吉原小説一覧

タグ 吉原×
17
 町外れの廃寺で暮らす那津(なつ)は絵を描くのを主な生業としていたが、評判がいいのは除霊の仕事の方だった。  新吉原一の花魁、桧山に『幽霊花魁』を始末してくれと頼まれる那津。  エセ坊主、と那津を呼ぶ同心、小平とともに幽霊花魁の正体を追うがーー。  ※小説家になろうに同タイトルの話を置いていますが。   アルファポリス版は、現代編がありません。
24hポイント 85pt
小説 10,665 位 / 120,613件 歴史・時代 73 位 / 1,395件
文字数 85,546 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.18
2
歴史・時代 連載中 長編 R18
─── あらすじ 時は宝暦。 御上の厳しい改革により、江戸最大の色街・吉原遊郭に存亡の危機が迫っていた。 多くの遊女屋は廃業を強いられ、女郎や従業員達の行き場が無くなり、路頭に迷う者が続出した。 【夕風屋】の筆頭花魁・吉野はその悲劇を打開する為、馴染みの客たちに協力を仰いだ。 幕府に対する反対の声を受けて、御上は改革を断念。女郎達は遊女屋に戻る事が出来た。 その後、吉原遊郭の存続は許され、売春防止法が成立するまで200年間続けられた。 客のみならず、多くの女郎達から慕われていた吉野が如何に最高位の花魁へ登り詰めたか。 その壮絶な人生のストーリーが今、解き明かされる。 ─── *注意 吉原遊郭の遊女を主人公にしている為、性的表現や性描写が多く出て参ります。 のみならず、心中表現、客から遊女に対する暴力描写もございますので、お読みになられる場合はご注意を願います。
24hポイント 42pt
小説 15,530 位 / 120,613件 歴史・時代 109 位 / 1,395件
文字数 74,219 最終更新日 2021.06.01 登録日 2021.01.01
ここは𠮷原遊廓 女の涙と男のお金でできた街 床入りをした男と女しかわからない情事 吉原をこよなく愛する藤十郎が体験した吉原遊廓の話 この話はフィクションです
24hポイント 42pt
小説 15,530 位 / 120,613件 歴史・時代 109 位 / 1,395件
文字数 10,914 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.29
江戸時代にも徒党を組んで大きな詐欺を企てる、詐欺師集団がいた。 この物語の徒党の頭の名前は座頭。 100両もの金をだまし取る詐欺を成功させたのに、彼の心は憂鬱で晴れなかった。 そんな時、仲間の夕凪がこれ以上大きな金額を稼ぐには吉原で太夫でも育てるんだと言い出したことで、座頭が本当に太夫を作ると言ったからさぁ大変。 100両以上稼ぐんだから、普通の女ではダメということで座頭が目を付けたのは、丁稚奉公先で主に襲われて丁稚奉公先を逃げ出し浅草寺でスリをはたらくほど落ちぶれてしまった総司という元服前の前髪を落としていない男だったのだ! 襲われたことで大の男嫌いになった故に、絶対に男に抱かれたくないから愛だ恋だの気持ちに流されて抱かれることはないと。 吉原で唯一男に身体を売らない、抱けない太夫の伝説が始まった。
24hポイント 21pt
小説 21,817 位 / 120,613件 歴史・時代 177 位 / 1,395件
文字数 33,140 最終更新日 2021.08.25 登録日 2021.05.31
5
恋愛 完結 短編
安政4年、時は江戸時代末期。9歳の私は吉原へと連れてこられた。 そこで見かけた花魁道中……この世のものとは思えない美しさに一瞬で心を奪われた。 この出逢いが私の運命を決定づけた。 遊郭に売られた自分の悲運にくじけている場合ではない。やるならトコトンやってやる。 目指すは最上級遊女、花魁だ!! それから8年。 願いを成就させるためにいつものように神社で願掛けしていると、正体不明の謎の色男が話しかけてきた。 出逢ってそうそう、失礼なことばかり言ってくる男に嫌悪感を抱く…… だがこの男との出逢いこそが、私の今後の人生を大きく狂わせることとなるのだった─────……
24hポイント 14pt
小説 25,401 位 / 120,613件 恋愛 10,284 位 / 35,462件
文字数 36,910 最終更新日 2020.11.10 登録日 2020.11.10
6
恋愛 完結 長編 R18
侍と吉原ーの太夫の切ない恋。 R18は念のため。 以前別の小説サイトに掲載していた作品ですが、こちらに載せるに当たり、加筆修正してあります。 大きなテーマが【お江戸物語】 スピンオフの話も順次掲載予定です。 拙い文章ですが、少しでも江戸の世界を感じていただけたら幸いです。
24hポイント 7pt
小説 30,056 位 / 120,613件 恋愛 12,453 位 / 35,462件
文字数 83,925 最終更新日 2020.04.20 登録日 2020.03.29
7
恋愛 連載中 長編 R15
「相良那月、18歳。 男吉原の用心棒になりました!?」 ただの女子高校生がタイムトリップして辿り着いたのは女達が一夜の夢を求め、男を買う島。 そんな島の一大遊郭『天屋』の楼主に気に入られた那月は天屋の用心棒にならないかと誘われる。 元の時代へ帰る方法を探すまでの間、天屋に身を寄せる事を決意した那月だったが、男娼達は一癖も二癖もある強者ばかりだった。 *内容の改変により、新しく書き直しました。
24hポイント 7pt
小説 30,056 位 / 120,613件 恋愛 12,453 位 / 35,462件
文字数 14,689 最終更新日 2018.03.19 登録日 2018.03.13
8
恋愛 連載中 ショートショート
吉原の遊女に一目惚れをした妖怪のぬりかべ。 ーー朝日が昇るまでの一晩だけ、私の話相手をしていただけませんか。 一夜の夢のような淡く儚い恋物語。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 恋愛 35,462 位 / 35,462件
文字数 4,652 最終更新日 2021.08.04 登録日 2021.07.18
「申し訳ござらぬ。それが拙僧の性分でございまして」 山谷に名刹を持つ僧、坊宗。 その男、僧にあるまじき性を持つ男で、夜な夜な吉原通いの止まらぬ男であった。 そんな坊宗に首ったけの花魁、黄瀬川。 情の通じた男のために、今日も全てをなげうってその身に尽くすいい女。 そして、夜更け。 そんな、吉原の片隅で、虎の目がギロリと光りだす。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 10,508 最終更新日 2021.04.25 登録日 2021.04.25
【楼主×死神】 吉原にある藤乃屋。楼主の最澄(もずみ)は、吉原では珍しい京言葉を使う。ある日、競争店である菊乃屋の花魁が殺された。裸体の花魁の首を鋭利な刃物で切り裂いた犯人。疑われたのは、最後の客では無く、最澄だった————。 「人と違うとあかんのか?」 彼の前に現れたのは、自分を死神だと名乗る少女だった。 自分の生い立ちに不満を抱えた最澄。追い討ちをかける様に犯人だと罵られる。自分の身の潔白を証明出来るのは、少女だけ————。親から継いだ藤乃屋を守る為、楼主である最澄は、真犯人を追う事を決めた。 生きる意味を模索する楼主と死神の少女が送る和風ミステリー。人の欲が入り乱れる吉原で、真犯人は見つかるのか?!!
