和泉鷹央

和泉鷹央

ネトゲで知り合った関西弁で喘ぐ奴隷志願のメス犬が、同じクラスの俺にだけウザい幼馴染だった件。2022年2月にミスリル文庫様より書籍化しました。
27 12
   神様からの贈り物(ギフト)は等しく誰にでも与えれる。  それによりスキルに覚醒すると、成功や破滅も等しく同じようにやってきて‥‥‥。  代々、騎士団長の家系に生まれたイニスは、授与式にて破滅スキルと呼ばれる「消去者」を発現してしまう。  それは、他者の能力を「無に帰す」、最悪の贈り物だった。 「騎士とは戦場でスキルを用いて正々堂々と戦うモノ。相手を無効化するそれは卑怯者の証だ! 卑怯者など、我が家には相応しくない! 追放だ!」  こうしてイニスは王都を追放されてしまう。  生きるためには働かなければならない。  冒険者登録を果たしたイニスが使う「消去者」ははっきり言って、「無敵」だった。  なにせ、相手のどんな攻撃も呪いに至るまで無効化してしまうのだから。  小さな冒険を積み重ね、イニスの名声はどんどん高まっていく。  そして彼を追いかけてきた幼なじみには、もっと厄介なギフトが与えられていた。 「淫獄」と呼ばれるそれは、誰かに隷属し、使役されないと膨大な魔力によって死期が縮まるというもの。  しかし、一度誰かと契約を交わし、調教(テイム)が始まると魔王にも匹敵する能力を発動できる。    イニスは友情を取るか、幼なじみを調教してランクSの冒険者への道を歩むのか。  選択を迫られる――。  他の投稿サイトにも掲載しています。  
24hポイント 35pt
小説 19,688 位 / 140,775件 ファンタジー 3,345 位 / 34,282件
文字数 33,961 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.04.17
 大坪絵里は21歳。  新卒だが不況で正社員になれないまま、派遣社員になった。  絵里は大手電機メーカーに勤務しキャリアを積んでいる姉の友里と同居している。  職歴も容姿でも優れている姉に、絵里は劣等感を抱いている。  そんな生活の中、絵里は職場の飲み会で仲が深まった上司の松方博人と、恋仲になる。  しかし、松方には婚約者がいた。  結婚するまでの期間限定での恋人関係が始まり、絵里は松方を浮気をすることになる。  そんなある日、姉の友里から紹介したい人がいると告げられて食事会をすることに。  男性はバツイチで子持ちらしい。  食事会にやってきたのは、松方とその息子だった――。
24hポイント 0pt
小説 140,775 位 / 140,775件 ライト文芸 6,052 位 / 6,052件
文字数 3,072 最終更新日 2022.05.04 登録日 2022.04.17
 授業のサボリ癖がついてしまった風見抱介は高校二年生。  新学期早々、一年から通っている図書室でさぼっていたら可愛い一年生が話しかけてきた。 「NTRるゲームしません?」 「はあ?」 「うち、知ってるんですよ。先輩がお姉ちゃんをNTRされ……」 「わわわわっーお前、何言ってんだよ!」  言い出した相手は、槍塚牧那。  抱介の元カノ、槍塚季美の妹だった。 「お姉ちゃんをNTRし返しません?」  などと、牧那はとんでもないことを言い出した。 「やらなきゃ、過去をバラすってか? なんて奴だよ……!」 「大丈夫です、私が姉ちゃんの彼氏を誘惑するので」 「え? 意味わかんねー」 「そのうち分かりますよ。じゃあ、参加決定で!」  脅されて引き受けたら、それはNTRをどちらかが先にヤリ遂げるか、ということで。  季美を今の彼氏から抱介がNTRし返す。  季美の今の彼氏を‥‥‥妹がNTRする。  そんな提案だった。  てっきり姉の彼氏が好きなのかと思ったら、そうじゃなかった。  牧那は重度のシスコンで、それに輪をかけて、中古品が大好きな少女だったのだ。  牧那の姉、槍塚季美は昨年の夏に中古品へと型落ちしてしまっていた。 「好きなんですよ、中古。誰かのお古を奪うの。でもうちは新品ですけどね?」  姉を中古品と言いながら自分のモノにしたいと願う牧那は、まだ季美のことを忘れられない抱介を背徳の淵へと引きずり込んでいく。 「新品の妹も、欲しくないですか、セ・ン・パ・イ?」  勝利者には妹の愛も付いてくるよ、と牧那はそっとささやいた。   他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 113pt
小説 10,248 位 / 140,775件 ライト文芸 223 位 / 6,052件
文字数 98,033 最終更新日 2022.04.04 登録日 2021.12.31
 戦争に行くから、君とは結婚できない。  恋人にそう告げられた時、子爵令嬢ジゼルは運命の歯車が傾いで壊れていく音を、耳にした。
24hポイント 42pt
小説 17,698 位 / 140,775件 恋愛 8,735 位 / 43,648件
文字数 9,684 最終更新日 2022.03.10 登録日 2022.03.07
