桜の花弁が散る頃に

 少女は市村鉄之助という少年と入れ替わり、土方歳三の小姓として新選組に侵入した。国を離れ兄とも別れ、自分の力だけで疾走したいと望んだから。
 次第に少女は副長である土方に惹かれていく。
(私がその背中を守りたい。貴方の唯一になりたい。もしも貴方が死を選ぶなら、私も連れて行ってください……)

 京都から箱館までを駆け抜ける時代小説。信じた正義のために人を斬り、誠の旗の下に散華する仲間たち。果たして少女に土方の命は守れるのか。

※史実に沿いながら物語は進みますが、捏造だらけでございます。
※小説家になろうにも投稿しております。
24hポイント 21pt
小説 10,497 位 / 48,744件 歴史・時代 173 位 / 738件