雨のふる星、遠い星

地球のエリート女史、シルヴィアはある事故がきつかけで、辺境の星、ルシーダでひっそりと暮らしていた。

友達も彼氏もいない、そんな彼女は仕事上がりにいつもの自販機でコーヒーを飲むのが唯一の楽しみだった。

そんなある日、職場の同僚が声をかけてきた。
黒髪に浅黒い肌。
その男は優しげな空気を纏い、ある目的を持って彼女に近づいていく。


そこには彼女の関係した事故が絡んで……。


雨の情景が描きたくて見よう見まねで書いたものです。

別ブログで完結していますが読み専門のブログではないため、こちらに移行しようかな〜〜と、その第一歩です。


よろしくお願いしますね!

24hポイント 14pt
小説 9,078 位 / 35,002件 恋愛 2,856 位 / 8,188件