 雪国の祖国を冬の猛威から守るために、聖女カトリーナは病床にふせっていた。  女神様の結界を張り、国を温暖な気候にするためには何か犠牲がいる。  聖女の健康が、その犠牲となっていた。    そんな生活をして十年近く。  カトリーナの許嫁にして幼馴染の王太子ルディは婚約破棄をしたいと言い出した。  その理由はカトリーナを救うためだという。  だが本当はもう一人の幼馴染、フレンヌを王妃に迎えるために、彼らが仕組んだ計略だった――。  他の投稿サイトでも投稿しています。
24hポイント 383pt
小説 3,874 位 / 140,775件 恋愛 1,925 位 / 43,648件
文字数 110,728 最終更新日 2022.01.22 登録日 2021.12.10
恋愛 完結 ショートショート
 婚約者のマライアが後輩の貴族令息に向ける嬉しそうな顔を見るたび、アルナルドの心は冷え込んでいく。  彼はもう呆れを取り越して、怒りが先立ち、とうとう、婚約を破棄してやれとそれを敢行するのだが‥‥‥。  他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 28pt
小説 21,681 位 / 140,775件 恋愛 10,450 位 / 43,648件
文字数 3,962 最終更新日 2022.01.08 登録日 2022.01.08
 ファンタジーには二種類しかありません。  すなわち  ロー・ファンタジーとハイ・ファンタジーです。  その詳細を追ってみたいと思います。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 35pt
小説 19,688 位 / 140,775件 エッセイ・ノンフィクション 280 位 / 4,966件
文字数 4,151 最終更新日 2021.12.22 登録日 2021.12.22
恋愛 完結 ショートショート
 婚約者の度重なる浮気にしびれを切らした、大公家公女ノーラ。  彼女は二人の侍女を連れ、婚約者である王太子アルザスの元へと向かう。  彼の浮気相手、ミオン嬢との熱愛の証が……その手には握られていた。  公女ノーラの静かな怒りの刃が振り落とされる。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 35pt
小説 19,688 位 / 140,775件 恋愛 9,546 位 / 43,648件
文字数 4,207 最終更新日 2021.12.11 登録日 2021.12.11
「私、ロアン侯爵様と婚約したのよ。貴方のような無能で下賤な女にはこんな良縁来ないわよね、残念ー!」  同じ十七歳。もう、結婚をしていい年齢だった。  幼馴染のユーリアはそう言ってアグネスのことを蔑み、憐れみを込めた目で見下して自分の婚約を報告してきた。  外見の良さにプロポーションの対比も、それぞれの実家の爵位も天と地ほどの差があってユーリアには、いくつもの高得点が挙げられる。  しかし、中身の汚さ、性格の悪さときたらそれは正反対になるかもしれない。  人間、似た物同士が夫婦になるという。   その通り、ユーリアとオランは似た物同士だった。その家族や親せきも。  ただ一つ違うところといえば、彼の従兄弟になるレスターは外見よりも中身を愛する人だったということだ。  そして、外見にばかりこだわるユーリアたちは転落人生を迎えることになる。  一方、アグネスにはレスターとの婚約という幸せが舞い込んでくるのだった。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 63pt
小説 14,310 位 / 140,775件 恋愛 7,089 位 / 43,648件
文字数 8,163 最終更新日 2021.12.07 登録日 2021.12.07
 ランクS冒険者だった、炎術師ロディマスは戦時中の判断で罪を問われ、ギルドを引退してバーを開くことに。  しかし、やってくるのは冒険者時代の顔なじみばかりで厄介ごとばかり舞い込んでくる。  そんな中、彼が住む神殿都市で付け火による大火事で負傷者が起きた。  冒険者時代に炎術師だったロディマスも、犯人の一人として目を付けられてしまう。  ある日、ロディマスは神殿都市の最高権力者、姫巫女の行列に直訴をしようとして断罪されそうになる少女を助ける。  彼女は大火事の放火犯として逮捕された男性の娘だった。  ロディマスと仲間たちは真相の究明に乗り出す。  その影には新しく姫巫女を襲名したロディマスと同郷の盗賊公女アデルの姿があった。  他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 33,449 位 / 140,775件 ファンタジー 5,845 位 / 34,282件
文字数 90,382 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.10.30
 あまりにも感情を出さず、不凍の令嬢と呼ばれたメイルージェ。  彼女が氷の精霊王ホルトの聖女になって二か月ほど経った、ある日のこと。  ホルトは守護しているロンデム王国の王都シェクティの案内をメイルージェに命じる。  そこには彼女の隠された心を知りたいと願いが隠されていた。  他の投稿サイトにも掲載しております。
