『咲いた花、そして空の鳥へ捧ぐ物語』

「ここに記したことこそが、私が目にした真実である。」

その物語は、19世紀フランスで執筆されたものが原典だろう。

時には分岐し異なるストーリー展開をしながら、心惹かれた者達によってあらゆる言語に翻訳されてきた。

その物語はなぜ記され、何を記したかったのか。
誰に愛され、何を遺したのか。

名もなき文学作品と、その読者たち。
……そして、激動の時代に生きた人々を繋ぐ物語。


《注意書き》
※ほか投稿サイトにも重複投稿しております。
※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。『咲いた花、そして空の鳥へ捧ぐ物語』という文学作品も架空の作品です。
※この作品には舞台背景の都合上暴力的および差別的な表現も含まれますが、犯罪や差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。
※特殊性癖や一般的でない性的嗜好の表現もちらほらあります。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。
24hポイント 21pt
小説 14,801 位 / 64,152件 歴史・時代 173 位 / 758件