SARAという名の店と恋のお話

この店の主は|橘香織《たちばなかおり》(32才)独身。

5年前に駅から離れた住宅街にこの店をオープンさせた。
 
お客は地元住民もしくはたまたま通りかかってこの店を見つけた的な営業マンなど。

週に2日ほど仲良くなった女子高生達に午後3時から6時までカフェとして開放もしている。

常連の憩い場で微笑む香織。

だが香織は過去に悲しみと痛みを抱えていた。そんな彼女の心を開いたのはバツイチ独身の貴史だった。

香織と貴史の大人の恋の行方とそれを取り巻く人々の物語。


今夜も香織を中心に賑やかな夜が更けてゆきます。
24hポイント 14pt
小説 28,558 位 / 140,767件 恋愛 13,258 位 / 43,644件