最下級冒険者は英雄である事をひた隠す 〜生産スキルで、メカチート生産?〜

 二年前、魔王を倒した功績を持ちながら、それをひた隠しにし、最下級のEランク冒険者として成り済ます転生者の少年ライハ。

 唯一無二の生産スキル《創造》を隠しながら、田舎と蔑まれる辺境の地で、薬草採取などの依頼の報酬で生計を立て、細々と暮らしていたのだが------------

 魔王が復活して、事態は一変する。

 世界中に魔物が溢れ、当然、その影響はライハが住む辺境の地へと襲い始めた。

 ライハは面倒がりながらも、ありえない方法で、魔物の侵攻を食い止められた。

 だが、運悪く、その姿を"あの時の勇者"に目撃され--------
24hポイント 21pt
小説 20,711 位 / 124,058件 ファンタジー 3,869 位 / 31,909件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界生活物語

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:142pt お気に入り:1368

家に住み着いている妖精に愚痴ったら、国が滅びました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:24381pt お気に入り:10104

2度目の異世界は周到に

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:546pt お気に入り:1553