24hポイント 7pt
小説 33,449 位 / 140,775件 恋愛 15,594 位 / 43,648件
文字数 6,322 最終更新日 2021.11.07 登録日 2021.11.07
 深紅の髪は不吉だからと理屈をつけられて、優秀な銀髪の妹に婚約者を奪われた伯爵令嬢エル。  婚約者の事がどうしても忘れられない彼女は、国内でも最高峰といわれる魔法学院の編入試験に最下位で合格する。  この国では魔法は知性の象徴として、それを操れる魔法師になれば誰からも尊敬される存在になれる。魔法師になれたら婚約者の心を取り戻せるはず……安易な考えで入学したはいいものの、単なる泡しか作れない水属性の魔法師は、最初は愚か者と罵られ馬鹿にされる日々だった。  しかし、なぜか生徒会長で学年首席の少年だけはエルの才能を素晴らしいと褒め、もっと頑張れと励ましてくれた。  エルの能力は現代の魔法理論に適してないだけで、古代に失われた無詠唱魔法を使えば彼女は素晴らしい魔法の才覚を発揮できたのだ。  やがて防具から生活魔法まで、さまざまな泡魔法の可能性を模索して商品化したエルは、商人ギルドと交渉して、経済的な成功を手に入れる。  卒業式も半年後に迫ったある日、エルは実妹と魔法の論説大会で対決し、勝利を収めた。  そんな彼女に妹を捨て、新たに婚約を申し込もうとするハサウェイをエルは拒絶し、足蹴にして背を向ける。  そして、半年後の卒業式。  彼女の才能だけでなく生き方にまで共感してくれた新しい恋人である生徒会長と、数多くの友人たちに囲まれて、エルは首席で魔法学院を卒業する。  他の投稿サイトでも掲載しています。  
24hポイント 0pt
小説 140,775 位 / 140,775件 恋愛 43,648 位 / 43,648件
文字数 9,367 最終更新日 2021.10.23 登録日 2021.10.23
 聖女は十年しか生きられない。  この悲しい運命を変えるため、ライラは聖女になるときに精霊王と二つの契約をした。  それは期間満了後に始まる約束だったけど――  一つ……一度、死んだあと蘇生し、王太子の側室として本来の寿命で死ぬまで尽くすこと。  二つ……王太子が国王となったとき、国民が苦しむ政治をしないように側で支えること。  ライラはこの契約を承諾する。  十年後。  あと半月でライラの寿命が尽きるという頃、王太子妃ハンナが聖女になりたいと言い出した。  そして、王太子は聖女が農民出身で王族に相応しくないから、婚約破棄をすると言う。  こんな王族の為に、死ぬのは嫌だな……王太子妃様にあとを任せて、村に戻り幼馴染の彼と結婚しよう。  そう思い、ライラは聖女をやめることにした。  他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 92pt
小説 11,600 位 / 140,775件 恋愛 5,724 位 / 43,648件
文字数 94,419 最終更新日 2021.10.18 登録日 2021.03.26
 言葉を音にできない少年、ディルムッド・ウォークレン。  貴族の令息に生まれた彼は、生まれながらの「無詠唱魔法」の遣い手だった。  予言魔術を駆使して、予言士として活躍するウォークレン家の家族たちはそんな彼を無能と蔑みその可能性に気づかない。  予言魔法は声を使い、言霊に語りかけその成果を得るものだから……。  六歳になったある日、三流のロッサヌス魔法学院に通うことになるディルムッド。  声がだせないことにより仲間も友人もできない彼は逃げ場をもとめた。    同じように逃げてきた少女の何気ない一言により、ディルムッドは言霊を支配する精霊との接触に成功する。  それは新しい魔法「預言魔法」の始まりを告げる瞬間だった。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,775 位 / 140,775件 ファンタジー 34,282 位 / 34,282件
文字数 9,549 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.10.17
 異母妹に婚約者を寝取られた侯爵令嬢ミオンは、居場所を失い侍女と姿をくらました。  数か月後、某所に住み始めたミオンを発見した婚約者ジークは、やったドレスや宝石を返せとわめきだし、婚約破棄してやるとまで言い放つ。  しかし、ミオンは貰ったものを売り払っていたし、こんな男への愛も失せてしまっていた――。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 24,666 位 / 140,775件 恋愛 11,638 位 / 43,648件
文字数 8,603 最終更新日 2021.10.14 登録日 2021.10.10
