さとう

さとう

現在5作品書籍化、内2作コミカライズしています! 応援よろしくお願いします!
15
神様が地球に落としたウイルスで死亡した俺。神様の計らいで異世界へ転生することに! さて、望む能力は? 勇者? カッコいい剣? 魔法? そんなのいらん! そういうバトル系は読んだり見たりするから楽しいのであって、自分でやるのは間違いなく地獄。俺が望んだのは、1日3~4時間の適度な労働と、けっこう儲かる仕事……そう、『道具屋』だった。 だが……神様の野郎。俺を『道具屋の主人』じゃなくて、『道具屋(建物)』へ転生させやがった! 誰も来ない森で、一人(建物)の俺……果たして、俺の望む異世界スローライフを送れるのか!
24hポイント 526pt
小説 2,513 位 / 105,677件 ファンタジー 515 位 / 28,020件
文字数 9,444 最終更新日 2021.06.21 登録日 2021.06.18
恋愛 連載中 長編
ラスタリア王国の田舎男爵長女ラプンツェルは、妹のリリアンヌに婚約者を奪われ失意のどん底に落ちてしまう。さらに、リリアンヌの策略で戦地に送られたラプンツェルは、敵国であるラグナ帝国の皇子カドゥケウスが率いる『狂犬部隊』に襲撃される。 命の危機を感じたラプンツェルは、自分に問う。 このままでいいのか。なぜ、こんな目に合うのか。 ラプンツェルは、カドゥケウスに願う。 「お願い、ラスタリア王国を滅ぼして……」 煌めく銀髪、燃えるような灼眼に興味を持ったカドゥケウスは告げる。 「気に入った。お前、俺の傍にいろ」 ラスタリア王国を捨て、ラグナ帝国の皇子の傍で、ラプンツェルは変わっていく。 これは、敵兵の少女と、次期皇帝の青年との物語。
24hポイント 1,002pt
小説 1,509 位 / 105,677件 恋愛 845 位 / 29,858件
文字数 9,538 最終更新日 2021.06.21 登録日 2021.06.18
書籍1~5巻好評発売中!  コミカライズ連載中! コミックス1巻発売決定! ビッグバロッグ王国・大貴族エストレイヤ家次男の少年アシュト。 魔法適正『植物』という微妙でハズレな魔法属性で将軍一家に相応しくないとされ、両親から見放されてしまう。 そして、優秀な将軍の兄、将来を期待された魔法師の妹と比較され、将来を誓い合った幼馴染は兄の婚約者になってしまい……アシュトはもう家にいることができず、十八歳で未開の大地オーベルシュタインの領主になる。 一人、森で暮らそうとするアシュトの元に、希少な種族たちが次々と集まり、やがて大きな村となり……ハズレ属性と思われた『植物』魔法は、未開の地での生活には欠かせない魔法だった! これは、植物魔法師アシュトが、未開の地オーベルシュタインで仲間たちと共に過ごすスローライフ物語。
24hポイント 14,441pt
小説 196 位 / 105,677件 ファンタジー 43 位 / 28,020件
文字数 1,710,884 最終更新日 2021.06.18 登録日 2019.03.09
この世界には、『鑑定士』という職業がある。 鑑定士は『鑑定眼』という特殊な眼を持ち、この世界に存在する様々な物を『情報』として読み取ることができるのだ。 アーレント王国城下町の片隅にある小さな『鑑定屋ボレロ』では、看板娘のジュジュが祖父と二人で生活していた。ジュジュは、見習い鑑定士として祖父の元で修行中なのである。 そんなある日。たまたまジュジュは馬車の横転事故に遭遇。積み荷をチラッと見てしまい、それが古代の『遺物』であることを知ってしまう。 でも、問題はそこではない。その遺物を鑑定するために、アーレント王国最高の鑑定士であるライメイレイン家の公爵様が出てきて……さらに、その公爵様ですら鑑定することができなかった遺物を、ジュジュがあっさり鑑定してしまい……? 公爵ことアーヴァインは、ジュジュに興味を持つ。さらに、アーレント王国の王子様、もう一つの公爵家の当主様までジュジュの元へやってきて……? これは、小さな鑑定屋の看板娘ジュジュが、イケメン貴族たちに振り回される物語。
24hポイント 127pt
小説 6,995 位 / 105,677件 恋愛 3,276 位 / 29,858件
