私は幼い頃に死んだと思われていた侯爵令嬢でした


 幼い頃に誘拐されたマリアベル。保護してくれた男の人をお母さんと呼び、父でもあり兄でもあり家族として暮らしていた。

 誘拐される以前の記憶は全くないが、ネックレスにマリアベルと名前が記されていた。


 数年後にマリアベルの元に侯爵家の遣いがやってきて、自分は貴族の娘だと知る事になる。

 お母さんと呼ぶ男の人と離れるのは嫌だが家に戻り家族と会う事になった。

 片田舎で暮らしていたマリアベルは貴族の子女として学ぶ事になるが、不思議と読み書きは出来るし食事のマナーも悪くない。

 お母さんと呼ばれていた男は何者だったのだろうか……? マリアベルは貴族社会に馴染めるのか……



 っと言った感じのストーリーです。
24hポイント 6,162pt
小説 317 位 / 144,518件 恋愛 157 位 / 45,209件