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 11,162 最終更新日 2020.06.15 登録日 2020.05.16
 国家老嫡男の秀克は、藩主御息女との祝言の話が決まる。なんの期待もなく義務感でそれを了承した秀克は、参勤交代について江戸へ行き、見聞を広めよと命じられた。着いた江戸では新しい剣友もでき、藩で起こった事件を巡るトラブルにも首を突っ込むことになるが、その過程で再会した子供の頃に淡い恋心を抱き合っていた幼馴染は、吉原で遊女になっていた。武家の義務としての婚姻と、藩を揺るがす事件の真相究明。秀克は、己の心にどう向き合うのか。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 46,984 最終更新日 2020.06.13 登録日 2020.05.20
「藤浪(ふじなみ)屋の薄雲(うすぐも)花魁に会いに行きな。『あいつ』ならお前の助けになるかもしれねえ」 新米同心の遊馬(あすま)隆正(たかまさ)は、上役の勧めに従って吉原を訪ねる。間者の類を呼び出すための符丁と考えていたところが、隆正の前に現れたのは美しく妖艶な花魁だった。籠の鳥の身の上の無聊を慰めるため、痛快な捕物の話が聞きたい、と。薄雲花魁に強請られて、隆正は最初その物見高さに反発を覚える。 しかし、艶然と微笑む薄雲は、吉原にいながらして事件を読み解くことができるかのようで―― 花魁を安楽椅子探偵に据え、新米同心が彼女の助言をもとに事件を解決するライトミステリ風味の作品です。 第五回歴史・時代小説大賞参加中です。 5/26お知らせ:「栄屋お鈴の人探し」の章が完結しました。同じ登場人物を使った新たな事件の物語を新章として続けたいと構想しておりますので、完結済にはしないでおきます。新エピソード開始の際は改めてお付き合いいただけると幸いです。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 100,811 最終更新日 2019.05.26 登録日 2019.04.29
13
歴史・時代 完結 ショートショート
二人の男が小塚原刑場で斬首された。 一人は大店・淡路屋の若旦那。 もう一人は吉原で遊女と客との間に交わされる手紙を仲介する文使いの男。 なぜ二人は処刑されたのか。 四郎兵衛会所の伊助に吉原京町町名主の惣吉が明かす秘め事とは。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 4,931 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.28
 湯飲みの中に茶柱が立つとき,男は肩を落として深く溜息をつく ――  吉原大門を左右から見張る顔番所と四郎兵衛会所。番所詰めの町方同心・富澤一之進と会所の青年・鬼黒。二人の男の運命が妓楼萬屋の花魁・綾松を中心に交差する。  男たちは女の肌に秘められた秘密を守ることができるのか。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 97,708 最終更新日 2019.03.22 登録日 2019.03.22
 時は江戸。明暦の大火と呼ばれる大火事に江戸は見舞われた。しかし、遠く離れた土地では、そんな大事も風の噂に過ぎない。とある山里に住む無邪気な少女・お玉の下には、ある日、兄の形見と金子を持った男が尋ねてきて・・・一人の少女が遊里の中で、人として女として変貌を遂げていく。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 37,521 最終更新日 2018.06.07 登録日 2018.04.30
16
恋愛 連載中 長編
その昔 吉原遊廓という今で言う風俗のようなところがありました。 ある日 萌葱(もえぎ)を指名するお客さんが入りました。 それは萌葱が5日前、店のおつかいを頼まれている最中にぶつかって喧嘩になった男でした。 表紙絵 胡麻 菌さん(@kinokotoyama) 2018/2/1 萌葱編
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 恋愛 35,462 位 / 35,462件
文字数 763 最終更新日 2018.02.01 登録日 2018.01.31
17
歴史・時代 連載中 長編 R15
江戸・吉原。 朝陽と共に眠る街で紡がれる物語。 なお、明確な描写は一切ございませんが物語の設定上、念のためR15指定をつけております。
24hポイント 0pt
小説 120,613 位 / 120,613件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件
文字数 8,958 最終更新日 2018.05.06 登録日 2017.05.21
17