文字数 87,107 最終更新日 2021.06.11 登録日 2021.05.12
数千年の歴史を持つ古き暗殺教団『黄昏』に育てられた暗殺者。コードネーム『クリード』は、とある依頼により、ジェノバ王国族第三王女ラスピルの護衛を命じられる。 だが、依頼はもう一つあった。それは……第三王女ラスピルを、ジェノバの次期王女にすること。 ラスピルを狙う敵対組織『閃光騎士団』、そして第一、第二王女を次期女王にのし上げようと策をめぐらせる貴族たち。 クリードは、敵対組織の刺客やラスピルに害をなす貴族を影から暗殺していく。 これは、暗殺者クリードが少女のために戦う物語。 心なき暗殺者の少年クリードは、血に染まりながら愛を知る。
24hポイント 21pt
小説 17,613 位 / 105,677件 ファンタジー 3,290 位 / 28,020件
文字数 100,522 最終更新日 2021.03.07 登録日 2021.02.01
生まれながらにして身に宿る『召喚獣』を使役する『召喚師』 誰もが持つ召喚獣は、様々な能力を持ったよきパートナーであり、位の高い召喚獣ほど持つ者は強く、憧れの存在である。 辺境貴族ラッシュアウト家の四男坊のアルベロの召喚獣は最低も最低、手のひらに乗る小さな『モグラ』だった。 家族から蔑まれるアルベロと、高位な召喚獣を宿す幼馴染のアーシェは、共に召喚士養成学園の『アースガルズ召喚学園』に通うことになる。 蔑まれるアルベロ、優秀な兄や姉、強くなっていく幼馴染、そしてアルベロと同じ最底辺の仲間たち。 本当はとんでもない召喚獣を持つアルベロの、学園生活が始まる。
24hポイント 291pt
小説 4,102 位 / 105,677件 ファンタジー 867 位 / 28,020件
文字数 547,963 最終更新日 2021.02.18 登録日 2020.09.01
「フローレンス、お前との婚約を破───」 王子ディラン。彼は、婚約破棄寸前で前世の記憶を思い出す。そう、彼は乙女ゲームのやりすぎで死亡した日本人、笹山藤次の記憶を持っていた。 慌てて婚約破棄をやめ、改めて考える。 「待てよ……? これ、追放したら『ざまぁ』されるやつだ!!」 王子ディラン。彼は真実の愛に目覚める(噓、ざまぁされたくないだけ)
24hポイント 28pt
小説 15,323 位 / 105,677件 恋愛 6,782 位 / 29,858件
文字数 2,453 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.23
「お前、使えないからクビ」 「力を失った聖女なんていらねーよ」 「ジジィ、この役立たず!! お前はクビだ!!」 「新しいパーティーが加入するから、お前もういらねーや」 勇者アベルは、仲間を何人もクビにした。 使えないから、もういらないから、役にたたないから。 でも、その追放には理由があった。 仲間をクビにし、嫌われた勇者の物語。 理由を知ったところで───今更もう遅い。
24hポイント 42pt
小説 12,469 位 / 105,677件 ファンタジー 2,424 位 / 28,020件
文字数 3,606 最終更新日 2020.10.31 登録日 2020.10.31
サーサ公爵家長男マサムネ。彼は次期当主の座を巡り弟のタックマンと決闘をするが、あっさりと敗北してしまう。敗北したマサムネを待っていたのは、弟タックマンの提案による領地管理の仕事だった。 だが、その領地は戦争により焼けた大地で、戦争の敗者である亜人たちが住まう、ある意味で最悪の領地だった。マサムネは剣も魔法も何も才能はない。だが、たった一つだけ持つ《スキル》の力で領地管理を行っていくことになる。 これは、実家を追放された公爵家長男が、荒れ果てた大地を豊かにする領地経営……もとい、スローライフな物語である。
24hポイント 35pt
小説 13,970 位 / 105,677件 ファンタジー 2,644 位 / 28,020件
文字数 29,679 最終更新日 2020.09.20 登録日 2020.09.19
