アイテム小説一覧

タグ アイテム×
1
「なんか面白いこと起こらないかな」 平凡な日常を大きく変化させてくれるであろう刺激を探して、猫のようにあちこちを徘徊する〈僕〉こと海藤山花《かいどう さんか》は、ある日、人通りの少ない路地で変な髪型のオッサンと出会い、そのオッサンに紹介されたアンティークショップ〈アナベル〉に入る。  そして、色々あって〈アナベル〉の店長から綺麗な装飾のペンダントを貰い、それから僕の日常が少しずつ変化し始め、ついには取り返しのつかない事態にまで発展。  詳しく語ると長くなるので簡潔にまとめて言うと、こうなった。  「アンティークショップの店長から貰った道具《アイテム》のおかげで異世界の生物たちと仲良くなりました」  ……この物語は、道具化した異世界の生物と、それに関わったことで平凡な日常を自らの手で壊してしまい、結果的に色んな異世界の生物たちと仲良くなってしまった僕と、僕に関わって巻き添えを食らった人たちの、普通じゃない日常の話。
24hポイント 349pt
小説 2,256 位 / 59,160件 ファンタジー 642 位 / 19,105件
文字数 156,879 最終更新日 2019.11.20 登録日 2019.08.29
1