ただ君だけを

国の端々で民衆の社会主義運動が活発になる中、男は首都にほど近い街で軍隊に勤めていた。

貴族の出身で鳴り物入りで入隊した男が惚れたのは、酒場で歌う農民の娘。身分を超えた愛は実らないと周りに散々バカにされながらも男は諦めず、娘に毎日アプローチしていた。

そんな男に娘はだんだんと好意を持ち始めるが、娘には男に言えない秘密があったーーー。

身分とは何か、格差とは何か、激動の時代の中で、愛に生きた二人の物語。
24hポイント 0pt
小説 60,533 位 / 60,533件 恋愛 14,690 位 / 14,690件