【完結】失くし物屋の付喪神たち 京都に集う「物」の想い

「これは、私達だけの秘密ね」

京都の料亭を継ぐ予定の兄を支えるため、召使いのように尽くしていた少女、こがね。
兄や家族にこき使われ、言いなりになって働く毎日だった。

しかし、青年の姿をした日本刀の付喪神「美雲丸」との出会いで全てが変わり始める。

女の子の姿をした招き猫の付喪神。
京都弁で喋る深鍋の付喪神。
神秘的な女性の姿をした提灯の付喪神。

彼らと、失くし物と持ち主を合わせるための店「失くし物屋」を通して、こがねは大切なものを見つける。



●不安や恐怖で思っている事をハッキリ言えない女の子が成長していく物語です。
●自分の持ち物にも付喪神が宿っているのかも…と想像しながら楽しんでください。

2024.03.12 完結しました。
24h.ポイント 21pt
0
小説 23,806 位 / 183,830件 キャラ文芸 225 位 / 4,378件