どこにでもいる教師・相沢誠二は、受け持っていたクラスまるごと異世界に転移してしまう。 異世界では魔王が暴れ、その討伐のために『若く勇敢な戦士の力』が必要だと言われたのだ。だが誠二は28歳。若く勇敢な戦士とは言われずクラスのお荷物になってしまう。  そんな中、生徒たちはそれぞれ1つ『チート』と呼ばれる能力を授かるが、誠二の貰ったチートは『修理』という壊れた物を修理するチート。しかも誠二の力は何故か発動しない。  そんな中、生徒たちと一緒に古代遺跡でモンスター討伐の訓練に向かうが、突如として現れたミノタウロスから生徒たちを守るため、誠二は無謀な行動に出てしまい、一人取り残される。  ミノタウロスと対峙した誠二は死を覚悟するが、そこで誠二のチートが発動。古代遺跡から現れた『壊れた機械少女・ブリュンヒルデ』を修理してしまう。  圧倒的力でミノタウロスを退け、誠二をマスターと呼び慕うブリュンヒルデ。そして遺跡から脱出したら知らない土地。  誠二は、ブリュンヒルデを連れて異世界を巡る冒険に出る。生徒たちの元へ帰るために。  これは、さえない教師と機械少女が、壊れた物を修理しながら旅をする物語。
24hポイント 21pt
小説 17,613 位 / 105,677件 ファンタジー 3,290 位 / 28,020件
文字数 563,491 最終更新日 2020.07.19 登録日 2020.06.07
この世界は、聖女たちによって回っている。男は労働力、女は重要職、そして聖女は神のごとき存在だ。つまり、男は女の下……そういう認識だ。 そして、聖女は聖女から生まれる。神の奇跡によって聖女の体内に命が宿り、生まれてくる。 俺の名はセイヤ。聖女から生まれた『異端』とも呼ばれる『男』だ。 なぜか聖女から生まれた俺は、聖女の村で酷い扱いを受けて育った。粗末な小屋に住み碌な食事も貰えず、外出すれば同世代の幼馴染『聖女』たちに酷いいじめを受ける毎日。 なぜ、俺は聖女から生まれた『男』なのか。その理由は聖女たちも知らない……ただ、異端だの呪いだの言われ続ける毎日だった。。 俺には夢があった。 俺は、男しかいない職業である『炭鉱夫』になる。聖女のいない『炭鉱夫』……男だけの楽園を俺は目指して進むんだ!! でも、俺は知らなかった。 俺という存在が、聖女たちを生み出した神による奇跡だったなんて。後に、世界中の聖女が俺を狙ってくるなんて。 今さらふざけんな! 俺は炭鉱夫になるって決めたんだ! これは、聖女たちに狙われる、聖女嫌いの俺の物語。
24hポイント 28pt
小説 15,323 位 / 105,677件 ファンタジー 2,909 位 / 28,020件
文字数 163,036 最終更新日 2020.07.16 登録日 2020.05.24
大陸最大の王国である『ファーレン王国』 そこに住む少年ライトは、幼馴染のリリカとセエレと共に、元騎士であるライトの父に剣の稽古を付けてもらっていた。 ライトとリリカはお互いを意識し婚約の約束をする。セエレはライトの愛妾になると宣言。 愛妾を持つには騎士にならなくてはいけないため、ライトは死に物狂いで騎士に生るべく奮闘する。 そして16歳になり、誰もが持つ《ギフト》と呼ばれる特殊能力を授かるため、3人は王国の大聖堂へ向かい、リリカは《鬼太刀》、セエレは《雷切》という『五大祝福剣』の1つを授かる。 一方、ライトが授かったのは『???』という意味不明な力。 首を捻るライトをよそに、1人の男と2人の少女が現れる。 「君たちが、オレの運命の女の子たちか」 現れたのは異世界より来た『勇者レイジ』と『勇者リン』 彼らは魔王を倒すために『五大祝福剣』のギフトを持つ少女たちを集めていた。    全てはこの世界に復活した『魔刃王』を倒すため。 5つの刃と勇者の力で『魔刃王』を倒すために、リリカたちは勇者と共に旅のに出る。 それから1年後。リリカたちは帰って来た、勇者レイジの妻として。 2人のために騎士になったライトはあっさり捨てられる。 それどころか、勇者レイジの力と権力によって身も心もボロボロにされて追放される。 ライトはあてもなく彷徨い、涙を流し、決意する。 悲しみを越えた先にあったモノは、怒りだった。 「あいつら全員……ぶっ潰す!!」
24hポイント 71pt
小説 9,609 位 / 105,677件 ファンタジー 1,946 位 / 28,020件
文字数 518,895 最終更新日 2020.02.06 登録日 2019.05.01
