坂本龍馬小説一覧

タグ 坂本龍馬×
13
 幕末に来日したイギリス人外交官アーネスト・サトウと、後に初代総理大臣となる伊藤博文こと伊藤俊輔の活動を描いた物語です。終盤には坂本龍馬も登場します。概ね史実をもとに描いておりますが、小説ですからもちろんフィクションも含まれます。モットーは「目指せ、司馬遼太郎」です(笑)。   基本参考文献は萩原延壽先生の『遠い崖』(朝日新聞社)です。  もちろんサトウが書いた『A Diplomat in Japan』を坂田精一氏が日本語訳した『一外交官の見た明治維新』(岩波書店)も参考にしてますが、こちらは戦前に翻訳された『維新日本外交秘録』も同時に参考にしてます。さらに『図説アーネスト・サトウ』(有隣堂、横浜開港資料館編)も参考にしています。  他にもいくつかの史料をもとにしておりますが、明記するのは難しいので必要に応じて明記するようにします。そのまま引用する場合はもちろん本文の中に出典を書いておきます。最終回の巻末にまとめて百冊ほど参考資料を載せておきました。 (※この作品は「NOVEL DAYS」「小説家になろう」「カクヨム」にも転載してます)
24hポイント 63pt
小説 11,833 位 / 127,714件 歴史・時代 67 位 / 1,445件
文字数 482,134 最終更新日 2021.03.14 登録日 2021.03.14
主人公:千葉さな子 18才で異世界に飛ばされる、 (設定はフィクション) さな子は、坂本龍馬に惚れていた 「龍馬にきっと迎えに戻る」 その言葉を守る為、突然召喚された異世界から、日本に戻るが時代は既に変わっていた、 異世界で過ごした時間は5年、 元の世界と同じ時の流れなら、まだ龍馬は海援隊を作ってさえいなかった筈だ。 だが、さな子が帰ってきた日本は江戸が終わり、明治時代になっていた。 龍馬が別の女と結婚し、しかも、さな子が日本に転移した影響なのか?日本には魑魅魍魎が現れる世界へと変貌していた 千葉道場は兄の定吉の出世によりとある大名の指南役として召し抱えられていた その性格は真っ直ぐ、 その腕前は強烈、 主君である大名が幕末に取り残されず、華族となった事で千葉家もまた姓名を変え華族となっていた。 明治時代の日本に帰還した、さな子は異世界から連れ帰った男と共に、千葉道場に向かうが、 そこに会ったのは千葉道場ではなく久宝院という華族の館だった 帰る家も無くなり、 愛する人も既に世を去った。 だが、、、、館の中にいた、一人の年老いた老人が、館の中から門の前に現れた女性の顔を見て驚き、直ぐに召使いをやりに行かせる しばらく、門の前で頬を濡らしたさな子だが、場所を移動しようと、向きを変えた時、 久宝院家の門が開き、さな子は呼び止められる 自分は千葉家のものだと説明するが、とにかく中へ、旦那さまが呼んでいるという言葉に従い、 さな子は、従者の男ともに、久宝院家の館に入っていく。 久宝院沙那子の人生はここから始まった。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 ファンタジー 32,627 位 / 32,627件
文字数 10,080 最終更新日 2021.06.07 登録日 2021.06.04
3
恋愛 連載中 長編
夢も希望も目標もなく現世をただ漂って生きていたカヲルは、パルクールとの出会いによってそれまで自分でも全く気づいていなかった才能に目覚める。指導者のリコはカヲルの素質に驚き、自らは断念したネオパルクール(ネオパル)という異次元レベルのパルクールの習得をカヲルに薦める。ネオパルはパルクールと日本古来の忍術の融合した極めて難易度の高い奥義レベルの技術だったが、カヲルはすぐにこれにのめり込むと師範も驚愕するスピードで奥義を習得していった。そんな矢先、カヲルは初めて出場したパルクールの大会で観衆を釘づけにする大技を決めた直後に、忽然と会場から姿を消してしまう。 目覚めたところは、幕末の江戸城下だった。カヲルはネオパルで身に着けた技を柳生一族に認められ、幕府の隠密として生きることになる。何故かくノ一のいでたちをさせられて幕末の戦乱の世で命を削りながら戦い続ける中で、ここが自分の知っている歴史とは明らかに違う世界であることに気づいていく。聞いたことのある名前を持つ幕末の志士たちは、皆、女装をしていたのだ。 そして、暗殺の任を帯びてこの物語のもう一人の主人公・坂本龍馬に出会う。案の定、この世界に生きる坂本龍馬もまた可憐な美少女の姿をしていた......。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 恋愛 37,812 位 / 37,812件
文字数 24,577 最終更新日 2021.02.22 登録日 2021.01.28
4
歴史・時代 連載中 長編 R15
