海賊団に攫われた貧民~生き残るため、四人の男に乱される~

パン屋の息子シオンは、8歳の秋、ある襲撃事件で故郷と家族を亡くす。
16歳になったシオンは、新しい地でかつての親友ジルと交わした約束を胸に、忙しなく働く毎日を送っていた。
その日も、一日の重労働で倒れ込むように眠りについたシオン。
真夜中、騒がしくなる外の様子に目を覚ます。
8年前と同じ炎の匂い。窓を開けると、目の前には瞳をランランと光らせ、返り血を浴びた男が·····───気を失ったシオンが次に目を覚ましたのは、船の中だった。シオンを攫ったのは、8年前にシオンの故郷と家族を奪った海賊団の一味だった。彼らはシオンをエルと呼び、幻の財宝を見つける為の鍵だと言う。生死を迫られ、シオンは男たちと行動を共にすることとなるが·····。
24hポイント 1,747pt
小説 1,053 位 / 121,822件 BL 164 位 / 12,920件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

農民と浄化の神子を並べてはいけない

BL / 連載中 24h.ポイント:4891pt お気に入り:1328

盲目の公爵令嬢に転生しました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7000pt お気に入り:8674

愛のない政略結婚のはずなのに、今宵も夫が離してくれない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:2264pt お気に入り:3588

妹を庇って怪我をしたら、婚約破棄されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:158714pt お気に入り:3823