私のスキルは相手に贈り物をするスキルです~スキルを使ったらお代吸収によっていきなり最強となりました~




 少し力を込めただけで全てを破壊する手、増え続けて底が見えない魔素量、無駄に強化された身体は何を受けてもダメージがない。

 ・・・・・・唯一の欠点は属性魔法が使えないことくらいだろうか。



 力を最小限に抑えながらも、遠くまで見えるようになってしまった瞳と、敏感になった感覚を実感した私は思う。



 ──普通の生活がしたい、と。


◇◇


『突然だけど、貴方たちは異世界へ飛ばされてもらいまぁす』

『えっ? 何故って? ──バタフライ・エフェクトってやつよ。とにかく存在したら大変な事になるのよぉ』


 楽しい高校生活を謳歌していた私──阿瀬(あぜ)梨花(りか)の存在は、この女神とやらの言葉で消え去ることとなった。
いや、その他3名の存在もか。

 どうやら、私たちは地球には不必要な存在らしい。

 地球とは全く違う環境の為、私を含めた男女4名に与えられたのは特殊能力とも呼ばれる〝固有スキル〟

 完全なランダム制の中、私が引いたのは他人限定で欲しいモノの贈り物ができるいう意味不明なスキル『贈物(ギフト)』

 それは明らかなハズレ枠らしく、当たり枠を引いた他3名から馬鹿にされてしまう。


 しかし、そこで見つけたのは〝(裏)〟という文字──それは女神すらも認知していなかった裏スキルというもの


 その裏スキルには、無印の贈物スキルとは違い、対象の欲しいモノ相応の〝お代〟を対象から吸収するという効果が付いていた。

 飛ばされた先は魔族同士の紛争中で・・・・・・命の危機かと思いきや、スキルによって10万もの魔族軍が吸収されてしまった。


 ──それにより、私は序盤からとんでもない力を手に入れてしまう


 それでも何やかんやでスキルを役立てたり、異世界生活を楽しんだりする。


 ──これは、スキルの効果により無駄に強くなってしまった異世界転移者の物語



◇◇


 2作目

 1話につき1500~2000程度を目安にして書いています。

 エブリスタ様で不完全燃焼だった小説をリメイクしたものです。
 前作『魔族転生』と同様、拙い文章であり表現に乏しい点や矛盾点、誤字脱字等々あるとは思いますが、読んで頂けると幸いです。
24hポイント 49pt
小説 8,952 位 / 77,305件 ファンタジー 1,973 位 / 22,292件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:33895pt お気に入り:27256

神木さんちのお兄ちゃん!

キャラ文芸 / 連載中 24h.ポイント:21pt お気に入り:111

一坪から始まる新世界創造

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:205pt お気に入り:260

来世は貴方を嫌いになりたい。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2282pt お気に入り:83

婚約破棄をされた地味令嬢は、実は絶世の美少女でした 【改訂版】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:113530pt お気に入り:11823

いずれ最強の錬金術師?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:32618pt お気に入り:30486

大江戸あやかし絵巻 ~一寸先は黄泉の国~

ミステリー / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:8