遡ること150年と少し、よって時は幕末。 ~某所にて~ 坂本「なあなあ、慎太。今どんな気持ち」 中岡「どんな気持ちだと思う」 坂本「半年近く放置されてやっぱり中岡信者は増えなかったと残念がる気持ち?」 中岡(なんでこいつは人の気持ちがそこまで読めるんじゃ) 坂本「あぁ!どちらかというと寂しい気持ちの方が大きいか」 中岡「まぁ、な」 坂本「やけに素直やか……と、なるほど。奥方から手紙が来たからか」 中岡「悪いか」 坂本「いやぁそんな、悪いのはこっちじゃ。なぁ、おりょう」 おりょう「ふふっ中岡さんはなんだかんだ奥さん大事にしてはるもんなぁ」 坂本「ん?その言い方だとわしがおまんのこと大切にしてないみたいな……」 中岡「おりょうさん、もし何かあった時にはすぐ陸援隊の屯所に駆け込むとええ」 おりょう「あら、中岡はんは誰かさんと違って優しい」 中岡「んじゃあ、私はこれにて」 坂本「」 おりょう「さっ私たちもそろそろ行きましょか、竜馬はん」 坂本「おりょう、もしこの前、廓へいったこと気にしてるなら謝るぜy」 おりょう「はい?」 この日以降、やっぱり坂本竜馬を見た者はいないという。 ※本編はちゃんと史実を元に書いています。この小説はアルファポリスで先行配信を、小説家になろうで加筆修正したものを投稿しています。お好きな方をお読みくださいませ。 表紙に使用している写真のリンクです https://photo53.com/
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 18,026 最終更新日 2021.05.16 登録日 2020.06.06
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 尾張徳川家(尾張藩)の第14代・第17代当主の徳川慶勝が、美濃高須藩主・松平義建の次男・秀之助ではなく、夭折した長男・源之助が継いでおり、彼が攘夷派の名君となっていた場合の仮想戦記を書いてみました。夭折した兄弟が活躍します。尾張徳川家15代藩主・徳川茂徳、会津藩主・松平容保、桑名藩主・松平定敬、特に会津藩主・松平容保と会津藩士にリベンジしてもらいます。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 64,349 最終更新日 2020.07.27 登録日 2020.05.30
 旅回りの紙切り芸人・与一(よいち)は、『戮士(りくし)』である。  大政奉還の後世、時の明治政府は誕生して間が無く、未熟な司法や警察機構に代わり政府の直属機関として、政治犯や凶悪犯の処分を遂行する組織を密かに運用していた。その組織は「戮す=罪ある者を殺す」を意味する一文字『戮(りく)』と称され、その組織の構成員は「戮す士師」則ち「戮士」と呼ばれた。  彼らの敵対勢力の一つが、血族統治の政治結社『十頭社中(とがしらしゃちゅう)』である。開国し国際社会での地位を固めんと西洋型の近代化を進める明治政府の施策に反対し、日本独自の風土を守り新たな鎖国によって世界と対峙しようとする彼らもまた、旧幕府の勢力の資金を背景に独自の戦闘部隊を保持していた。更には、日本の傀儡化を狙う外国勢力『イルミナティ』。  表の歴史には記されていない裏日本史。日本の統治を巡り、三つどもえの戦いは続く。  日本の維新は、未だ終わっていなかった。  
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 89,775 最終更新日 2020.05.31 登録日 2020.05.21
 文久二年(1862)三月二十七日早朝、大洲藩士である井上将策は、藩命により、五十崎村へ、幼馴染である和紙職人の徳太郎を訪ねていた。そこで、たまたま出会ったのが土佐藩を脱藩した坂本龍馬であった。  飯代の代わりに、五十崎が誇る大凧作りを手伝う将策と龍馬。その大凧には、独特な凧文字で「龍」と描かれていた。そして、龍馬は、黒船に勝てる方法を探しに行くと言って、去っていく。その頭上を作成した龍文字の大凧が、風に吹かれて、どこまでも飛んで行くのだった。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 103,643 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.04.25
土佐の風雲児・坂本龍馬。黒船来航によって揺れ動いた幕末の世、龍馬もまた尊皇攘夷の中に身を投じていくが、勝海舟との出会いによって自らも黒船を持つことを考え始める。  明るく好奇心旺盛、時には危なかっしい男――坂本龍馬。  彼の新たな挑戦が始まりを告げる。 -------------------------------------- ※ 坂本龍馬、海援隊設立までのストーリーとなります -----------------------------------------------------------
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 13,740 最終更新日 2020.04.28 登録日 2020.04.28
 新選組副長・土方歳三_、戊辰戦争の最中、彼の傍には付き従う一人の少年がいた。  その名を市村鉄之助。  のちに、土方の形見を土方の故郷まで届けに行くことになる鉄之助。  新選組の仲間や、坂本龍馬との出会いを通し、新選組隊として成長していく。 ------------------------------------------------- 【京都編】では、慶応二年秋から、鳥羽・伏見開戦までとなります。  どうかよろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 49,720 最終更新日 2020.03.18 登録日 2020.03.11
