余命1年から始めた恋物語

15歳の春。高校の入学式の日に僕は他人を助けて事故に遭い死んだ。――いや、正確には死ぬはずだった。
事故に遭った僕は死の間際で神様に願いごとをしたらしく、何やら僕に恩がある神様が寿命を1年だけ伸ばしてくれたらしい。
たったの1年。誰しもがそれを短いと思うかもしれないし、僕も事実そう思った。
しかしそれもそのはず、僕が神様に願ったのは寿命を伸ばすことではなく『好きな人に気持ちを伝える』ことだったのだから――

もう2度と会えないと分かっていても、大切な貴方にどうしても伝えたいことがありました。
24hポイント 7pt
小説 26,694 位 / 104,815件 恋愛 11,212 位 / 29,436件