希死念慮小説一覧

11
1
エッセイ・ノンフィクション 連載中 ショートショート R18
あまり出してこないようにしてたことを吐き出すことにしました。念の為、R指定。
24h.ポイント 71pt
小説 13,089 位 / 185,878件 エッセイ・ノンフィクション 301 位 / 7,865件
文字数 2,417 最終更新日 2024.06.10 登録日 2023.04.18
自身の歪んだ思考に押し潰されていく主人公の話です。 ハッピーエンドではありません。 登場人物 花山美波(ハナヤマミナミ)
24h.ポイント 56pt
小説 15,010 位 / 185,878件 ライト文芸 183 位 / 7,635件
文字数 1,029 最終更新日 2024.04.30 登録日 2024.04.30
「わたしはかれを殺し、かれはわたしを救う。これより半年後のことだ」。 誰とも馴れ合わず、無味乾燥なキャンパスライフを送る十九歳の女子大生、朝野聖子。 聖子の計画は遡ること二年前、父親が宴席帰りの列車内で死亡し、鉄道会社が巨額の賠償金を遺族である聖子の母に請求したことに始まる。 それはクリスチャンである聖子の信仰を打ち砕くに十分すぎるほどであった。 神など存在しない。もしくは、驚くほどの怠け者なのだ。 聖子は工学部に入学し、ふつふつとたぎる怒りを込めて成績を上げてゆく。わたしは——ヒトクローンを造る。   神の業を人間の手によって行なえば、神は神ではなくなる。もし反対に神の逆鱗に触れたのちに裁きが下り死したとしても、なんら価値も意味もないこの世に未練など残すまい。これにより神の存在を、その意義を問えよう——そう思っていた。平松高志に心奪われ、なにもかもを絆されるまでは。   当初、平松は聖子の人生に関わるような人種ではなかった。しかし時間をかけて平松の愛情と、大学オーケストラでの友情が凍りついた聖子の心を溶かしてゆく。   平松との愛は、出会ってたった半年間だけの命だった。その愛に今のわたしがあえて名前をつけるなら——「奇跡」だ。   亡くなった平松高志をこの胸に宿し、聖子は死へと近づこうとしていた。
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 現代文学 7,797 位 / 7,797件
文字数 193,250 最終更新日 2024.03.21 登録日 2024.01.25
4
恋愛 完結 ショートショート R15
ちょっぴりシリアス、でも最後はハピエンです。いろいろ緩〜い設定なので、頭を空っぽにしてお楽しみください。 よろしくお願いします(^^)/
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 恋愛 56,388 位 / 56,388件
文字数 3,298 最終更新日 2023.11.21 登録日 2023.11.21
49歳腐女子、希死念慮と小学生時代から戦う猛者です。精神科に通院して15年。最近、希死念慮がかなり減ったので、その経緯をエッセイにします。精神科通院を躊躇っている方に読んでいただけると嬉しいです。 どなたかのお役に立てたなら幸いです。 ☆月歌ってどんな人?こんな人↓↓☆ 『嫌われ悪役令息は王子のベッドで前世を思い出す』が、アルファポリスの第9回BL小説大賞にて奨励賞を受賞(#^.^#) その後、幸運な事に書籍化の話が進み、2023年3月13日に無事に刊行される運びとなりました。49歳で商業BL作家としてデビューさせていただく機会を得ました。 ☆表紙絵、挿絵は全てAIイラスです
24h.ポイント 35pt
小説 19,876 位 / 185,878件 エッセイ・ノンフィクション 399 位 / 7,865件
文字数 5,259 最終更新日 2023.09.30 登録日 2023.09.27
6
ホラー 完結 長編 R15
それは突然始まった。ある夜、アイドルのライブ中に観客のひとりがアイドルの首を食い千切った。その後、福祉サービス会社社長、過去に虐待を受けた父親、ユーチューバー、看護師が相次いで人を食い殺すという事件が続いた。なぜ人が人を食い殺すのか。次第に浮かび上がる明和大学の研究室、そして、国が進める自殺を抑制するための新薬の開発と事件の関係。この国が向かうのは絶望か希望か。
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 ホラー 6,761 位 / 6,761件
文字数 115,018 最終更新日 2023.01.15 登録日 2023.01.15
物心ついた頃から、私は死に対して恐怖心を抱いていた。生きる意味とはなにか、死んだらなにが残るのか。 しかし、そんな私は死を望んだ。けれどもそれは、悪いことですか?
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 現代文学 7,797 位 / 7,797件
文字数 7,415 最終更新日 2022.12.15 登録日 2022.12.12
私は死のうと思っている。いつとは決めてないけど練炭自殺か、車の排気ガスを車内に入れて死ぬか。それとも、薬物を大量に飲むか、最悪、飛び降り自殺か……。どうしてそんなことをしようかと思っているかというと、人生に嫌気がさした。そもそも、生きる意味を見いだせていない。四十二歳にもなっても。趣味もないし、彼氏もいないし。勿論、独身で子どももいない。
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 現代文学 7,797 位 / 7,797件
文字数 5,962 最終更新日 2022.10.17 登録日 2022.10.17
9
ホラー 連載中 ショートショート R18
例えばマンボウはビックリしても死んでしまう刺激に激弱な生き物。 人間もいつか死んでしまう。 希死念慮がわいて死にそうな時に読むための日常の中のゆるやかに死につながる出来事集。 希死念慮による自殺衝動は10〜30分耐えたら落ち着くのでそのお供。 エピソードから少しでも死を回避するアイデアがあれば、感想で随時募集してます。
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 ホラー 6,761 位 / 6,761件
文字数 4,555 最終更新日 2022.08.27 登録日 2021.12.17
10
現代文学 完結 ショートショート
※この物語はフィクションです 別に積極的に死にたいわけではないけど、死ねたら楽だろうなあみたいな、そんなことを思っている「私」が、ただ自分の感情を書きなぐる話です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 現代文学 7,797 位 / 7,797件
文字数 2,605 最終更新日 2021.12.13 登録日 2021.12.13
11
BL 連載中 長編
偏差値の低い県立共学高校に通う、横田壱馬(ヨコタ カズマ)。昔から、無気力で協調性にも欠けていて、口下手な彼は俗に言う“陰キャ”という部類に分けられていた。独特な雰囲気を身に纏う横田。授業態度も良く、期末試験なども毎回トップをとる彼。怠惰によってこの高校に入学したのだった。 そんな彼は、異性じゃなく同性に恋愛感情を持つ“同性愛者”だった。だが、気付いたのは少し前。自分がセクマイ(セクシャルマイノリティ)だということに気付いた彼は、より一層、自身の殻に閉じこもる。アウティング行為を恐れていた。 新学期になった頃だった。あるひとりの若手男性教師が、この高校に赴任してきた。この若手教師は随分な曲者だった。横田はその男性教師を見て、胸が高まるのを感じた。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 初投稿です。 暗めな作品だと思います。読んでくだされば嬉しいです。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 登場人物 主人公:横田 壱馬 (ヨコタ カズマ) 教師:小鳥遊 柳 (タカナシ ヤナギ) 追記あります。
24h.ポイント 0pt
小説 185,878 位 / 185,878件 BL 24,096 位 / 24,096件
文字数 1,290 最終更新日 2021.05.02 登録日 2021.05.02
11