江戸時代に迷い込んだ定男 生計を立てるため蕎麦屋を始めるが。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 大衆娯楽 4,299 位 / 4,299件
文字数 8,945 最終更新日 2021.11.02 登録日 2019.11.02
ディファレント.ワールド。 そこは魔法と剣の世界。 ディファンレントワールドへ召喚された者は強制的に魔術師協会へ連れて行かれ、魔術師として育成される。そして、各国の要人達は高額で魔術師をレンタルして自国防衛や他国侵略の為に使っている。 能力が高い魔術師は高級魔術師と呼ばれ、尊敬の対象となる。 魔術師達は互いに競争して高級魔術師になる事を夢みる。 そんな世界に召喚された一人の少年がいた。 彼は魔術が使えなかったが、暗くなる事と無く好青年に成長していく。 そして物語が動き始める。 ファンタジーオペラの開幕。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 ファンタジー 32,627 位 / 32,627件
文字数 31,678 最終更新日 2020.03.29 登録日 2019.10.27
慶応三年(1867年)11月15日、京都河原町通向かいの近江屋。この日この場所で、坂本龍馬は暗殺された。その時、その騒乱から逃れていた少年は何をしたか。その後の世界に何を感じたのか。 史料がほとんど残っていない、渦中にいながら注目されることもあまりない少年「峯吉」の目線から送る「新説・坂本龍馬」です。 「カクヨム」様、並びに「小説家になろう」様で投稿していた作品の再構成、加筆修正版となります。
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 歴史・時代 1,445 位 / 1,445件
文字数 6,863 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.31
13
恋愛 完結 長編 R15
____....「いつか別れる日がきても、私はずっと忘れない。想い続けてる。だからもう一度、未来で巡り逢えるって信じたいの。 」 東京に住む女子大生、森宮千香。 彼女は所謂幕末好きな『歴女』で、特に新選組をこよなく愛している。 趣味は歴史跡巡りで、この日も新選組屯所跡がある京都へ観光に訪れていた。 しかし屯所に足を踏み入れた瞬間、幕末にタイムスリップしてしまい、新選組の隊士たちと生活を共にするようになる。 現代の知識を活かしつつ、江戸時代の暮らしに慣れ始めた矢先、逃れられない運命の歯車が動き出して...。 歴史×恋愛×成長記かなと思います。 藤堂平助さん→主人公←沖田総司さんの三角関係です! この作品一つで色々楽しめる様に作品を執筆して参りますので、どうぞ完結まで見守っていただければ嬉しいです!今まで作品を完結まで書き上げた試しがないので、お見苦しい点が多々ありますが精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。 幕末という荒波の時代に負けじと平成っ子が立ち向かう奮闘記です。 本来なら失われてしまうはずの命を救い、愛する人たちを守るために歴史を変えようと、主人公が頑張ります。 「_____奪われて良い命なんて、一つも無い!」 なるべく史実に沿って(出来るだけ詳細に。方言等も含みます。)書いていく予定ではありますが、主人公視点から見た幕末史なので、たまに大きな事件が抜け落ちていたりします。文中で補足の追いつく限りは書いていきたいと思っておりますので、読んでいて何か抜けていると感じた方は、ご遠慮なさらずご指摘お願い致します。 史料に残されておらず不明な点は、私が想像で書いたものが殆どですので、どうか混同なさらぬ様ご注意下さい。(藤堂平助さんの過去等) 架空の登場人物で子どもが出てきます。 刹那的で、短くとも、命を燃やし尽くした幕末の人々の思いを丁寧に描いていきたいと思っております。この小説に出てくる原田左之助さんは伊予弁です!(厳密に言うと、松山弁。理由は、原田さんは伊予出身なのに、伊予弁で描かれている作品を見たことが無いからです。ちなみに私は松山出身ではないので、言い回しがおかしな点がありましたらご指摘頂けると嬉しいです! ) 急なジャンル変更申し訳ありません。作品を書いているうちに、やはりこれは歴史ジャンルものだと思い変更させて頂きました。 こちらの作品はエブリスタでも公開しております。エブリスタではサポーター特典も公開しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。 ちょこっと感想を書いていただけると嬉しいです^_^ 作業BGM:熊谷育美様の曲
24hポイント 0pt
小説 127,714 位 / 127,714件 恋愛 37,812 位 / 37,812件
文字数 197,584 最終更新日 2018.10.04 登録日 2018.02.12
13