魔界からやって来た魔王に、人間界の一部が乗っ取られた。 その魔王に対抗するべく、人間界に存在する伝説の『聖なる武具』に選ばれた5人の勇者たち。 その名は聖剣士レオン、魔術師ウラヌス、刀士サテナ、弓士ネプチュン。 そして俺こと守護士マイトの、同じ村の出身の5人の幼馴染だ。 12歳で『聖なる武具』に選ばれ、人間界最大の王国である『ギンガ王国』で修行する毎日。 辛くも苦しい修行に耐えながら、俺たちは力を付けていく。 親友であるレオン、お互いを高め合ったサテナ、好き好きアピールがスゴいネプチュン、そして俺が惚れてる少女ウラヌス。 そんな中、俺は王国の森で、喋る赤い文鳥のふーちゃんと出会い、親友となる。 それから5年。17歳になり、魔王討伐の旅に出る。  いくつもの苦難を越え、仲間たちとの絆も深まり、ついには魔王と最終決戦を迎えることに。 だが、俺たちは魔王にズタボロにやられた。 椅子に座る魔王を、立ち上がらせることすら出来なかった。 命の危機を感じたレオンは、魔王に命乞いをする。 そして魔王の気まぐれと甘い罠で、俺以外の4人は魔王の手下になってしまう。 17年間ずっと一緒だった幼馴染たちは俺に容赦ない攻撃をする。 そして、ずっと好きだったウラヌスの一撃で、俺は魔王城の外へ吹き飛ばされる。 最後に見たのは、魔王に寄り添うウラヌスだった。 そんな俺を救ったのは、赤い文鳥のふーちゃんだった。
24hポイント 35pt
小説 13,970 位 / 105,677件 ファンタジー 2,644 位 / 28,020件
文字数 56,849 最終更新日 2019.04.04 登録日 2019.03.12
【書籍化決定しました!】 魔王討伐に選ばれた三人の勇者たち。攻撃に特化した『赤の勇者』、魔法に特化した『青の勇者』、頭脳に特化した『緑の勇者』たち。中でも、赤の勇者は歴代最悪なクズ勇者として有名でした。 勇者としての立場を利用して悪行三昧。飲食店ではお金を支払わず飲み食いし、町では女をタダで買い、ちょっとでも気に入らないことがあれば殴る蹴るは当たり前。身の回りの世話をさせるために買った奴隷少年をこき使い、気が付くと世界は魔王によって滅ぼされる寸前だったのです。 真面目に戦ってきた青の勇者と緑の勇者。しかし、攻撃に特化した赤の勇者がいなければ、魔王に決定的なダメージを与えることはできません。 戦場に引きずり出された赤の勇者は戦います。ですが、今まで怠けていた赤の勇者のレベルはたったの3。勝ち目などあるはずがありません。 そんな時、奴隷の少年が覚醒。伝説の黄金の勇者として魔王と戦いますが……奴隷としてロクな食べ物も与えられずにここまで来た少年は、無残にも殺されてしまいました。 同様に、赤青緑の勇者も殺され……世界は滅亡、魔王のものになってしまいましたとさ。 でも、まだ終わりじゃなかった。 赤の勇者は死んだ。でも……不思議な力で過去に戻りました。そして前世の、日本人としての記憶を取り戻し、自分の行いを激しく後悔しました。 そして、決めました。 真の勇者である黄金の勇者を補佐しよう。二度目の人生、謙虚に慎ましく生きようと。 これは、二度目の人生を手に入れた赤の勇者が、真の勇者を導く物語。 ※本編完結しました!  何か書くかもしれないので【連載中】にしておきます。
24hポイント 0pt
小説 19,668 位 / 19,668件 ファンタジー 7,884 位 / 7,884件
登録日 2020.06.01
 書籍化・コミカライズ決定しました!  生け贄。  生きる為に、俺は生け贄になった。  地獄の業火で焼かれ数百年……死ぬ事もできずに焼かれ続けた。  長い間焼かれ続け、俺は気が付いた。 「あれ?……いける」  そう、俺は炎を克服。というか地獄の炎を全て喰らった。  地獄の炎をその身に取り込んだ俺は、久しぶりに大地へ戻る……が、俺が生け贄になってから数百年の月日が流れていた。  なら、やることは一つ。 「とりあえず、冒険するか!!」  これは、地獄の炎を全て喰らい尽くした最強の炎使いの少年ヴァルフレア。通称フレアが、地獄の炎を駆使して世界を冒険する物語。
24hポイント 0pt
小説 19,668 位 / 19,668件 ファンタジー 7,884 位 / 7,884件
登録日 2020.06.01
15