俺を助けてくれたのは、怖くて優しい変わり者

枇々木尚哉は母子家庭で育ったが、母親は男がいないと生きていけない体質で、常に誰かを連れ込んでいた。
そんな母親が借金まみれの男に溺れたせいで、尚哉はウリ専として働かされることになってしまっていたのだが……。

尚哉の家族背景は酷く、辛い日々を送っていました。ですが、昼夜問わずサングラスを外そうとしない妙な男、画家の灰咲龍(はいざきりゅう)と出会ったおかげで彼の生活は一変しちゃいます。

人に心配してもらえる幸せ、自分を思って叱ってもらえる幸せ、そして何より自分が誰かを好きだと思える幸せ。
そんな幸せがあるという事を、龍と出会って初めて尚哉は知ることになります。

ほのぼの、そしてじれったい。
そんな二人のお話です♪

※R15指定に変更しました。指定される部分はほんの一部です。それに相応するページにはタイトルに表記します。話はちゃんとつながるようになっていますので、苦手な方、また15歳未満の方は回避してください。
24hポイント 42pt
小説 12,371 位 / 91,324件 BL 2,268 位 / 9,000件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

愛されない王妃は、お飾りでいたい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:207646pt お気に入り:9652

溺水支配

BL / 完結 24h.ポイント:340pt お気に入り:95