 聖地巡礼のパックツアーで、信仰する神の聖地を訪れたらいきなり、神託が下り聖女に任命されてしまったアネッサ。  暴竜退治、大河の氾濫を食い止めるという二つの事件にしくじった彼女は、神託により無能な聖女として魔女裁判にかけられて斬首刑に。  死んだはずの彼女はあの世で神々の王と語らい、現世に戻ることに。  目覚めてみたら、そこには盗賊騎士の異名を持つ最愛の男が、彼女を救うために戦っていて ……。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 33,449 位 / 140,775件 恋愛 15,594 位 / 43,648件
文字数 12,976 最終更新日 2021.10.07 登録日 2021.10.07
 幼い頃に住んでいたボルダスの街に戻って来たアルフリーダ。  王都の魔法学院を卒業した彼女は、二級魔導師の資格を持つ氷の魔女だった。  二級以上の魔導師は貴族の最下位である準士の資格を与えられ辺境では名士の扱いを受ける。  ボルダスを管理するラーケム伯と教会の牧師様の来訪を受けた時、アルフリーダは親友のエリダと再会した。  彼女の薦めで、隣の城塞都市カルムの領主であるセナス公爵の息子、騎士ラルクを推薦されたアルフリーダ。  半年後、二人は婚約をすることになるが恋人と親友はお酒の勢いで関係を持ったという。  自宅のベッドで過ごす二人を発見したアルフリーダは優しい微笑みと共に、二人を転送魔法で郊外の川に叩き込んだ。  数日後、謝罪もなく婚約破棄をしたいと申し出る二人に、アルフリーダはとある贈り物をすることにした。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 35pt
小説 19,688 位 / 140,775件 ファンタジー 3,345 位 / 34,282件
文字数 68,915 最終更新日 2021.10.06 登録日 2021.08.02
 聖女アデルが女神ラーダの神殿からアルハンドル王国に派遣されて十年。  十六歳の若さでこの北国へやってきた時は美しさが満開だった彼女も、そろそろいい歳になっていた。  五年で任期が終わるはずだったが、雪国は不人気。  交代する人員はいてもみんな辞退してしまい、いつの間にかアデルが続投することに。  三回目の今年こそは春の都ラーダムに戻ろうと決めた矢先、彼女を引きとどめたい国王は騎士団長アッサムをアデルに紹介する。  故郷か雪国か。  アデルが二つの選択肢で迷っているうちに国王様は勝手に話を進めていた。  帰郷を理由に求婚を断ろうとしたアデルは騎士団長の訪問を受け、彼には意中の人がいると知る。  しかし、国王は王命として二人の結婚を命じてしまう。  断れば彼が断罪されると知ったアデルは白い結婚を画策し、自分が側室になり、恋人は正室になる結婚を薦めることにした。  他の投稿サイトでも掲載しております。
24hポイント 42pt
小説 17,698 位 / 140,775件 恋愛 8,735 位 / 43,648件
文字数 6,093 最終更新日 2021.09.27 登録日 2021.09.27
恋愛 完結 長編
 子爵令嬢サラは困っていた。  婚約者の王太子ロイズは、年下で病弱な幼馴染の侯爵令嬢レイニーをいつも優先する。  会話は幼馴染の相談ばかり。  自分をもっと知って欲しいとサラが不満を漏らすと、しまいには逆ギレされる始末。  いい加減、サラもロイズが嫌になりかけていた。  そんなある日、王太子になった祝いをサラの実家でするという約束は、毎度のごとくレイニーを持ち出してすっぽかされてしまう。  お客様も呼んであるのに最悪だわ。  そうぼやくサラの愚痴を聞くのは、いつも幼馴染のアルナルドの役割だ。 「殿下は幼馴染のレイニー様が私より大事だって言われるし、でもこれって浮気じゃないかしら?」 「君さえよければ、僕が悪者になるよ、サラ?」  隣国の帝国皇太子であるアルナルドは、もうすぐ十年の留学期間が終わる。  君さえよければ僕の国に来ないかい?  そう誘うのだった。  他の投稿サイトにも掲載しております。    4/20 帝国編開始します。  9/07 完結しました。
24hポイント 738pt
小説 2,085 位 / 140,775件 恋愛 1,044 位 / 43,648件
文字数 218,138 最終更新日 2021.09.07 登録日 2021.04.01
恋愛 完結 長編
 アイリスは国母候補として長年にわたる教育を受けてきた、王太子アズライルの許嫁。  自分を正室として考えてくれるなら、十歳年上の殿下の浮気にも目を瞑ろう。  だって、殿下にはすでに非公式ながら側妃ダイアナがいるのだし。  しかし、素知らぬふりをして見逃せるのも、結婚式前夜までだった。  結婚式前夜には互いに床を共にするという習慣があるのに――彼は深夜になっても戻ってこない。  炎の女神の司祭という側面を持つアイリスの怒りが、静かに爆発する‥‥‥  2021年9月2日。  完結しました。  応援、ありがとうございます。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 191pt
小説 7,378 位 / 140,775件 恋愛 3,475 位 / 43,648件
文字数 137,669 最終更新日 2021.09.02 登録日 2021.02.27
27 12