劣等魔術師の英雄譚


『世の中、魔法が全て』

そう揶揄される程、彼が産まれた世界では魔法が全てだった。
“無能”そう魔法学校の生徒から先生までもが彼を馬鹿にしていた。
彼はある日、仲が良かった女子生徒に騙されてダンジョンの最下層に落ちてしまう。
モンスター、トラップ、ありとあらゆるものが彼を殺そうとしていた。
彼はダンジョンを逃げ回った。
逃げた先にあったのは“時の概念が無い部屋”、彼はそこで今まで見た事の無い物を目の当たりにする。
そして、“時の概念が無い部屋”で彼は何千、何万、何億年と修行を重ねる。

これは落第の魔法使いが英雄になるまでのお話。
24hポイント 42pt
小説 11,977 位 / 96,721件 ファンタジー 2,434 位 / 26,160件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者はわたしよりも、病弱で可憐な実の妹の方が大事なようです。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:218141pt お気に入り:4522

元邪神って本当ですか!?〜万能ギルド職員の業務日誌〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:10415pt お気に入り:8106

転生令嬢は庶民の味に飢えている

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:15023pt お気に入り:12496