記憶喪失の令嬢は無自覚のうちに周囲をタラシ込む。

王国の筆頭公爵家であるヴェルガム家の長女であるティアルーナは食事に混ぜられていた遅延性の毒に苦しめられ、生死を彷徨い…そして目覚めた時には何もかもをキレイさっぱり忘れていた。

毒によって記憶を失った令嬢が使用人や両親、婚約者や兄を無自覚のうちにタラシ込むお話です。
24hポイント 369pt
小説 3,961 位 / 148,891件 恋愛 1,954 位 / 46,862件