったのは、赤い文鳥のふーちゃんだった。
24hポイント 2,378pt
小説 477 位 / 43,124件 ファンタジー 198 位 / 14,785件
文字数 32,085 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.03.12
3